カリギュラ 第12話 「理き想みを壊して、現実じごくへ帰る――。」  海外の反応

 第12話あらすじ

儚き光の果てに、今、垣間見えるのは……。 (公式サイトより引用)

登場人物

帰宅部

式島 律(しきしま りつ)
アリア 声 – 下田麻美
水口 茉莉絵(みずぐち まりえ)声 – 渕上舞
佐竹 笙悟(さたけ しょうご)声 – 武内駿輔
峯沢 維弦(みねざわ いづる)声 – 梅原裕一郎
巴 鼓太郎(ともえ こたろう)声 – 細谷佳正
響 鍵介(ひびき けんすけ)声 – 蒼井翔太
柏葉 琴乃(かしわば ことの)声 – 村川梨衣
守田 鳴子(もりた なるこ)声 – 小澤亜李
篠原 美笛(しのはら みふえ)声 – 高橋李依
神楽 鈴奈(かぐら すずな)声 – 田中美海
天本 彩声(あやもと あやな)声 – 長縄まりあ
琵琶坂 永至(びわさか えいじ)声 – 赤羽根健治

μおよびその関係者

μ(ミュウ)声 – 上田麗奈
カギP 声 – 蒼井翔太
スイートP 声 – 新田恵海
少年ドール 声 – 花守ゆみり
ミレイ 声 – 中村繪里子
イケP 声 – 斉藤壮馬
シャドウナイフ 声 – 内田雄馬
ウィキッド 声 – 渕上舞
ソーン 声 – 大坪由佳
梔子(くちなし)声 – 茜屋日海夏
Stork 声 – 仲村宗悟

sb_fbsum

✳以下myanimelist.redditからの反応になります

“カリギュラ 第12話 「理き想みを壊して、現実じごくへ帰る――。」  海外の反応” の続きを読む

カリギュラ 第11話 「人は常に正解を求める。だが、正しければ本当にそれでいいのか?」 海外の反応

 第11話あらすじ

卑屈、羨望、呪われた言葉の魔法がとける時が来た。(公式サイトより引用)

登場人物

帰宅部

式島 律(しきしま りつ)
アリア 声 – 下田麻美
水口 茉莉絵(みずぐち まりえ)声 – 渕上舞
佐竹 笙悟(さたけ しょうご)声 – 武内駿輔
峯沢 維弦(みねざわ いづる)声 – 梅原裕一郎
巴 鼓太郎(ともえ こたろう)声 – 細谷佳正
響 鍵介(ひびき けんすけ)声 – 蒼井翔太
柏葉 琴乃(かしわば ことの)声 – 村川梨衣
守田 鳴子(もりた なるこ)声 – 小澤亜李
篠原 美笛(しのはら みふえ)声 – 高橋李依
神楽 鈴奈(かぐら すずな)声 – 田中美海
天本 彩声(あやもと あやな)声 – 長縄まりあ
琵琶坂 永至(びわさか えいじ)声 – 赤羽根健治

μおよびその関係者

μ(ミュウ)声 – 上田麗奈
カギP 声 – 蒼井翔太
スイートP 声 – 新田恵海
少年ドール 声 – 花守ゆみり
ミレイ 声 – 中村繪里子
イケP 声 – 斉藤壮馬
シャドウナイフ 声 – 内田雄馬
ウィキッド 声 – 渕上舞
ソーン 声 – 大坪由佳
梔子(くちなし)声 – 茜屋日海夏
Stork 声 – 仲村宗悟

sb_fbsum

✳以下myanimelist.redditからの反応になります

“カリギュラ 第11話 「人は常に正解を求める。だが、正しければ本当にそれでいいのか?」 海外の反応” の続きを読む

カリギュラ 海外レビュー

 あらすじ

ボーカルソフトウェア・μ(ミュウ)は、ユーザー達が作曲した数多の歌を歌っているうちに自我に目覚め、「人々は現実によって苦しめられている」という考えに至る。そして自らが作り上げた仮想世界「メビウス」に、自分の歌を愛し聴いてくれる人々の意識を招き寄せるようになる。メビウス内では、人々は現実での記憶を忘れ、老若男女問わず永遠の高校生活を送る、という形で各々の願いがかなえられていた。

