ヲタクに恋は難しい 海外レビュー

 あらすじ

桃瀬成海は会社の同僚と交際していたが、腐女子であることがバレたことがきっかけでフラれ、その同僚と顔を合わせづらくなり転職する。転職先で、成海は幼馴染の二藤宏嵩と再会する。成海にとって宏嵩は自分の趣味を隠すことなく付き合えるオタク友達であり、そのため宏嵩と交際する気はなかったが、ある夜、宏嵩は成海に自分と交際した際のメリットを説き、それを受けて2人は交際を始める。

しかし、交際を開始した当初、成海は気まずさから宏嵩を避けてしまい、宏嵩も成海との距離の取り方が分からず、2人はギクシャクしてしまう。先輩社員の小柳花子と樺倉太郎は2人を気遣って行動を起こすが、その結果、小柳と樺倉の間で口論となる。その間に成海と宏嵩は互いの気持ちを伝え合い、ギクシャクした状態は解消される。なお、この後、樺倉が小柳のことを名前で呼び、名前で呼ばれた小柳が顔を赤らめる光景を見た成海は、2人が交際していることに気付く。また、小柳と樺倉も成海や宏嵩と同じくオタク趣味であり、この一件以来、4人は行動を共にする機会が多くなる。

ある日、4人は一緒に酒を飲むが、この席で小柳と樺倉が喧嘩をしてしまう。2人はすぐ仲直りするが、小柳が吐露した「オタク同士で楽だから、樺倉は自分と交際しているのだろうか」という悩みが成海の心に引っ掛かりを残す。成海は宏嵩に不安をぶつけるが、それに対して宏嵩は、好きなことをしているときの成海が大好きだと答える。
2018年4月13日~6月22日迄放送(ウィキペディアより引用)

オープニング曲ですhttps://m.youtube.com/watch?v=XjHqfhOcK_0(公式)

エンディング曲ですhttps://m.youtube.com/watch?v=J6Wqq5TbmnY(公式)

maxresdefault

✳以下myanimelistからのレビューになります
  

“ヲタクに恋は難しい 海外レビュー” の続きを読む

ヲタクに恋は難しい 第7話 海外の反応

 第7話あらすじ

みんなでネトゲをすることになり、次々にゲーム内で集まり始めた一同。
残りは宏嵩を待つのみ、というところで突然レアエネミーが登場!
戦力不足でピンチの成海・花子・樺倉の目の前に救世主(?)が現れて……。(公式サイトより引用)

登場人物

桃瀬 成海(ももせ なるみ)声 – 伊達朱里紗
二藤 宏嵩(にふじ ひろたか)声 – 伊東健人
小柳 花子(こやなぎ はなこ)声 – 沢城みゆき
樺倉 太郎(かばくら たろう)声 – 杉田智和
二藤 尚哉(にふじ なおや)声 – 梶裕貴
桜城 光(さくらぎ こう)声 – 悠木碧

maxresdefault

 ✳以下myanimelist.redditからの反応になります 

キャラクターがMMORPGに向けてデザインされている方法は、特にナルミにとって非常に面白いです。彼女は長い耳を持っています!その間、カバクラは鎧と剣で戦士のように見えます。コヤナギは魔女の顔をしていて、本当に彼女の性格に合っていると思う。

彼らは世界をもっと納得させるためにドラゴンを加えた。このエピソードは今までのところ最も創造的なギャグを持っていました。 ゲームアバターとその表現は、特に鳴海とクールな二フジに適しています。その戦いは麻薬だった。私はカバクラがゆるゆりを読んでいたのがとても嬉しかった:D

素敵なエピソード。RPGのたわごとは、私が予想していたよりも実際には面白かったし、桃瀬と小柳がBLについて議論するのは面白いと思っていた。2つのディナータイムは確かにお互いに大きなコントラストでした。花子について書かれたそれぞれの点を暴露したときのカバクラの内面の思考は荒れ果てたものだった笑。

