ニル・アドミラリの天秤 海外レビュー

あらすじ

時は大正時代。没落の一途を辿る久世家の令嬢である主人公・久世ツグミは、家の為に結婚を決意するも弟・ヒタキの事件によって『アウラ』が見えるようになってしまう。弟への贖罪の気持ちや『アウラ』を見る力を活かすためにツグミは、帝国図書情報資産管理局・通称フクロウで働き始めることを決める。(ウィキペディアより引用)

登場人物

久世 ツグミ(クゼ ツグミ/デフォルト名/変更可)声 – 木村珠莉
尾崎 隼人(オザキ ハヤト)声 – 梶裕貴
鴻上 滉(コウガミ アキラ)声 – 岡本信彦
星川 翡翠(ホシカワ ヒスイ)声 – 逢坂良太
鵜飼 昌吾(ウカイ ショウゴ)声 – 木村良平
汀 紫鶴(ミギワ シヅル)声 – 鈴村健一
鷺澤 累(サギサワ ルイ)声 – 櫻井孝宏

久世 ヒタキ(クゼ ヒタキ)声 – 村瀬歩
隠 由鷹(ナバリ ユタカ)声 – 緑川光
朱鷺宮 栞(トキミヤ シオリ)声 – 夏樹リオ
燕野 太郎(ツバメノ タロウ)声 – 榎木淳弥
柾 小瑠璃(マサキ コルリ)声 – 高橋未奈美
四木沼 喬(シギヌマ タカシ)声 – 遠藤大智
杙梛(クイナ)声 – 宮下栄治
鴬地 啓三郎(オウチ ケイザブロウ)声 – 小林範雄
雉子谷 新(キジタニ アラタ)声 – 西田雅一
猿子 基史(マシコ モトフミ)声 – 興津和幸
百舌山 識郎(モズヤマ シロウ)声 – 荻野晴朗
笹乞 藤一郎(ササゴイ トウイチロウ)声 – 石井真
尾鷲 英樹(オワセ ヒデキ)声 – 桜木章人
葦切 拓真(ヨシキリ タクマ)声 – 利根健太朗

クロユリ炎陽譚

小原 秋沙(オハラ アイサ)声 – 山村響
黎 雪加(レイ セッカ)声 – 畠中祐
錐合 蓮(キリアイ レン)
風見 千鳥(カザミ チトリ)声 – 千本木彩花
雀部 忠清(ササベ タダキヨ)声 – 八代拓
鵺野 桐彦(ヤノ キリヒコ)声 – 松岡禎丞
ハンス・ハメル(ハンス・ハメル)声 – 利根健太朗

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ニル・アドミラリの天秤 海外レビュー” の続きを読む

ニル・アドミラリの天秤 第6話 海外の反応

 第6話あらすじ

ツグミと翡翠はヨコハマの遊女が書いた本の存在を掴むものの、すでに誰かの手に渡ってしまっていた。行方不明である母親について書かれているのではないかと考える翡翠は、本が気になり浮かない表情をみせる。翡翠の出生の秘密を知ったツグミは、何とかして本を読ませたいと考える。本は「ナハティガル」のオーナーの妻・四木沼薔子が手にしたと知り、彼女の元を訪ねることになるが……。(公式サイトより引用)

登場人物

久世 ツグミ(クゼ ツグミ/デフォルト名/変更可)声 – 木村珠莉
尾崎 隼人(オザキ ハヤト)声 – 梶裕貴
鴻上 滉(コウガミ アキラ)声 – 岡本信彦
星川 翡翠(ホシカワ ヒスイ)声 – 逢坂良太
鵜飼 昌吾(ウカイ ショウゴ)声 – 木村良平
汀 紫鶴(ミギワ シヅル)声 – 鈴村健一
鷺澤 累(サギサワ ルイ)声 – 櫻井孝宏

