GUNSLINGER GIRL ガンスリンガーガール 海外レビュー

 あらすじ

「少女に与えられたのは、大きな銃と小さな幸せ。」

物語の舞台は架空の現代イタリアを中心としたヨーロッパ。イタリアは国内に地域間対立や思想対立を抱え、テロや暗殺などの暴力が絶えなかった。イタリア政府・首相府は、表向きには障害者への様々な支援を行う組織として公益法人「社会福祉公社」を設立する。しかしその実態は、身体に障害を持った少女たちを集め、身体の改造と洗脳を行い、反政府組織に対する暗殺をはじめとした超法規的活動を行わせる闇の面を持った組織だった。少女たちは、「義体」と呼ばれる人工の肉体と引き換えに、時に危険すら顧みられることなく銃を手に戦う運命を背負わされた。
2003年10月8日 – 2004年2月18日迄放送(ウィキペディアより引用)

img_0

✳以下クランチロールからのレビューになります

“GUNSLINGER GIRL ガンスリンガーガール 海外レビュー” の続きを読む