私は本当にこれら4人のキャラクターの間の化学が大好きです。彼らはそれを持っていますが、私が見たほとんどのアニメのロマンスコメディーはそれを持っていませんでした。

ついに、MMORPGのエピソードは、ナルミがヒーラーやサポートの代わりに暗殺者であったことを楽しんだXD。その後半はちょうどいいものでした。私はナルミとハナがBL船について論争するのを十分に見ることができませんでした。正直言って、彼らは本当に良い証拠を作りました。なぜそれがヒロ×カバとカバ×ヒロなのか、それが終わるまで真実のBL船がどれかを決定できませんでした。カバクラは最高の萌え読書家です笑。ハナちゃんのお風呂場がもう長くないことに少しは失望しています。

ヒロタカは、桃子が彼のガールフレンドと呼んだことをとても嬉しく思っていました。無表情なヒロタカを想像するのはとても難しいXD

私は弟だったので、ナオの気持ちはよく分かっています。私の兄は一歳差にすぎません…しかし、私は心を見ていませんでした。私たちはそれぞれもっと好きなゲームをしていました。私たちは両方のテレビを手に入れてお互いに置くことができたので、私たちは両方楽しむことができましたが、その時までには、ゲームで順番に一緒に共謀しました。私たちが一緒にプレイしてくれたすべてのファイナルファンタジーは、どうやって何をすべきかを決めるために一緒に考えていました。それはいくつかの非常に奇抜なチームのコンプと多くのディックで作られましたが、私たちは常に異なるアイデアのためにゲームを100%行っています。

私たちが一緒に数十回叩いたマナの伝説のような2人のRPG、テイルズのフランチャイズ、私たちのお気に入りであるファンタシースターのオンライン1を覚えています。ドリームキャストは2台目のDCを買って一緒に遊ぶことができましたが、ゲームキューブバージョンでは最終的に同じコンソールでCoopを利用できました。我々はまた、戦闘ゲームのトーンを果たした。

私たちが一緒に育った時代にとても近いので、私と兄弟はほとんど同じ関心​​事であることを幸運にも思います。私たちは同じアニメを見て、同じゲームをして、同じ人物を集めています。それは面白いですが、学校では誰も私たちが似ていないので、もう一方の親も同様です。

ヲタクに恋は難しい 第6話 海外の反応

 第6話あらすじ

年末に向けて何かと忙しい中、近づいてきたクリスマス。
「去年のクリスマスは史上最悪だった」と話す花子は、特に期待をしていない様子。
一方の樺倉はバリバリ仕事をこなしていて……?(公式サイトより引用)

登場人物

桃瀬 成海(ももせ なるみ)声 – 伊達朱里紗
二藤 宏嵩(にふじ ひろたか)声 – 伊東健人
小柳 花子(こやなぎ はなこ)声 – 沢城みゆき
樺倉 太郎(かばくら たろう)声 – 杉田智和
二藤 尚哉(にふじ なおや)声 – 梶裕貴
桜城 光(さくらぎ こう)声 – 悠木碧

maxresdefault

 ✳以下myanimelist.redditからの反応になります 

腐女子達のために壁ドンをやっている男たち笑。両方とも傘を忘れて、カバクラ先輩がそれらを貸した。カバクラはすぐにガールフレンドの傘に走った。このショーは本当にうまく気分をキャプチャすることができるようだ:)

好きな漫画キャラクターが死亡したことで落ち込んでいた鳴海とカバクラに笑ったXD

正直言って私は小柳とカバクラが一緒に住んでいると思っていたが違うようだ。

ナルミはこのエピソードでいつもより感情的に見えましたが、私はそれが彼女の性格の一部だと思います。私はまだ残りのキャスト、特にニフジと彼女の化学反応を見て楽しんでいます。

二人は傘を同じ日に忘れて、どのように面白いです。それでもカバクラと花子の甘い瞬間のチャンスを与えました。ナルミの悲しい理由は実体験から完全に理解できましたXD
しかし、このような薄いコスチュームで飲み物を渡さなければならないのは、特に冬の寒い中では難しい仕事に見えます。
このクリスマスのエピソードには、子供時代を見せてくれる良い瞬間がありました。
しかし、これはオタクについてのアニメです。聴衆の100%がそれを理解するだろう。