久世 ヒタキ(クゼ ヒタキ)声 – 村瀬歩
隠 由鷹(ナバリ ユタカ)声 – 緑川光
朱鷺宮 栞(トキミヤ シオリ)声 – 夏樹リオ
燕野 太郎(ツバメノ タロウ)声 – 榎木淳弥
柾 小瑠璃(マサキ コルリ)声 – 高橋未奈美
四木沼 喬(シギヌマ タカシ)声 – 遠藤大智
杙梛(クイナ)声 – 宮下栄治
鴬地 啓三郎(オウチ ケイザブロウ)声 – 小林範雄
雉子谷 新(キジタニ アラタ)声 – 西田雅一
猿子 基史(マシコ モトフミ)声 – 興津和幸
百舌山 識郎(モズヤマ シロウ)声 – 荻野晴朗
笹乞 藤一郎(ササゴイ トウイチロウ)声 – 石井真
尾鷲 英樹(オワセ ヒデキ)声 – 桜木章人
葦切 拓真(ヨシキリ タクマ)声 – 利根健太朗

クロユリ炎陽譚

小原 秋沙(オハラ アイサ)声 – 山村響
黎 雪加(レイ セッカ)声 – 畠中祐
錐合 蓮(キリアイ レン)
風見 千鳥(カザミ チトリ)声 – 千本木彩花
雀部 忠清(ササベ タダキヨ)声 – 八代拓
鵺野 桐彦(ヤノ キリヒコ)声 – 松岡禎丞
ハンス・ハメル(ハンス・ハメル)声 – 利根健太朗

1523319757840

 ✳以下myanimelist.redditからの反応になります

私は物語にもっと投資することができればいいと思うが、ショーはまだそれほど変わっていない似たようなスタイルのストーリーテリングに従っている。

それでも、私はつぐみがキャラクターとしてますます自信を持っていると言います。彼の母親の抱擁を感じるように、今週はホシカワに多くの焦点を当てました。

これはヒスイに焦点を当てたまともなエピソードでした。彼は母親と悲しい過去を持っていた。彼が彼女から感じた抱擁はかなり素晴らしかった。祖母は不気味な男です。ツグミは間違いなく彼から離れていなければなりません。

たとえそれが悲しいものであったとしても、ヒスイのバックストーリーを学んだことを楽しんだ。そしてツグミは本の形であったとしても、彼の母親を少しでも元気にするのを手助けしたかったのです。

とにかく、ヒスイが知っている不気味な教授の仲間を感じる方法や、ナイチンゲールの大統領や何を持っているのかも、どのリーグにいるように見えるのかは分かりません。

悲しいかな、結局誰がロマンチックな方法で結婚したいのか分からないけど、次の6つのエピソードで待って見なければならないと思う!

彼の母親には何が起こったのですか?あなたは私たちにそのような謎を与えて、私たちに答えを与えることはできません!> _ <
緑色のもののような2つの異なる目の色を持つ男。

彼女がダンスパーティーで見た老人は教授で、男は彼を知っている…

その男は外国人と混じっているかもしれないので、彼はその本が外国人のことを彼に伝えるかどうかを知りたがっている。

ダンスパーティーの女性が本を買った。横浜出身の少女のジャーナル…主人公に興味があるように見えて、彼女が彼女を訪れる機会を作ったようだ。

彼は赤い目からの火を放つ力を持っています。だから老人は彼の力を探そうとした。

ボスの女性は、その彼女について怒っていた。

彼が彼女を追って再び女性を訪問すると言ったとき、彼女は母親の友人であることが分かった。ああ、その雑誌は彼の母親によってあるの?母親の魂も現れました。

メインガールを守るために、女性は友達になることをあきらめた。

物語は次の物語の後に進行し始めているようだ。

このアニメはあまり人気がありませんね?この空のエピソードディスカッションポストを見るのは初めてです。

これらのタイプのショーは奇妙であり、実際の議論のコメントでは、シーズンが進行するにつれて見落とされがちであり、続編を出すことさえあるかもしれません。

私は母の日にちょうど放映されたお母さん関連のエピソードが好きです。

また、実際にママに何が起こったのか、彼女の離婚が本に関連しているのか不思議です。多分私たちは将来のあるエピソードで見つかるだろう。

私はこの教授の男が誰か、彼が将来かなり重要になると思われるのだろうかと思う。

本当に、私たちは母親についてもっと学びたかったのですが、その話から何かが欠けているようでした。

ニル・アドミラリの天秤 第5話 海外の反応

 第5話あらすじ

ウエノ公園の雑木林で女性の変死体が発見される。被害者の口にはライラックの花が詰め込まれており、傍らには紫鶴の本「ライラック恋夜」が無造作に置かれていた。ツグミはその手口が、自殺した作家・森恒犀鳥の小説「煉獄島殺人事件」に酷似していることを知る。ツグミの前に現れた笹乞は、かつて師弟関係だった森恒と紫鶴の過去を語り出し、とある憶測を伝える。「森恒先生は本当は汀に殺されたんじゃないか」と……。(公式サイトより引用)