だが、一部の者はメビウスの中での生活に疑念を抱いており、現実への帰還を試みるべく「帰宅部」を結成。

ある入学式の日。在校生である主人公は、卒業したばかりの少年が新入生として入学してくる、という異常事態を認識。さらに周囲の人々の顔にノイズが発生する様子を見て、その場から逃げ出してしまう。挙句の果てにμの信者に襲われかけるも、μ(ミュウ)の知り合いと思しき妖精のような存在・アリアの助力で、特殊な能力「カタルシスエフェクト」に目覚める。式での様子を心配して追って来た上級生・笙悟は一連の事態を目の当たりにし、その流れから勧誘された主人公は帰宅部に協力していくこととなる。(ウィキペディアより引用)

登場人物

帰宅部

式島 律(しきしま りつ)
アリア 声 – 下田麻美
水口 茉莉絵(みずぐち まりえ)声 – 渕上舞
佐竹 笙悟(さたけ しょうご)声 – 武内駿輔
峯沢 維弦(みねざわ いづる)声 – 梅原裕一郎
巴 鼓太郎(ともえ こたろう)声 – 細谷佳正
響 鍵介(ひびき けんすけ)声 – 蒼井翔太
柏葉 琴乃(かしわば ことの)声 – 村川梨衣
守田 鳴子(もりた なるこ)声 – 小澤亜李
篠原 美笛(しのはら みふえ)声 – 高橋李依
神楽 鈴奈(かぐら すずな)声 – 田中美海
天本 彩声(あやもと あやな)声 – 長縄まりあ
琵琶坂 永至(びわさか えいじ)声 – 赤羽根健治

μおよびその関係者

μ(ミュウ)声 – 上田麗奈
カギP 声 – 蒼井翔太
スイートP 声 – 新田恵海
少年ドール 声 – 花守ゆみり
ミレイ 声 – 中村繪里子
イケP 声 – 斉藤壮馬
シャドウナイフ 声 – 内田雄馬
ウィキッド 声 – 渕上舞
ソーン 声 – 大坪由佳
梔子(くちなし)声 – 茜屋日海夏
Stork 声 – 仲村宗悟

sb_fbsum

✳以下myanimelist.からのレビューになります

“カリギュラ 海外レビュー” の続きを読む

カリギュラ 第10話 「Caligula」 海外の反応

 第10話あらすじ

抉れ、その心を! 嘆き、苦しめ!まさにカリギュラ…。(公式サイトより引用)

登場人物

帰宅部

式島 律(しきしま りつ)
アリア 声 – 下田麻美
水口 茉莉絵(みずぐち まりえ)声 – 渕上舞
佐竹 笙悟(さたけ しょうご)声 – 武内駿輔
峯沢 維弦(みねざわ いづる)声 – 梅原裕一郎
巴 鼓太郎(ともえ こたろう)声 – 細谷佳正
響 鍵介(ひびき けんすけ)声 – 蒼井翔太
柏葉 琴乃(かしわば ことの)声 – 村川梨衣
守田 鳴子(もりた なるこ)声 – 小澤亜李
篠原 美笛(しのはら みふえ)声 – 高橋李依
神楽 鈴奈(かぐら すずな)声 – 田中美海
天本 彩声(あやもと あやな)声 – 長縄まりあ
琵琶坂 永至(びわさか えいじ)声 – 赤羽根健治

μおよびその関係者

μ(ミュウ)声 – 上田麗奈
カギP 声 – 蒼井翔太
スイートP 声 – 新田恵海
少年ドール 声 – 花守ゆみり
ミレイ 声 – 中村繪里子
イケP 声 – 斉藤壮馬
シャドウナイフ 声 – 内田雄馬
ウィキッド 声 – 渕上舞
ソーン 声 – 大坪由佳
梔子(くちなし)声 – 茜屋日海夏
Stork 声 – 仲村宗悟

sb_fbsum

✳以下myanimelist.redditからの反応になります

“カリギュラ 第10話 「Caligula」 海外の反応” の続きを読む

カリギュラ 第9話 「何かが起こってしまった後であっても、何をするかは自分で選択できる。」 海外の反応

 第9話あらすじ

罪深き者は、その報いを受けることとなる。 (公式サイトより引用)

