クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲 海外レビュー

 あらすじ

万博を訪れていた野原一家。到着の遅いひろしを待っていると、万博に突如怪獣が接近。「万博防衛隊」である野原一家はこれに対抗し、戦闘機で万博へ向かっていたひろしは巨大ヒーロー「ひろしSUN」に変身し怪獣に立ち向かう。

…という特撮ビデオを撮影していた野原一家。撮影も終了し「次は私の番」とみさえは胸を躍らせ、「魔法少女みさりん」に扮する。ビデオ撮影は「20世紀博」のアトラクションの一つであり、大人達は、子供の頃を懐かしむため20世紀博を満喫していた。

しかし、しんのすけやかすかべ防衛隊を含む子供達は20世紀博の子供部屋に預けられ、毎日のように会っていた。大人達の異常なハマり方に風間トオルは疑問を抱き、しんのすけやひまわりも不満を漏らしていた。また、20世紀博で昔を懐かしむだけに留まらず、街中では旧車が走り、古い電化製品やファッションが流行するようになって行く。

ある晩「20世紀博からの大事なお知らせ」が放映される。「明日の朝、お迎えにあがります」という内容の短いものだったが、それを見たひろしとみさえはまるで何かに取り憑かれたように夕飯も食べず、しんのすけとひまわりを放置して寝てしまう。朝になっても二人は元に戻らないうえに仕事にも行かず、家で暇をつぶしていた。しんのすけがひろしに話しかけても、子供のような返答しか返ってこない姿に困惑する。見かねたしんのすけ達は幼稚園へ向かおうとするが、バスが来ないので仕方なくひまわりを背負って自力で幼稚園へと向かう。道中、三輪車で幼稚園へ向かうと道端や公園で子供のように遊んでいる大人達を何人も見掛け、幼稚園の先生や近所の知り合い達までもが、ひろしとみさえのように豹変していた。
2001年4月21日公開(ウィキペディアより引用)

_SY450_

✳以下myanimelistからのレビューになります

“クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲 海外レビュー” の続きを読む