登場人物

久世 ツグミ(クゼ ツグミ/デフォルト名/変更可)声 – 木村珠莉
尾崎 隼人(オザキ ハヤト)声 – 梶裕貴
鴻上 滉(コウガミ アキラ)声 – 岡本信彦
星川 翡翠(ホシカワ ヒスイ)声 – 逢坂良太
鵜飼 昌吾(ウカイ ショウゴ)声 – 木村良平
汀 紫鶴(ミギワ シヅル)声 – 鈴村健一
鷺澤 累(サギサワ ルイ)声 – 櫻井孝宏

久世 ヒタキ(クゼ ヒタキ)声 – 村瀬歩
隠 由鷹(ナバリ ユタカ)声 – 緑川光
朱鷺宮 栞(トキミヤ シオリ)声 – 夏樹リオ
燕野 太郎(ツバメノ タロウ)声 – 榎木淳弥
柾 小瑠璃(マサキ コルリ)声 – 高橋未奈美
四木沼 喬(シギヌマ タカシ)声 – 遠藤大智
杙梛(クイナ)声 – 宮下栄治
鴬地 啓三郎(オウチ ケイザブロウ)声 – 小林範雄
雉子谷 新(キジタニ アラタ)声 – 西田雅一
猿子 基史(マシコ モトフミ)声 – 興津和幸
百舌山 識郎(モズヤマ シロウ)声 – 荻野晴朗
笹乞 藤一郎(ササゴイ トウイチロウ)声 – 石井真
尾鷲 英樹(オワセ ヒデキ)声 – 桜木章人
葦切 拓真(ヨシキリ タクマ)声 – 利根健太朗

クロユリ炎陽譚

小原 秋沙(オハラ アイサ)声 – 山村響
黎 雪加(レイ セッカ)声 – 畠中祐
錐合 蓮(キリアイ レン)
風見 千鳥(カザミ チトリ)声 – 千本木彩花
雀部 忠清(ササベ タダキヨ)声 – 八代拓
鵺野 桐彦(ヤノ キリヒコ)声 – 松岡禎丞
ハンス・ハメル(ハンス・ハメル)声 – 利根健太朗

1523319757840

 ✳以下myanimelist.redditからの反応になります

私たちは連続殺人事件のエピソードを手に入れました…

本が残っているために、雫が犯罪の疑いがあるということは私には驚かされませんでした。私はケース自体についていくつかの考えを持っていました。私は、初めから赤ちゃんのような容疑者を感じていたことを意味します。

彼らは本当の犯罪者を捕まえて、彼はばかのように見えてうれしい。

公園で連続殺人事件が起きていて、被害者の隣にシズルの本が残っていた。もちろん、彼は容疑者とみなされます。キャッチされた人はかなり気味悪かった。燕野くんは縛られた時には白っぽくて、私は死んでいた。

しずるが容疑者と見なされたのは明らかだったが、他の誰かが疑わしいと思った。>何かが正しくなく、事件が解決された。本当の原因は、しずるが書いた本が持っていた不気味な男だった。ナイスなエピソード!