ナオは本当に今シーズン最高にかわいい男の子です。彼はとても素敵でとても愛想抜群です!そのようなパーフェクトキャラクターを作成するのは違法です!ナオはとても純粋なので、私は彼が少なくとも高校までサンタを信じることを期待していました。笑

ヲタクに恋は難しい 第5話 海外の反応

 第5話あらすじ

成海がスタボの店員と親しく会話するのを見かけ、勘ぐる花子と樺倉。
実はその好青年は、宏嵩の弟・二藤尚哉だった。
その後みんな揃って宏嵩の家に遊びに行くことになり……?(公式サイトより引用)

登場人物

桃瀬 成海(ももせ なるみ)声 – 伊達朱里紗
二藤 宏嵩(にふじ ひろたか)声 – 伊東健人
小柳 花子(こやなぎ はなこ)声 – 沢城みゆき
樺倉 太郎(かばくら たろう)声 – 杉田智和
二藤 尚哉(にふじ なおや)声 – 梶裕貴
桜城 光(さくらぎ こう)声 – 悠木碧

maxresdefault

 ✳以下myanimelist.redditからの反応になります 

大人にならない、永遠に子供であることを望みます。

ヒロタカの兄弟…面白い:彼らは外見や人格に関してあまりにも似ていないようです:D

このエピソードは、普通の軽度のユーモアで特に見て楽しかったです。私はまだこのショーが今シーズンのために最高のキャラクターケミストリーを持っていると思っています:D

カフェで働く素敵な男。彼女にサービスを提供した後、彼らはお互いを知っていることが分かった。鳴海の元彼だと勘違いしていたカバクラの反応は面白かったです。メインの男が加わりました。後で彼らは兄弟であることに気づいた。私は彼がキャスト全体にとって興味深いものだと思う。

それは楽しいエピソードだった… 私はカフェでの勘違いコメディが本当に好きだった…その部分は本当にうまくいった。

私はナオも好きです…カバクラは彼の兄弟を愛する素敵な男のようです。

私は企業の仕事をして、アニメ好きという事実を隠していた人として、このアニメとその前提は非常に痛みを伴うものです。

私はこれまでのマンガの適応を愛しており、それは私の木曜日のハイライトです。すべての高校のスライスオブライフからペースの変化として、働く大人の周りに焦点を当てた生活の断片を持っていることは良いことです。

また私の昔の取締役の一人が、辞める前に私が日本かぶれであることを知ったと確信しています。

ナオのエピソード!彼は宇宙で最も貴重な子供です!それは愛らしい、ナオは最高の男の子です。
カバクラの父性をくすぐるのも理解できる。また、私はメインカップルの間にもっとロマンチックな交流が必要です!私はロマンスのために祈ります!

再びコメディゴールド。私はオープニングでそれが誰なのか疑問に思っていました。うん、ヒロタカには弟がいました…オタク以外のものをミックスに加えるのは面白いです。

ヲタクに恋は難しい 第4話 海外の反応

 第4話あらすじ

ある日の仕事帰り、花子と樺倉は飲み会でケンカをしてしまう。ヲタク同士で楽だから付き合っているのではないかと不安に思う花子。そんな様子を見て、自分たちのことを重ねて考える成海で。(公式サイトより引用)

登場人物

桃瀬 成海(ももせ なるみ)声 – 伊達朱里紗
二藤 宏嵩(にふじ ひろたか)声 – 伊東健人
小柳 花子(こやなぎ はなこ)声 – 沢城みゆき
樺倉 太郎(かばくら たろう)声 – 杉田智和
二藤 尚哉(にふじ なおや)声 – 梶裕貴
桜城 光(さくらぎ こう)声 – 悠木碧

maxresdefault

 ✳以下myanimelist.redditからの反応になります 

うわー、セーラームーンとドラゴンボールを思い起こさせる?仕事後のバーのシーンは私のために関係している…仕事後にぶらつくことはいつも楽しいです:D結局どちらから告白したのか気になる‥‥。私は彼が彼女の大きなおっぱいが好きだと言うことを知っていた、それはとても明白だった。コヤナギとカバクラはちょっと楽しいですが、私はヒロタカと鳴海が好きです。

