セイバーマリオネットJ 海外レビュー

 概要

ラジオドラマ、ライトノベル、アニメーションをメインにメディア展開された、戦闘能力を持った女性型アンドロイドである「セイバーマリオネット」の活躍をメインに描いた、一連のシリーズ作品である。シリーズに含まれる作品は、ほぼ同一の世界における物語(物語内にて描かれる歴史上の時点が異なる)として制作され、特に『セイバーマリオネットR』『セイバーマリオネットJ』においては、演じる主人公・敵役を、両作に共通し全く同じ声優が務めている事を特徴としていた。

初期展開された作品として『SMガールズ セイバーマリオネットR』(ラジオドラマおよびOVA作品)『SMガールズ セイバーマリオネットJ』(小説作品)『SMガールズ外伝 セイバーマリオネットZ』(漫画作品)があり、それぞれラジオドラマ、OVA(RおよびJ)ならびにテレビアニメ(J)化された。

あかほりさとるによると本作は手塚治虫の『火の鳥 復活編』とマンガ版『人造人間キカイダー』を下地にしている。

番外編としてあかほりの手による『私立大江戸学園興亡記』(ライトノベル作品)『セイバーマリオネットi』(漫画作品)が存在する。
1996年10月1日 – 1997年3月25日迄放送(ウィキペディアより引用)

_SY445_

✳以下myanimelistからのレビューになります

“セイバーマリオネットJ 海外レビュー” の続きを読む