探偵?彼女の兄弟と今会うメインの女の子。問題の本はスズケン汀シズルによって行われますか? 彼が取り除かれた原稿があるようだ。
兄弟によると、彼は鈴村健一のキャラクターの “先生”と同様の状況で本を読んだ。
探偵が彼女を見つけた。 彼はその噂の動機は、誰かが誰の前で書いたものを裂いて燃やしたということです。
彼は女の子の前で捕まった。彼はすべての犠牲者に会ったようだ。それは彼を驚かせた。スズケンの性格に狂った愛から、これを引き起こしたのは長い髪の男のようだ。彼は兄弟のために署名することに同意します。

ニル・アドミラリの天秤 第4話 海外の反応

 第4話あらすじ

仕事も少しずつ慣れてきたツグミはある日、首相の息子である鵜飼昌吾と出会う。稀モノが原因で自殺未遂を起こした彼はその傷を癒すため、フクロウで共同生活をすることに。わがままし放題の昌吾に頭を悩ませるツグミ。そんな中、稀モノによる政治家の飛び降り自殺が発生。その陰には意図的に稀モノを作成し闇オークションを開催する「カラス」の存在があった。その取引が行われるパーティーへ昌吾と潜入することになったツグミは……。(公式サイトより引用)

登場人物

久世 ツグミ(クゼ ツグミ/デフォルト名/変更可)声 – 木村珠莉
尾崎 隼人(オザキ ハヤト)声 – 梶裕貴
鴻上 滉(コウガミ アキラ)声 – 岡本信彦
星川 翡翠(ホシカワ ヒスイ)声 – 逢坂良太
鵜飼 昌吾(ウカイ ショウゴ)声 – 木村良平
汀 紫鶴(ミギワ シヅル)声 – 鈴村健一
鷺澤 累(サギサワ ルイ)声 – 櫻井孝宏

久世 ヒタキ(クゼ ヒタキ)声 – 村瀬歩
隠 由鷹(ナバリ ユタカ)声 – 緑川光
朱鷺宮 栞(トキミヤ シオリ)声 – 夏樹リオ
燕野 太郎(ツバメノ タロウ)声 – 榎木淳弥
柾 小瑠璃(マサキ コルリ)声 – 高橋未奈美
四木沼 喬(シギヌマ タカシ)声 – 遠藤大智
杙梛(クイナ)声 – 宮下栄治
鴬地 啓三郎(オウチ ケイザブロウ)声 – 小林範雄
雉子谷 新(キジタニ アラタ)声 – 西田雅一
猿子 基史(マシコ モトフミ)声 – 興津和幸
百舌山 識郎(モズヤマ シロウ)声 – 荻野晴朗
笹乞 藤一郎(ササゴイ トウイチロウ)声 – 石井真
尾鷲 英樹(オワセ ヒデキ)声 – 桜木章人
葦切 拓真(ヨシキリ タクマ)声 – 利根健太朗

クロユリ炎陽譚

小原 秋沙(オハラ アイサ)声 – 山村響
黎 雪加(レイ セッカ)声 – 畠中祐
錐合 蓮(キリアイ レン)
風見 千鳥(カザミ チトリ)声 – 千本木彩花
雀部 忠清(ササベ タダキヨ)声 – 八代拓
鵺野 桐彦(ヤノ キリヒコ)声 – 松岡禎丞
ハンス・ハメル(ハンス・ハメル)声 – 利根健太朗

1523319757840

 ✳以下myanimelist.redditからの反応になります

このエピソードを少し高めに伸ばしている緊張。首相の息子の鵜飼にもっと力を入れました。つぐみとのやりとりがちょっと厄介だと思っています。特に偶然笑ってしまった時には、ストーリーテリングに関しては、それはむしろ平穏だったと思います。それはいつも変わった劇的なドラマを持っていた。

私は認めなければならない、ツグミは彼女のドレスですばらしく見えた。

他の人に親しみがないような眼鏡を着た新しい人(木村さん)と出会う。彼の父親は、兄と同じ日に自殺した。彼はとても騒々しい音楽を持っています。彼のために働く人がいます。

彼は女の子を差別するようなお坊ちゃまです。彼女は彼に話しかけるので悪い印象を与えている。私は本当に最初に彼を気に入らなかった。

鵜飼…この男は完全なd-bag(嫌なやつ、最低なやつ)のようです…非常に豪華で、自己重要で権利があります。しかし、彼はまた誤解されていますよね?だから、つぐみは彼を甘やかすだけで、神秘主義的な爆発を容認し、裸の姿を見せてもらえれば、すべてうまくいくだろう!まあ、そうではありません。彼女が最終的に彼の鉄のカーテンを剥がしても、彼はまだ非常に傲慢なようです