登場人物

帰宅部

式島 律(しきしま りつ)
アリア 声 – 下田麻美
水口 茉莉絵(みずぐち まりえ)声 – 渕上舞
佐竹 笙悟(さたけ しょうご)声 – 武内駿輔
峯沢 維弦(みねざわ いづる)声 – 梅原裕一郎
巴 鼓太郎(ともえ こたろう)声 – 細谷佳正
響 鍵介(ひびき けんすけ)声 – 蒼井翔太
柏葉 琴乃(かしわば ことの)声 – 村川梨衣
守田 鳴子(もりた なるこ)声 – 小澤亜李
篠原 美笛(しのはら みふえ)声 – 高橋李依
神楽 鈴奈(かぐら すずな)声 – 田中美海
天本 彩声(あやもと あやな)声 – 長縄まりあ
琵琶坂 永至(びわさか えいじ)声 – 赤羽根健治

μおよびその関係者

μ(ミュウ)声 – 上田麗奈
カギP 声 – 蒼井翔太
スイートP 声 – 新田恵海
少年ドール 声 – 花守ゆみり
ミレイ 声 – 中村繪里子
イケP 声 – 斉藤壮馬
シャドウナイフ 声 – 内田雄馬
ウィキッド 声 – 渕上舞
ソーン 声 – 大坪由佳
梔子(くちなし)声 – 茜屋日海夏
Stork 声 – 仲村宗悟

sb_fbsum

✳以下myanimelist.redditからの反応になります

“カリギュラ 第9話 「何かが起こってしまった後であっても、何をするかは自分で選択できる。」 海外の反応” の続きを読む

カリギュラ 第8話 「人生とは、他人の設計図で作るものではない。どんなに稚拙でも自分で描くべきだ。」 海外の反応

 第8話あらすじ

美とは一方で罪深く、また一方で美徳である。(公式サイトより引用)

登場人物

帰宅部

式島 律(しきしま りつ)
アリア 声 – 下田麻美
水口 茉莉絵(みずぐち まりえ)声 – 渕上舞
佐竹 笙悟(さたけ しょうご)声 – 武内駿輔
峯沢 維弦(みねざわ いづる)声 – 梅原裕一郎
巴 鼓太郎(ともえ こたろう)声 – 細谷佳正
響 鍵介(ひびき けんすけ)声 – 蒼井翔太
柏葉 琴乃(かしわば ことの)声 – 村川梨衣
守田 鳴子(もりた なるこ)声 – 小澤亜李
篠原 美笛(しのはら みふえ)声 – 高橋李依
神楽 鈴奈(かぐら すずな)声 – 田中美海
天本 彩声(あやもと あやな)声 – 長縄まりあ
琵琶坂 永至(びわさか えいじ)声 – 赤羽根健治

μおよびその関係者

μ(ミュウ)声 – 上田麗奈
カギP 声 – 蒼井翔太
スイートP 声 – 新田恵海
少年ドール 声 – 花守ゆみり
ミレイ 声 – 中村繪里子
イケP 声 – 斉藤壮馬
シャドウナイフ 声 – 内田雄馬
ウィキッド 声 – 渕上舞
ソーン 声 – 大坪由佳
梔子(くちなし)声 – 茜屋日海夏
Stork 声 – 仲村宗悟

sb_fbsum

✳以下myanimelist.redditからの反応になります

“カリギュラ 第8話 「人生とは、他人の設計図で作るものではない。どんなに稚拙でも自分で描くべきだ。」 海外の反応” の続きを読む

カリギュラ 第7話 「絶望的な状況である時こそ、笑顔をたたえることが必要だ。」 海外の反応

 第7話あらすじ

現実逃避…それこそがかりそめの幸せ。(公式サイトより引用)

登場人物

帰宅部

式島 律(しきしま りつ)
アリア 声 – 下田麻美
水口 茉莉絵(みずぐち まりえ)声 – 渕上舞
佐竹 笙悟(さたけ しょうご)声 – 武内駿輔
峯沢 維弦(みねざわ いづる)声 – 梅原裕一郎
巴 鼓太郎(ともえ こたろう)声 – 細谷佳正
響 鍵介(ひびき けんすけ)声 – 蒼井翔太
柏葉 琴乃(かしわば ことの)声 – 村川梨衣
守田 鳴子(もりた なるこ)声 – 小澤亜李
篠原 美笛(しのはら みふえ)声 – 高橋李依
神楽 鈴奈(かぐら すずな)声 – 田中美海
天本 彩声(あやもと あやな)声 – 長縄まりあ
琵琶坂 永至(びわさか えいじ)声 – 赤羽根健治

