ロード オブ ヴァーミリオン 紅蓮の王 海外レビュー

 あらすじ

2030年の東京で高周波の共鳴音と赤い霧が発生し、その音を聞いた生物すべてが気絶する「大共鳴」という現象が発生した。これにより東京は首都機能を喪失したため、大阪が一時的な首都となった。また、この現象は正体不明のウイルスによるものだとされ、被害拡大防止のため、東京は封鎖される。

「大共鳴」から6日後、東京の人々は意識を取り戻すが、様々な怪奇現象が発生するようになった。同じころ、東京の若者たちは「英血の器」という謎の能力に目覚めていき、大学生・神名千尋もそのひとりとして数奇な運命に巻き込まれていくのであった。(ウィキペディアより引用)

DZH3I0hVMAA8qNF

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ロード オブ ヴァーミリオン 紅蓮の王 海外レビュー” の続きを読む