ニル・アドミラリの天秤 第3話 海外の反応

 第3話あらすじ

自分の力で多くの人を救うことができると実感したツグミは、フクロウのメンバーとも打ち解けはじめていた。だが仕事終わりに隼人たちと食事を楽しんでいると外から人の争う声が聞こえる。市民から本を略奪しその場で燃やす「カグツチ」と呼ばれる一団が現れたのだ。大切な本を燃やされた被害者の鷺澤累にこの騒動を解決してほしいと頼まれる。彼によると首相の息子が自殺未遂事件を起こしたことで奇妙な本の噂が広まっているという。(公式サイトより引用)

登場人物

久世 ツグミ(クゼ ツグミ/デフォルト名/変更可)声 – 木村珠莉
尾崎 隼人(オザキ ハヤト)声 – 梶裕貴
鴻上 滉(コウガミ アキラ)声 – 岡本信彦
星川 翡翠(ホシカワ ヒスイ)声 – 逢坂良太
鵜飼 昌吾(ウカイ ショウゴ)声 – 木村良平
汀 紫鶴(ミギワ シヅル)声 – 鈴村健一
鷺澤 累(サギサワ ルイ)声 – 櫻井孝宏

久世 ヒタキ(クゼ ヒタキ)声 – 村瀬歩
隠 由鷹(ナバリ ユタカ)声 – 緑川光
朱鷺宮 栞(トキミヤ シオリ)声 – 夏樹リオ
燕野 太郎(ツバメノ タロウ)声 – 榎木淳弥
柾 小瑠璃(マサキ コルリ)声 – 高橋未奈美
四木沼 喬(シギヌマ タカシ)声 – 遠藤大智
杙梛(クイナ)声 – 宮下栄治
鴬地 啓三郎(オウチ ケイザブロウ)声 – 小林範雄
雉子谷 新(キジタニ アラタ)声 – 西田雅一
猿子 基史(マシコ モトフミ)声 – 興津和幸
百舌山 識郎(モズヤマ シロウ)声 – 荻野晴朗
笹乞 藤一郎(ササゴイ トウイチロウ)声 – 石井真
尾鷲 英樹(オワセ ヒデキ)声 – 桜木章人
葦切 拓真(ヨシキリ タクマ)声 – 利根健太朗

クロユリ炎陽譚

小原 秋沙(オハラ アイサ)声 – 山村響
黎 雪加(レイ セッカ)声 – 畠中祐
錐合 蓮(キリアイ レン)
風見 千鳥(カザミ チトリ)声 – 千本木彩花
雀部 忠清(ササベ タダキヨ)声 – 八代拓
鵺野 桐彦(ヤノ キリヒコ)声 – 松岡禎丞
ハンス・ハメル(ハンス・ハメル)声 – 利根健太朗

1523319757840

うわー。その追跡は列車に乗ることでうまく終わらなかった…. RIP。ぶっちゃけ奇妙なケース。

私はまだ主人公についてまだ多くのことを感じていない。実際に、彼らはつぐみの友人を含むいくつかの新しいものを導入しています。彼女とサギサワもやっている。つぐみの勇気は私にこのエピソードを印象づけます。

彼女が作ったスープが好きな人はそうだ。

追跡のために夕食の時間が乱された。そして本は魂を見ずに燃えた。追跡されたサギサワ(櫻井さん)は医学生です。

「高槻」(確かなものではない)は、チェックなしで本を燃やす集団だから、「助けてもらう」スタッフが加わった。

その医学生は、彼から何かを得た最初の店で再び会った。彼女の弟のために、学生はその事件に関与した。

その後、オーラがある本で奇妙な男が見えましたが、後で電車にぶつかったので遅すぎました。

緑川さんのキャラクター(ナバリ)が持っていた別のケースからの本との比較。グループ/誰かがオーラを意図的に作っています。

彼女の兄はうまくいて、出版会社のために働く彼女の友人に会った。

医学生は、彼女にその店を与えたのと同じことを彼女にしました。

そのグループは再び…グループが夜に活動しているようです。彼はオーラの本を持っています。

そのマスクを持つ男…そう、彼はその医学生です。彼は、彼女が使っているグループが本を悪い使い方として使っていると言っている。彼はまた彼女を募集しました。

彼女は次のエピソードでフォーマルなドレスを着ています…オーラに関係する正式なパーティーに行くのですか?