μおよびその関係者

μ(ミュウ)声 – 上田麗奈
カギP 声 – 蒼井翔太
スイートP 声 – 新田恵海
少年ドール 声 – 花守ゆみり
ミレイ 声 – 中村繪里子
イケP 声 – 斉藤壮馬
シャドウナイフ 声 – 内田雄馬
ウィキッド 声 – 渕上舞
ソーン 声 – 大坪由佳
梔子(くちなし)声 – 茜屋日海夏
Stork 声 – 仲村宗悟

sb_fbsum

✳以下myanimelist.redditからの反応になります

その女の子は、私が持っていたよりも多くの人間の感情を持っています。グループは一緒に食べ物を作っていた。コタロウは人々を助けるために衣装を着て外出していた。

奇妙なエピソードですが、ミュウと律の間のその場面がハイライトでした。私はまた、このエピソードは本当にコメディを削減すると思う。

最初の半分はそれほど重要ではない… 。後半は、律とミュウの間の議論でかなり面白いです…

しかし、最後に…ケンスケは誰ですか?私はグループで彼を見たことはありません。

彼はミュージシャンの一人です。IkePは、以前のエピソードで彼をKagiPと呼んでいます。より良い質問は、彼がそこで何をしているのですか?グループはなぜ彼と一緒に大丈夫ですか?どうしたの??

ええええと….それはかなりめちゃくちゃ無駄で退屈です。私が興味を持っているのは、ミュウとの六つの相互作用だけです。この時点で、彼は「創造者」であるか、あるいはメビウスの誕生に関係していることは明らかです。私は彼らがこのアニメの幸せで幸運な瞬間を取って、もっと心理的な側面を加えることを願っています。

だから音楽室は彼らの本部になる。そのかなり面白い想像。ショウゴはアクセサリーショップで働いている。しかし、鍋を使ってより強い絆を築く平和を利用することは素晴らしい考えでした。うーん、 トモエはヒーローとしての役割を担っていますが、かなり面白いです。

正直なところエピソードはちょっと退屈でしたが、最後のスタントは冷静でした。私は ‘メガネ’がエピソード1の卒業式から何かのマインドコントロール/催眠術を持っていることを知っていました。次のエピソードはうまくいくと思います。

たとえすべての人が偽物であることが分かっていても、彼女は平和と幸福をもたらしたので、ほとんどのミュージシャンがミュウを気にするのは明らかです。最後のエピソードの後、心配してミュウを見て怒っている。ケンスケはおそらくそれが価値がある場合再考しているでしょう。少なくとも、彼はすべきである。

カリギュラ 第6話 海外の反応

 第6話あらすじ

言葉から生まれるものは真実だけとは限らない。(公式サイトより引用)

登場人物

帰宅部

式島 律(しきしま りつ)
アリア 声 – 下田麻美
水口 茉莉絵(みずぐち まりえ)声 – 渕上舞
佐竹 笙悟(さたけ しょうご)声 – 武内駿輔
峯沢 維弦(みねざわ いづる)声 – 梅原裕一郎
巴 鼓太郎(ともえ こたろう)声 – 細谷佳正
響 鍵介(ひびき けんすけ)声 – 蒼井翔太
柏葉 琴乃(かしわば ことの)声 – 村川梨衣
守田 鳴子(もりた なるこ)声 – 小澤亜李
篠原 美笛(しのはら みふえ)声 – 高橋李依
神楽 鈴奈(かぐら すずな)声 – 田中美海
天本 彩声(あやもと あやな)声 – 長縄まりあ
琵琶坂 永至(びわさか えいじ)声 – 赤羽根健治

