ルパン三世 PART5 海外レビュー

 概要

PART4から2年ぶりとなる本作は、ルパン三世の祖父ルパン一世が活躍した国・フランスが主な舞台となっており、PART4に関わった監督などが中核として引き続き起用されている。また、PART4と同じくアニメ制作をテレコム・アニメーションフィルムが担当している。クレジットは、TVシリーズでは初となる製作委員会表記が用いられている。

シリーズ構成・脚本には大河内一楼が初起用され、設定考証は『Lupin the Thirdシリーズ』にて設定考証を務めた白土晴一が務める。ルパンがデジタルガジェットを駆使して「お宝」を盗み、本作のキーキャラクターにも「天才ハッカー少女」が登場するなど、「デジタル」や「サイバー」が物語の重要な要素になる。また、これまでのシリーズは1話完結が基本だったが、本作はいくつかの中編と1話完結型のエピソードで構成されており、中編では各話のラストで次回への引きが入るクリフハンガー構成になっている。そのため、各中編の冒頭に「EPISODE○○」、最後に「EPISODE○○ Fin」の表記が入る。(ウィキペディアより引用)

22090_1_1

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ルパン三世 PART5 海外レビュー” の続きを読む

ルパン三世 PART5 第1話 海外の反応

 概要

PART4から2年ぶりとなる本作は、ルパン三世の祖父ルパン一世が活躍した国・フランスが主な舞台となっており、PART4に関わった監督などが中核として引き続き起用されている。また、PART4と同じくアニメ制作をテレコム・アニメーションフィルムが担当している。クレジットは、TVシリーズでは初となる製作委員会表記が用いられている。

シリーズ構成・脚本には大河内一楼が初起用され、設定考証は『Lupin the Thirdシリーズ』にて設定考証を務めた白土晴一が務める。ルパンがデジタルガジェットを駆使して「お宝」を盗み、本作のキーキャラクターにも「天才ハッカー少女」が登場するなど、「デジタル」や「サイバー」が物語の重要な要素になる。また、これまでのシリーズは1話完結が基本だったが、本作はいくつかの中編と1話完結型のエピソードで構成されており、中編では各話のラストで次回への引きが入るクリフハンガー構成になっている。そのため、各中編の冒頭に「EPISODE○○」、最後に「EPISODE○○ Fin」の表記が入る。(ウィキペディアより引用)

22090_1_1

✳以下myanimelistからの反応になります

“ルパン三世 PART5 第1話 海外の反応” の続きを読む