プラスティック・メモリーズ Plastic Memories 海外レビュー

あらすじ

主人公・ツカサは駆け込んで乗ったエレベーターの中、どこか儚げに外を眺める一人の少女に出会う。SAI社への入社初日、ツカサはターミナルサービスのオフィスへ配属され、先輩社員のカヅキからギフティアの知識を教わる。本来ならば人間とギフティアがペアになり、耐用年数が迫ったギフティアの回収の仕事をこなすはずなのだが、新入社員がいないと認識していたカヅキはツカサとペアになるギフティアを用意していなかった。そんな中、お茶の差し入れにやってきたギフティア・アイラがツカサのパートナーに選ばれる。
2015年4月 – 6月迄放送(ウィキペディアより引用)

エンディング曲ですhttps://m.youtube.com/watch?v=gN7ta7fQZZQ(公式)

✳以下クランチロール、myanimelistからのレビューになります

 

 

 

私は何を言うべきか分からない

私は個人的なレベルでこの1つに欲求不満だったので、正直言って、私は喜んで終わる物語が好きで、これは決してこれで起こることはなかったからです。

4月は君の嘘への比較は適切です。

数年振りに私の目から何かが…

私の部屋でこれらのタマネギの切断忍者…私は泣いていない、あなたは泣いていることを約束します…
真剣に…これはほとんど私に涙を流させた1つのアニメです。結末は感情的に涙を流しているだけで、私は約2時間、私の人生を再評価しなければなりませんでした。なぜなら、私は反応する方法を知らなかったからです。あなたが良い一日を持つことがこのアニメを見ていない場合、それはあなたの一生をすばやく壊して、あなたの一生を再評価させるでしょう。いいえ、いいえ、シーズン2がない、ただ終了を受け入れるので早く回復することができます(私は知っています、私は2番目のシーズンを捜した、私はその終わりを受け入れることが難しいことを知っています(;_;)

“プラスティック・メモリーズ Plastic Memories 海外レビュー” の続きを読む