ツグミは素敵な歌声を持っています。その追跡は、その男のためにうまく終わらなかった。新しいキャラクターに会いに来て、彼についていくつかの裏付けがある。彼はグループのメンバーであったと考えています。ツグミはかなり勇敢だった。

うわー、それは死ぬばかげた方法でした。彼らは現場の代理店になっているはずですか?彼らの誰もその一人の人に追いつくことはできませんでしたか?

そしてもう一つはハーレムに加わるが、この新しいものは私たちの主人公を知ることに本当に腹を立てているようだ。

今でも実際の物に入るようになっていたようだが、意図的に殺した人を殺すための呪われた墓を作ることはかなり大変だ。しかし、まあ早くそれを乗り越えてきたんだけど全部これが起きていると思っていた。彼らが単なる本を読んでいなかったらもっと激しく脅かされます」
ワイルドで小さなオタクが登場しました!

ニル・アドミラリの天秤 第2話 海外の反応

 第2話あらすじ

作者の強い情念が籠り、時には読んだ者を死に追いやる力を持つ本。それらは「稀モノ」と呼ばれ、「帝国図書情報資産管理局」通称・フクロウが収集・保護を行っていた。弟の事件をきっかけに、稀モノのアウラを見分ける力を持ったツグミは、フクロウで働くことを決める。だがそこに待ち受けていたのは、口が悪いが正義感の強い尾崎隼人、人との馴れ合いを嫌う鴻上 滉、オッドアイを持つ星川翡翠など、個性的なメンバーたちだった。
(公式サイトより引用)

登場人物

久世 ツグミ(クゼ ツグミ/デフォルト名/変更可)声 – 木村珠莉
尾崎 隼人(オザキ ハヤト)声 – 梶裕貴
鴻上 滉(コウガミ アキラ)声 – 岡本信彦
星川 翡翠(ホシカワ ヒスイ)声 – 逢坂良太
鵜飼 昌吾(ウカイ ショウゴ)声 – 木村良平
汀 紫鶴(ミギワ シヅル)声 – 鈴村健一
鷺澤 累(サギサワ ルイ)声 – 櫻井孝宏

久世 ヒタキ(クゼ ヒタキ)声 – 村瀬歩
隠 由鷹(ナバリ ユタカ)声 – 緑川光
朱鷺宮 栞(トキミヤ シオリ)声 – 夏樹リオ
燕野 太郎(ツバメノ タロウ)声 – 榎木淳弥
柾 小瑠璃(マサキ コルリ)声 – 高橋未奈美
四木沼 喬(シギヌマ タカシ)声 – 遠藤大智
杙梛(クイナ)声 – 宮下栄治
鴬地 啓三郎(オウチ ケイザブロウ)声 – 小林範雄
雉子谷 新(キジタニ アラタ)声 – 西田雅一
猿子 基史(マシコ モトフミ)声 – 興津和幸
百舌山 識郎(モズヤマ シロウ)声 – 荻野晴朗
笹乞 藤一郎(ササゴイ トウイチロウ)声 – 石井真
尾鷲 英樹(オワセ ヒデキ)声 – 桜木章人
葦切 拓真(ヨシキリ タクマ)声 – 利根健太朗

クロユリ炎陽譚

小原 秋沙(オハラ アイサ)声 – 山村響
黎 雪加(レイ セッカ)声 – 畠中祐
錐合 蓮(キリアイ レン)
風見 千鳥(カザミ チトリ)声 – 千本木彩花
雀部 忠清(ササベ タダキヨ)声 – 八代拓
鵺野 桐彦(ヤノ キリヒコ)声 – 松岡禎丞
ハンス・ハメル(ハンス・ハメル)声 – 利根健太朗

1523319757840

このショーは素晴らしい!
私が見た数々の恐ろしい乙女ゲームの適応のために失望して自分自身を支えていたが、このショーは面白いと証明されている。
さて、彼らはEDのセンサーを取り除くだけです… xD

