学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD 海外レビュー

あらすじ

藤美学園の教室外で授業をサボっていた主人公・小室孝は、校門の前で不審者と教師たちを目撃する。まもなく、不審者に噛まれた教師は他の教師や生徒に噛みつくことで、後に「奴ら」と呼称される生ける屍たちを学園内に増やし始めた。孝は友人・宮本麗と井豪永を連れて校舎屋上へ逃げるが、「奴ら」と化した教師に噛まれた永も「奴ら」と化したため、孝はやむを得ず永を殺害する。その後、麗の父の正へ何とか繋がった電話もすぐに切れたため、孝と麗は複雑な思いを抱えながら学園からの脱出を目指す。

天才自認・高城沙耶、銃器マニア・平野コータ、剣術の達人・毒島冴子、校医・鞠川静香と合流した孝と麗は、職員室で一旦休息を取る。しかし、「奴ら」の件が世界規模のパンデミック状態であることや、それが止まらないであろうと考えた孝たちは、家族の安否確認や救出を決意する。やがて他の生徒たちと教師の紫藤を加えた孝たちは、マイクロバスに乗車して学園から脱出する。
2010年7月 – 9月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD 海外レビュー” の続きを読む