もう一つの本当に良いエピソード!私たちの時代のアニメで泣かせてはいけません。酔っ払った花子は確かに泣き上戸なようだ。しかし、彼らの喧嘩しているカバクラと花子の両方が本当にお互いを愛しているにもかかわらず。ヒロタカと鳴海のその終わりはかわいすぎた。ヒロタカはもっと頻繁に笑顔になれるはずです。

その初期の部分は純金だった!ヒロタカ:あなたは私たちの年齢でセーラームーンを泣いてはいけません。
鳴海:あなたがドラゴンボールZを見ていたら、あなたも泣いているでしょうね!たとえあなたがオフィスにいたとしても!

誰かを好きになる理由。オタクであるかどうかは重要ではなく、好きなことをしている人が好きです。

コヤナギとカバクラとのやりとりは見てとても面白いです。私は個人的には、エピソードは仕事の後に饗宴、飲酒して、そして小さな話は、彼らが本当にお互いの会社を楽しむように感じます。そのキャラクターの中で、私は自分の性格や自分自身を表現する方法のゆえに、ゆっくりと小柳を好きになり始めています。

彼女とカバクラの喧嘩は壮大です笑。また、彼女と鳴海の間を包み込む!

ヲタクに恋は難しい 第3話 海外の反応

 第3話あらすじ

仕事終わりに宏嵩宅に誘われた成海は、思わず挙動不審になってしまう。
家に向かう途中で幼いころの話をする成海だが、仲良くなったきっかけは思い出せないと言う。
それを聞いた宏嵩はどこか寂しげで……?(公式サイトより引用)

登場人物

桃瀬 成海(ももせ なるみ)声 – 伊達朱里紗
二藤 宏嵩(にふじ ひろたか)声 – 伊東健人
小柳 花子(こやなぎ はなこ)声 – 沢城みゆき
樺倉 太郎(かばくら たろう)声 – 杉田智和
二藤 尚哉(にふじ なおや)声 – 梶裕貴
桜城 光(さくらぎ こう)声 – 悠木碧

maxresdefault

この番組の鳴海の反応はまだゴールドです。彼女は完全なオタクモードに入って、いつもよりもさらに強烈です!

エピソードがナルミとニフジに集中しているのを見てうれしい。彼らがお互いにやり取りする方法は、正直にかわいいです。ショーが彼らの通常の職場の外で行われるのを見ても良いです。彼女が仕事をしていないとき、小柳はちょっと違うかもしれません。

コミケの場面は見て楽しいものでした。ナルミは彼女がどんな下着を着ているか覚えておらず面白かったです:D私は彼女とヒロタカを一緒に見るのが大好きです。鳴海はヒロタカが持っている巨乳フィギュアのいくつかを認識しました。彼らのキスは可愛かった。ハナコはカバクラに傾いてとても素敵でした。

このアニメと多田くんは、季節の最高のロマンスコメディーです<3私は本当に、恋人たちがドラマを追加するためだけに第三車輪を得られないようなRomComアニメがたくさんあることを願っています。私は正直言ってひろたかが大好きです:) さて、このショーは本当に良いです!私たちは大人のロマンスコメディーをあまり持っていないので、ネト充はちょっと前に人気がありました(もちろん、それはうまく実行されたからです)。 カップルはすでに確立されており、彼らはすべてオタクであるため、すべてがより良くなります。 ヒロタカの部屋のフィギュアは、小岩井 吉乃(正宗くんのリベンジ)、夜ノ森 小紅(未確認で進行系)、雪広 あやか(魔法先生ネギま!)
このエピソードでは、非常に多くのオタクのブランド、彼らは食べ物やオタク文化の巨大な広告にこのアニメを回すことに決めた?私が反対したわけではありませんが、そのような明確な広告は驚きです。