μおよびその関係者

μ(ミュウ)声 – 上田麗奈
カギP 声 – 蒼井翔太
スイートP 声 – 新田恵海
少年ドール 声 – 花守ゆみり
ミレイ 声 – 中村繪里子
イケP 声 – 斉藤壮馬
シャドウナイフ 声 – 内田雄馬
ウィキッド 声 – 渕上舞
ソーン 声 – 大坪由佳
梔子(くちなし)声 – 茜屋日海夏
Stork 声 – 仲村宗悟

sb_fbsum

✳以下myanimelist.redditからの反応になります

やれやれ、アクションはこのエピソードを速く勃発させました。

正直なところ、これはちょっと面倒だった。戦いは激しかったが、それはどこにでもあった。いつものようにμから来る歌があります。彼女は見ている楽しい光景…しかし、彼女は扱っている痛み。

ミュウの曲はミュージシャンの反撃の始まりですね。各チームメンバーの欲望と考えを見て、現実世界に戻ろうとする多くの理由がうまくいきました。彼らの隠れた後悔と感情のすべてを表現することを学ぶことによって、彼らはミュージシャンと戦う力を得ることができます。両国間の戦いは激しかった。しかし、予期せぬことになってしまった。興味深くて激しいエピソードで、最終的にチームに動機を与え、彼らの力を引き出すために必要な理由を与えました。ミュージシャンが強制的に戻ってきているのを見て楽しかったです。

これはかなりのアクション満載のエピソードでした。キャラクターはいくつかのクールな力で元気づけられました。敵対者は本当に恐ろしいものです。すべての凶悪化は強烈だった。

それは本当に面白い良いエピソードだった。

私は実際にシリーズが始まったと思っている。オープニングはキャストが得たパワーを意味するように見える。私はアクションが彼の面白い部分を持っていたと思うし、音楽も本当に適していた。

私はまだシリーズの心理的な要素がどのように感じるか、それはちょうどぎこちない、奇妙で不快であることを憎む。
私の最大の問題の一つです。

好きなエピソードは、ここからどのように続くのか楽しみにしています。

6つのエピソードがありましたが、最終的に帰宅部が結成され、皆には独自のカタルシス効果があります!誰もがお尻を蹴ることができるようになりました。

私はここで野生の推測を取るつもりですが、ミュウが彼を知っているように見えるので、律はミュウとアリアの創造にある種の関与をしています。アリアはおそらくあまりにも真実を知っているだろうが、彼女は以前のエピソードでの記憶と力の一部を失ったことを言及して以来、それを忘れていた。

だから主人公くんは思い出やものを取り返すことなく、彼の力を目覚めさせた?うーん…彼は何か特別かもしれないようだ。特にミュウは彼を求めている。多分システムの一部でもあるのでしょうか?

また、主人公くんの友人であった組紐の女の子は、コンサート中にスパイクヘッドになってしまい、最後の公園で彼らと一緒に過ごしてしまったのは、あまりにも疑わしい…。

その戦いの音楽は地獄のように良かったと言ってください。

帰宅部。笑。

だから、ミュウは律によって作られた可能性が高いです。

私の推測では、律は実際には本当に幸せな生活をしていないだろうが、普通の音楽AIとしてミュウを作ったのだろう。しかし、ミュウが開発されたので、彼女は幸せになれるようにしたいと思っていました。

カリギュラ 第5話 海外の反応

 第5話あらすじ

水口茉莉絵に誘われるがまま、メビウス内にあるマリンリゾート「シーパライソ」にやって来た律達。
アトラクションを楽しむ一行だったが、突然「目が合ったかも」と、普通の人には見えないはずのアリアが言い出した。
その人物は男子に取り巻かれるほどの美少女で、律も話しかけに行くのだが……?(公式サイトより引用)

登場人物

帰宅部

式島 律(しきしま りつ)
アリア 声 – 下田麻美
水口 茉莉絵(みずぐち まりえ)声 – 渕上舞
佐竹 笙悟(さたけ しょうご)声 – 武内駿輔
峯沢 維弦(みねざわ いづる)声 – 梅原裕一郎
巴 鼓太郎(ともえ こたろう)声 – 細谷佳正
響 鍵介(ひびき けんすけ)声 – 蒼井翔太
柏葉 琴乃(かしわば ことの)声 – 村川梨衣
守田 鳴子(もりた なるこ)声 – 小澤亜李
篠原 美笛(しのはら みふえ)声 – 高橋李依
神楽 鈴奈(かぐら すずな)声 – 田中美海
天本 彩声(あやもと あやな)声 – 長縄まりあ
琵琶坂 永至(びわさか えいじ)声 – 赤羽根健治