だから他の人たちはつぐみをもっと知ることになっている今、
私は彼の目で気づいたヒスイの男と彼の人格を持つシヅルを見つける。

ツグミもおなじみ?:oそれはかわいい小さなものです。

OK。典型的な登場人物のエピソード。
いくつかのキャラクターは、彼女を見るとすぐにメインガールと喧嘩を始めるこれらのクリシェ(常套句、決まり文句) “乙女ゲーム”のキャラクターだけです.- まあ…そのエピソードは私たちの後ろにあり、次のものはもっとアクションを取るように見えます*。
私はそれが好きですすぐにメインの女の子が呪われた本を見つけたわけではなく、私は彼女がまだ見つけていないとしても、彼女はいい仕事をしていた:)

そのヒロインの制服は、すべてが素晴らしかったが、その “オープンチェスト”それ…
誰がそれをデザインするの?
これは本当に “乙女ゲーム”からのものですか?-

あと義務的な “シリーズのマスコットキャラクター”、はい…それはかわいい:)
しかし、多くのシリーズのような事実は、マスコットキャラクターのような種類が私を怒らせる必要があります… –

このエピソードは、ステレオタイプに関する私の以前の懸念をほぼ完全に確認しました。しかしそれはある意味面白かったです。

私は最終的に奇妙な犬の猫リスファジーの生き物を見るだけで幸せです。真剣に…その出来事は一体何なの?!?!笑^ __________ ^

ツグミは、彼女が働く予定の場所のツアーを見に来て、他の人と会った。彼女はまた彼らと一緒に彼女の最初のミッションに行きましたが、彼女は呪われた男を見つけませんでした。おなじみのかわいいです。

ニル・アドミラリの天秤 第1話 海外の反応

 あらすじ

時は大正時代。没落の一途を辿る久世家の令嬢である主人公・久世ツグミは、家の為に結婚を決意するも弟・ヒタキの事件によって『アウラ』が見えるようになってしまう。弟への贖罪の気持ちや『アウラ』を見る力を活かすためにツグミは、帝国図書情報資産管理局・通称フクロウで働き始めることを決める。(ウィキペディアより引用)

登場人物

久世 ツグミ(クゼ ツグミ/デフォルト名/変更可)声 – 木村珠莉
尾崎 隼人(オザキ ハヤト)声 – 梶裕貴
鴻上 滉(コウガミ アキラ)声 – 岡本信彦
星川 翡翠(ホシカワ ヒスイ)声 – 逢坂良太
鵜飼 昌吾(ウカイ ショウゴ)声 – 木村良平
汀 紫鶴(ミギワ シヅル)声 – 鈴村健一
鷺澤 累(サギサワ ルイ)声 – 櫻井孝宏

久世 ヒタキ(クゼ ヒタキ)声 – 村瀬歩
隠 由鷹(ナバリ ユタカ)声 – 緑川光
朱鷺宮 栞(トキミヤ シオリ)声 – 夏樹リオ
燕野 太郎(ツバメノ タロウ)声 – 榎木淳弥
柾 小瑠璃(マサキ コルリ)声 – 高橋未奈美
四木沼 喬(シギヌマ タカシ)声 – 遠藤大智
杙梛(クイナ)声 – 宮下栄治
鴬地 啓三郎(オウチ ケイザブロウ)声 – 小林範雄
雉子谷 新(キジタニ アラタ)声 – 西田雅一
猿子 基史(マシコ モトフミ)声 – 興津和幸
百舌山 識郎(モズヤマ シロウ)声 – 荻野晴朗
笹乞 藤一郎(ササゴイ トウイチロウ)声 – 石井真
尾鷲 英樹(オワセ ヒデキ)声 – 桜木章人
葦切 拓真(ヨシキリ タクマ)声 – 利根健太朗

クロユリ炎陽譚

小原 秋沙(オハラ アイサ)声 – 山村響
黎 雪加(レイ セッカ)声 – 畠中祐
錐合 蓮(キリアイ レン)
風見 千鳥(カザミ チトリ)声 – 千本木彩花
雀部 忠清(ササベ タダキヨ)声 – 八代拓
鵺野 桐彦(ヤノ キリヒコ)声 – 松岡禎丞
ハンス・ハメル(ハンス・ハメル)声 – 利根健太朗

1523319757840

“ニル・アドミラリの天秤 第1話 海外の反応” の続きを読む