ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン 海外レビュー

 あらすじ

180センチを超える長身にコンプレックスを抱えてきた女子大生・小比類巻香蓮は、数少ない友人・篠原美優の薦めでVRゲームを始める。長身の美人アバターを嫌う香蓮は、やがて荒廃した世界を舞台に銃器で戦うVRMMORPG『ガンゲイル・オンライン』(GGO)で、念願の低身長アバターに行き着き、プレイヤー・レンとして今まで縁のなかった銃器の世界へ足を踏み入れる。根が真面目な香蓮は独り淡々とゲームをプレイする内に、正体不明の凄腕のプレイヤーとなっていた。

やがてレンは、GGO内で知り合ってスコードロンを組む女性プレイヤー・ピトフーイからチーム戦イベント「スクワッド・ジャム」(SJ)の開催を教えられ、彼女に言われるがままに参加することになる。
放送期間2018年4月 –

オープニング曲ですhttps://m.youtube.com/watch?v=S7u6y3IuPjQ(公式)

エンディング曲ですhttps://m.youtube.com/watch?v=Sh0T-d3lg0g(公式)

外国人さん達のリアクション
#01 スクワッド・ジャム https://m.youtube.com/watch?v=WQHUUQAwRPA&t=7s
#02 GGO https://m.youtube.com/watch?v=PT368njAyAE
#03 ファンレター https://m.youtube.com/watch?v=Hqq1xAsrmNA
#04 デスゲーム https://m.youtube.com/watch?v=gce4d1NGdXI
#05 ラストバトルは私に https://m.youtube.com/watch?v=KLsJV_SeV1w
#05.5 ルフラン
#06 SAO失敗者ルーザー https://m.youtube.com/watch?v=GLWWiL8aB7s
#07 セカンド・スクワッド・ジャム https://m.youtube.com/watch?v=PJaO1x4qS3I
#08 ブービートラップ https://m.youtube.com/watch?v=IccnNkQhhqI
#09 十分間の鏖殺 https://m.youtube.com/watch?v=gMuywUfhYns
#10 魔王復活 https://m.youtube.com/watch?v=yTEFQjPNFT0
#11 イカれたレン https://m.youtube.com/watch?v=Yo8I8Jw6iLg
#12 拍手https://m.youtube.com/watch?v=wbCxeyrgxSU

1530116527962

✳以下myanimelistクランチロールからのレビューになります

“ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン 海外レビュー” の続きを読む

ソードアート・オンライン 海外レビュー

 あらすじ

西暦2022年、ユーザーによるベータテストを経て、世界初のVRMMORPG「ソードアート・オンライン」(SAO)の正式サービスが開始され、約1万人のユーザーは完全なる仮想空間を謳歌していた。しかし、ゲームマスターにしてSAO開発者である天才量子物理学者、茅場晶彦がプレイヤー達の前に現れ、SAOからの自発的ログアウトは不可能であること、SAOの舞台「浮遊城アインクラッド」の最上部第100層のボスを倒してゲームをクリアすることだけがこの世界から脱出する唯一の方法であること、そしてこの世界で死亡した場合は、現実世界のプレイヤー自身が本当に死亡するということを宣言した。
第1期2012年7月 – 12月
第2期2014年7月 – 12月迄放送(ウィキペディアより引用)

エンディング曲ですhttps://m.youtube.com/watch?v=9OsLd7U90Lw(公式)

第1期「アインクラッド編」
#1 剣の世界
#2 ビーター
#3 赤鼻のトナカイ
#4 黒の剣士
#5 圏内事件
#6 幻の復讐者
#7 心の温度
#8 黒と白の剣舞
#9 青眼の悪魔
#10 紅の殺意
#11 朝露の少女
#12 ユイの心
#13 奈落の淵
#14 世界の終焉

第1期「フェアリィ・ダンス編」     
#15 帰還
#16 妖精たちの国
#17 囚われの女王
#18 世界樹へ
#19 ルグルー回廊
#20 猛炎の将
#21 アルヴヘイムの真実
#22 グランド・クエスト
#23 絆
#24 鍍金の勇者
#25 世界の種

第2期「ファントム・バレット編」
#1 銃の世界
#2 氷の狙撃手
#3 鮮血の記憶
#4 GGO
#5 銃と剣
#6 曠野の決闘
#7 紅の記憶
#8 バレット・オブ・バレッツ
#9 デス・ガン
#10 死の追撃者
#11 強さの意味
#12 幻の銃弾
#13 ファントム・バレット
#14 小さな一歩
#14.5 Debriefing

第2期「キャリバー編」
#15 湖の女王
#16 巨人の王
#17 エクスキャリバー

第2期「マザーズ・ロザリオ編」
#18 森の家
#19 絶剣
#20 スリーピング・ナイツ
#21 剣士の碑
#22 旅路の果て
#23 夢の始まり
#24 マザーズ・ロザリオ

Sword-Art-Online

 ✳以下クランチロールからのレビューになります

素晴らしいことでしたか?