μおよびその関係者

μ(ミュウ)声 – 上田麗奈
カギP 声 – 蒼井翔太
スイートP 声 – 新田恵海
少年ドール 声 – 花守ゆみり
ミレイ 声 – 中村繪里子
イケP 声 – 斉藤壮馬
シャドウナイフ 声 – 内田雄馬
ウィキッド 声 – 渕上舞
ソーン 声 – 大坪由佳
梔子(くちなし)声 – 茜屋日海夏
Stork 声 – 仲村宗悟

sb_fbsum

✳以下myanimelist.redditからの反応になります

まあ、これは楽しいだけでなく、厄介なエピソードアミューズメントパークの活動と一緒に。

他のエピソードのいくつかと比較して、これははるかに不愉快に感じました。私はMireiの女性がサディストか何かであることをかなり確信しています。しかし、悲しみの後にはいつも現実の歪みがあるようです。

Mireiは真剣に奇妙なキャラクターです。ショーは彼女をできるだけセクシーなものにしようとしているようだ。現実のテーマはまだそこにある。

式島律のコトノへの最初のラインは、本当に古典的なピックアップラインのようでした。イベント全体が実際にどのような狡猾なトラップだったと思う。コトノとMireiの間の競争は荒涼としましたが、彼らの異なった性格を示す良い仕事をしました。律は確かに熱い席に座った。コトノのMireiへの演説はかなり強いものであり、彼女の目覚めの道を開いた。最初の本当の戦いが次のエピソードを開始するように見えます。新たな同盟や敵を導入しながらも、必要な開発をしている興味深いエピソード。コトノはチームの強い味方に見えます。

その遊園地では何か変わったことが起こっていました。それらの少年のいくつかは確かに歩いているのが好きです。その2人の間の競争は非常に奇妙でした。グループには新しいメンバーがいます。これは素晴らしい心理アニメになりつつあります。

競争へのアリアの反応はオンポイントであり、私の心を大いに語りました。また、最後の律のラインは良い総和です。一体何が起こっているのですか?そして、クラブルームのスズナというランダムな男の子は誰ですか?

キャラクターは前のエピソードで図書館にいて、メイングループを見つめていたときに表示されていました。
奇妙なエピソード。しかし、先週と同じくらい面白いとは思えませんでした。

コンテストは偽であると言うことができました。なぜなら、多くの人々がコトノに投票したことはないからです。彼女のキャラクターデザインは、他のショーのバックグラウンドキャラクターになるほど穏やかです。

私は本当にこのエピソードを十代の出会いのための一種の隠喩として楽しんだ。すべてがとてもロマンチックでいい感じです。

かなり良いエピソード..しかし、私は思っています..これはロマンスがありますか?それとも、ゲームにロマンスがありますか?

くそ、律はこのエピソードを公開した。今私はそれについて考えて、人々を目覚めさせるために彼らが言うことは本当に文脈から厨二病を鳴らします。

私はそれを全く理解していませんでした。彼女の母親は最初から偽造されておらず、彼らはただ彼女の形を変えましたか?彼女はどうして古い形の母親を見つけたのですか?それは本当の母ですか?

カリギュラ 第4話 海外の反応

 あらすじ

ボーカルソフトウェア・μ(ミュウ)は、ユーザー達が作曲した数多の歌を歌っているうちに自我に目覚め、「人々は現実によって苦しめられている」という考えに至る。そして自らが作り上げた仮想世界「メビウス」に、自分の歌を愛し聴いてくれる人々の意識を招き寄せるようになる。メビウス内では、人々は現実での記憶を忘れ、老若男女問わず永遠の高校生活を送る、という形で各々の願いがかなえられていた。

だが、一部の者はメビウスの中での生活に疑念を抱いており、現実への帰還を試みるべく「帰宅部」を結成。

ある入学式の日。在校生である主人公は、卒業したばかりの少年が新入生として入学してくる、という異常事態を認識。さらに周囲の人々の顔にノイズが発生する様子を見て、その場から逃げ出してしまう。挙句の果てにμの信者に襲われかけるも、μ(ミュウ)の知り合いと思しき妖精のような存在・アリアの助力で、特殊な能力「カタルシスエフェクト」に目覚める。式での様子を心配して追って来た上級生・笙悟は一連の事態を目の当たりにし、その流れから勧誘された主人公は帰宅部に協力していくこととなる。(ウィキペディアより引用)