このショーはとてもかわいいです。鳴海は下着の色を覚えていない。

また、このエピソードの前に他の2人の同僚がお互いにデートしていたと言いましたか?ヒロタカは、カバクラにはガールフレンドがいたが、それは実際に他の同僚だとは思わなかったことを覚えている!もし彼らがそれを言及していたら、それは私の頭の上に完全に飛んでしまった。なぜなら、彼らは、このエピソードのコスプレシーンまで互いに恋をしていたとは知らなかったからだ。このショーは、毎週私の楽しさレベルを引き上げています。

ヲタクに恋は難しい 第2話 海外の反応

 第2話あらすじ

ヲタ友から恋人関係になった二人。
なんとなく気まずさを感じた成海は、宏嵩を避けてしまう。
二人の様子を見た会社の先輩・小柳花子(コスプレイヤー)と樺倉太郎(ライトヲタ)は、アドバイスをするけれど……?(公式サイトより引用)

登場人物

桃瀬 成海(ももせ なるみ)声 – 伊達朱里紗
二藤 宏嵩(にふじ ひろたか)声 – 伊東健人
小柳 花子(こやなぎ はなこ)声 – 沢城みゆき
樺倉 太郎(かばくら たろう)声 – 杉田智和
二藤 尚哉(にふじ なおや)声 – 梶裕貴
桜城 光(さくらぎ こう)声 – 悠木碧

maxresdefault

ハハ、鳴海はとても楽しいキャラクターです。彼女の人格は常に輝き、今のところ彼女は目立ってます。

私は今までのところ、彼女のコヤナギとのやり取りが大好きです。エピソードが進行する限り、私は選択と対話で使用されるビデオゲームの仕掛けが好きです。このエピソードは、本当に退屈な職場ではなくエキサイティングにしました。

このショーのこれまでのコメディには本当に感銘を受けました。

今のところこのショーが本当に好きですが、お気に入りの部分は間違いなくビデオゲームスタイルのやりとりでした。どちらもお互いに付き合っているという事実に興味がないようです。ゲーム要素をシーンにどのように組み込むのが大好きです。うーん、あなたの同僚すべてがオタクの面白いオフィス。小柳と鳴海は似たような趣味を持っています。あなたの情熱を分かち合う他人に内面を見せることは、常に良いことです。彼らは確かに本屋でかなりたくさん買ってしまった。ゆっくりとペースしたエピソードは、キャストに展開するのがうまくいった。確かにナルミを見て楽しいです:)

ナルミさんの声優、彼女はそれを釘付けにすることもありますが、時にはそれはちょっとひどいです。
ヒロタカの声優はちょっと退屈だ、私は彼のキャラクターが幾分情緒がないと思われる。私は綾小路(よう実)に問題はなかったが、私はヒロタカに入ることはできません。

期待通りにカバクラ(杉田智和)がこのショーを運びました!彼の演技は本当にどんなキャラクターでも最高のものを引き出すことができます。

ヒロタカは本当にすべてをビデオゲームに関連付けるのが好きです。彼の性格は面白いです。

仕事中の楽しいこと。私はゲームの選択肢と決定を非常に元気で面白く楽しんでいました。コヤナギとカバクラのインタラクションは私のエピソードの中で最高の部分でした。彼らは最高のカップルです。

書店のシーンもコメディでいっぱいで、キャラクターの趣向についてもっと学びました。

これまで使用されてきたコメディは非常にオリジナルであり、よく参考になっており、最後のエピソードよりも優れていました。非常にクールなアニメ。

私はこのアニメが一番好きです:最初のエピはまったくうまくいかず、私は第2話からあまり期待していませんでした。しかし、実際には、このエピソードは最初のものよりも面白かったです。桃瀬の内面的な声が本当に私をひっくり返した:D

ヲタクに恋は難しい 第1話 海外の反応

 あらすじ

桃瀬成海は会社の同僚と交際していたが、腐女子であることがバレたことがきっかけでフラれ、その同僚と顔を合わせづらくなり転職する。転職先で、成海は幼馴染の二藤宏嵩と再会する。成海にとって宏嵩は自分の趣味を隠すことなく付き合えるオタク友達であり、そのため宏嵩と交際する気はなかったが、ある夜、宏嵩は成海に自分と交際した際のメリットを説き、それを受けて2人は交際を始める。

