ゴルゴ13 海外レビュー

作品内容

社会の裏側、あるいは裏と表の境界線上がゴルゴ13の活躍の舞台である。ストーリーの題材は多数の脚本協力者が脚本を執筆していることもあって非常に多岐にわたる。諜報戦に代表される国家間の暗闘、世界各地の戦争・紛争、ゲリラ活動やテロリズムを題材としたもの、また麻薬組織など犯罪を扱ったもの、最新テクノロジー、企業活動に関連したもの、歴史問題・領土問題をテーマにしたもの、芸術、スポーツ、文化学術活動なども題材となっている。ミステリー調やコメディ調のエピソードも稀にある。

作中には、現実に起きた事件に交えて実在の国名・組織・企業・団体そして個人名がしばしば登場する。ニュース性に富んだ情報を盛り込むジャーナリスティックな作風から、巷間ではこの作品で世界情勢を勉強できると言われることもあるが、物語自体はあくまでフィクションである。
2008年4月11日 – 2009年3月27日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ゴルゴ13 海外レビュー” の続きを読む