このショーは驚異的なアニメになる可能性がありましたが、その可能性に達していないにもかかわらずそれを利用していないのですが、それはまだ私のトップアニメの1つです。そして、うまくいけば前の間違いを改善して修正するでしょう。私の好きなアニメの一番のトップに数えられるだろう。

そのOkしかし、第2シーズンはごみです

私は本当に最初のシーズンのコンセプトが好きだったが、2回目のシーズンはすべての銃やもので悪かった。私は剣の行為を見るのが大好きでしたが、銃でそれを台無しにしました。彼らはこのようなGGOのようなものに別のMMOを吹き込みました。そのようなものでした。私はまったく好きではありませんでした。

区画化が必要

Sword Art Onlineは、異なるアークの品質が非常に異なるため、コンパートメント化するために必要なアニメです。私はAincrad arcの巨大なファンです(20-25回のエピソードでその弧を広げていたなら、私は他の何ものに関係なく5つの星を与えていたでしょう)。私はコンセプトが大好きで、主人公、そしてフェアリーダンスアークについて私を悩ますものは、Aincradアークの間にそれほど多くを見せません。私を間違えないでください。私が初めてフェアリーダンスのアークを見たとき、それは気が狂っていました。私が座席の端にあったという事実は、明らかに間違いを無視することができました。しかし、再監視では、それらの欠点はまったくあからさまなものでした。サスペンスがなければ、文字通り、フェアリーダンスをその欠陥によって消費されることなく2度目に見ることができません。

シーズン2のクオリティーはキックオフしていますが、それでも気になるものはありますが、主にキリトの不自然な能力は、一見するとすべての女性を引き付けるものです。私たちの残りの人だけがとても運が良ければ!

そう、ええ、これは5つ星のうち4つの方が良い結果が得られたとても良いショーです。

私はお勧めしません

Yuiはゴミであり、Asunaが存在しなかった場合、このアニメはすばらしかったでしょう。私は剣の代わりに銃を持つというコンセプトに賛成しましたが、イエス・クンは尻になって銃で剣を使うだけでした。彼女がより多くの性格を築いてきたので、キリトがこの女性主義者に終わったなら、それはもっと良い方法だっただろう

個人的にはとても楽しかった

このアニメは誰もが好きではないかもしれないが、それはいいアニメだが、スタイルは変わり、あなたが進むにつれてプロットが大きく変化する。それはショーを非常に興味深いものにするいくつかの非常に記憶に残る文字を持っています、それは公平な量を変更するようにあなたが最初のシーズンの途中になったらショーが好きではないかもしれませんが、私の意見ではまだ良い。

時間の無駄を完全に

このショーはすべての方法で失敗します。
主人公はGary Stuで、完全に一般的な世界に入っています。
キャラクターの行動は、いつも全くばかげていました。
アニメーションは、キャラクターが95%の時間ではなく、自分が何をしたのかを話しているので、良いことです。
性格は2文字しかなく、1文字しか許容できません。
このショーではたくさんの恐ろしいことがありますが、もう時間を費やしたくありません。

A ANIMEを見なければならない!

SAOは私が見た最初のアニメでした 、そして、私はそれがうれしいです。私はSAOのためでなければ、おそらくアニメで面白かったことはないだろう。偉大な初心者アニメ、素晴らしい物語で、あなたはキャラクターとの実際のつながりを感じます。シーズン2の後半は本当に好きではありませんでしたが、SAO全体は素晴らしいタイトルです。

ソードアートオンライン1レビュー

ソードアートオンライン。偉大なアニメです。私がこのように考えている理由は、複数の理由からですが、私は今のところ言及するつもりです。ゲームのオリジナリティSAO。あなたはまったく新しい世界のような気持ちで、武器を取り出して敵と戦い、100階すべてを打ち負かすことになります。私は個人的には、カヤバ・アキヒコが人々を眠らせてゲームに持っていくためにマイクロ波を使うことができなかったが、これはアニメなので、何かが起こる可能性がある。彼らはゲームに閉じ込められ、勝つために100階全てを倒すことを余儀なくされます。 エンディングがあるMMORPG?ワーですか? 誰かがゲームで死ぬと、マイクロ波は実際には一度は真のマイクロ波のように振る舞い、あなたの脳を溶かす。すばらしいです!*咳をする咳があります*ロマンスのごくわずかなヒントが関与し、全体的に素晴らしいアニメを作っています!あなたがまだそれを見ていないなら、(もしあなたがこのレビューを読んだら、なぜそれを読むだろう?)それからそれを見てください!それは素晴らしいアニメです!

このショーに夢中

私はこのアニメやマンガについて、アマゾンの本/短編小説に見られるすべてを愛しています。このアニメについて言われたことはすべて正確です。私は他人にはない部分も大好きです。だから私は私が執拗だと言ったように、私はさらにSAO:序列の映画を見て、私はシーズン3を待つことができないことを願っています。

素晴らしいシリーズ、もっとエピソードが必要!

ちょうどちょうど剣アートオンラインに入った(私は約4年遅れていると思う?)しかし、私はついにそれを見てとてもうれしいです。素晴らしいショー、非常に多くの異なるテーマ。そのアクションと冒険を得て、そのロマンスを得た、私が見つけた興味深いプロットのひねりが私の座席の端に残っていて、次のエピソードのボタンを十分に速く押すことができませんでした。私は泣いて、私は笑って、誠実にショーを通して私の方法を楽しんだ。私は3日間でシリーズに挑戦しました。正直言って、私はもっと欲しいです。このシリーズで他に何ができるかを待つことはできません。

“ソードアート・オンライン 海外レビュー” の続きを読む