しかし、交際を開始した当初、成海は気まずさから宏嵩を避けてしまい、宏嵩も成海との距離の取り方が分からず、2人はギクシャクしてしまう。先輩社員の小柳花子と樺倉太郎は2人を気遣って行動を起こすが、その結果、小柳と樺倉の間で口論となる。その間に成海と宏嵩は互いの気持ちを伝え合い、ギクシャクした状態は解消される。なお、この後、樺倉が小柳のことを名前で呼び、名前で呼ばれた小柳が顔を赤らめる光景を見た成海は、2人が交際していることに気付く。また、小柳と樺倉も成海や宏嵩と同じくオタク趣味であり、この一件以来、4人は行動を共にする機会が多くなる。(公式サイトより引用)

登場人物

桃瀬 成海(ももせ なるみ)声 – 伊達朱里紗
二藤 宏嵩(にふじ ひろたか)声 – 伊東健人
小柳 花子(こやなぎ はなこ)声 – 沢城みゆき
樺倉 太郎(かばくら たろう)声 – 杉田智和
二藤 尚哉(にふじ なおや)声 – 梶裕貴
桜城 光(さくらぎ こう)声 – 悠木碧

maxresdefault

スタ700
最初のエピソードはワークパースを強調して仕事をしていましたが、気楽な雰囲気があります。そこにいる働く人々はすべて異なった人格を持っていますが、キャラクターの化学のおかげで見るのは本当に面白いです。ナルミは間違いなく、さまざまなジャンルについての知識と、彼女が特定の状況に反応する方法で私のお気に入りのキャラクターです。

彼女が他人と絆を結ぶ方法は、とても楽しいです。これまでのコメディはマンガに似ているように見えるので、これもプラスです。冴えカノ 笑 を含む他の参考文献もあります(A-1のカメオを作った他のシリーズも見てください)。アニメーションの質をどう感じるかはまだ分かりませんが、そう感じています。それでも、非常に面白いエピソードです。

FM
前提は非常に面白い、これを楽しみにしていた。最初のエピソードは間違いなく楽しんだ:D
これはロマンスコメディーのための非常に良いシーズンと思われる。

MWTJ
さて、まあ、他に何が言えるでしょうか?私はゲーマーの男がなぜオタクのように扱われるべきか、そして興味をそそられた男のように扱われなければならないのか分かりませんが。

今、私はコウの出現を待っています。彼女は悠木碧の声で、擬似やおいの関係にある、彼女は良い面白いキャラクターになる必要があります:D

TJTJ
様々な理由のために転送の最初の日、そして彼女のオタクの友人を満たすために起こる。彼らはオタクについて明らかにするためにさまざまなアイデアを持っています。彼女はボーイフレンドを持つことを望んでいるが、彼女は彼女がオタクであることを知らせたくない。

どちらの同僚も十分にいいようです。彼女の同僚はコスプレイヤーです。

男性のゲームオタクは、女性の1つが不器用である間に物事を行うことができます。彼らはいつも一緒ですが、彼らはオタクの友人だと考えています。笑

TJM
私は正直に言うと、最初はアニメはそれほど良いとは思わなかったが、実際には面白かった、自分が間違っていることを証明してくれて嬉しい。特に、ナルミがオタクであることを明らかにする前にヒロタカを黙らせたいと思ったが、とにかくそれを明らかにする。全体的に悪い最初のエピソードではなく、キャラクターとセッティング/プロットの両方の素晴らしい紹介です。その名前のほんの少しの検閲は予期せぬものでしたが、私の一部はより多くのランダムな名前の検閲を望んでいました。
ああ、ついに私が座って、リラックスして見て楽しむことができる良いシーズンのショー。かなり面白い瞬間もあった。

WMDA
これはかなり良いエピソードだった。キャラクターが高校生じゃなく大人であるところのロマンスコメディーを見れてうれしいです。スイッチやモンスターハンターのような参考文献がいくつかありました。ナルミが作る顔はおかしい。キャラクターには良い化学があります:D

MDA@
同じシーズンに2つの本当に良いA-1アニメを待っていますか?何が起きてる?これは私が慣れていたA-1アニメではありません。
:p