家庭教師ヒットマンREBORN! 海外レビュー

 あらすじ

運動も勉強もダメで何事もすぐに諦めてしまう、うだつの上がらない少年・ダメツナこと【沢田綱吉】(通称ツナ)の前に家庭教師として現れたのは、ヒットマン(殺し屋)を名乗るリボーンという名の赤ん坊。リボーンの目的はただ一つ、ツナをイタリアンマフィア・ボンゴレファミリーの10代目ボスとして立派に育て上げること。9代目から依頼を受けたリボーンは頭を撃たれた者が撃たれた時に後悔したことを死ぬ気でがんばってしまうというボンゴレに伝わる秘弾「死ぬ気弾」を使い、ツナをマフィアのボスに相応しい人間とすべく「教育」を始める。
2006年10月7日 – 2010年9月25日迄放送(ウィキペディアより引用)

image_search_1542862030493

✳以下myanimelistからのレビューになります

“家庭教師ヒットマンREBORN! 海外レビュー” の続きを読む