 第2話あらすじ

異形化した生徒たちに襲われた律は、巨大な拳銃を持った佐竹笙悟に助けられる。
容赦なく生徒を撃つ彼に困惑する律だったが、 他の人間には巨大な拳銃も異形化した生徒も見えていないことがわかる。
わけがわからないまま家に帰った律の目の前には、ノイズがかかり、同じ台詞を繰り返す母親の姿があった。

 第3話あらすじ

別人と入れ替わってしまった母親を探すため、篠原美笛はどんな情報でも集まるというスイートPのお茶会に参加することに。しかし皆お菓子に夢中で、誰も話を聞いてくれない。
美笛はなんとか話を聞いてもらおうと「ゆめかわいく」奮闘するのだが…
一方、世界の果てを見てしまった律は、笙悟に会うため旧校舎の音楽準備室へ向かうのだった。

第4話あらすじ

孤独とは自分自身で認めなければ存在しない。(公式サイトより引用)

登場人物

帰宅部

式島 律(しきしま りつ)
アリア 声 – 下田麻美
水口 茉莉絵(みずぐち まりえ)声 – 渕上舞
佐竹 笙悟(さたけ しょうご)声 – 武内駿輔
峯沢 維弦(みねざわ いづる)声 – 梅原裕一郎
巴 鼓太郎(ともえ こたろう)声 – 細谷佳正
響 鍵介(ひびき けんすけ)声 – 蒼井翔太
柏葉 琴乃(かしわば ことの)声 – 村川梨衣
守田 鳴子(もりた なるこ)声 – 小澤亜李
篠原 美笛(しのはら みふえ)声 – 高橋李依
神楽 鈴奈(かぐら すずな)声 – 田中美海
天本 彩声(あやもと あやな)声 – 長縄まりあ
琵琶坂 永至(びわさか えいじ)声 – 赤羽根健治

μおよびその関係者

μ(ミュウ)声 – 上田麗奈
カギP 声 – 蒼井翔太
スイートP 声 – 新田恵海
少年ドール 声 – 花守ゆみり
ミレイ 声 – 中村繪里子
イケP 声 – 斉藤壮馬
シャドウナイフ 声 – 内田雄馬
ウィキッド 声 – 渕上舞
ソーン 声 – 大坪由佳
梔子(くちなし)声 – 茜屋日海夏
Stork 声 – 仲村宗悟

sb_fbsum

✳以下myanimelist.redditからの反応になります

笑、AIにはより個性があります私は予期していた。

私はこのエピソードは少し寂しさを扱うと思う。加えて、バックグラウンドで起こっているイベントとは非常に奇妙な雰囲気でした。私はまだメビウスについてもっと知りたいと思っていますが、シリーズはそのアイデアをすぐに開発するでしょう。

エピソードの最後の数分はいつものように歌いました。

世界についてもう少し詳しく知りたければ、本当に悲しいです。私はリングの主が参照されることを期待していませんでした。人形はかなり寂しかったです。ミフエは素敵な歌でそれを保存しました。敵対者はそれほど興味深いものではありません。私は誰もがすでにリングの君主を見ていることを願っています。

面白いエピソード:o私はスメアゴルの議論がリングの暗い影響を無視していると不平を言うつもりでしたが、それを少しでも考えてみると、それはまだ実際に起こっているかもしれません…私は都合の良いときにロットRを読んでいるので、ストーリーを通して再び考え直すのは面白いことです。

それは鈴奈の歌だった、ミフエは前のエピソードが集中していた他の女の子です。私は混乱を見ることができますが、キャラクターのいくつかは、外観が少し違って見えるだけでなく、名前を拾うために4つのエピソードしかありませんでした…私はそれらが覚えている唯一の2つの名前だと思いますμ以外のこの時点で…

だからこの仮想世界は、みんなの否定的な思考を封じ込めるために作られました。モリタさんとミフエさんがそこに着いたときには、会場は活発になりました。ライブラリーはそんなに狡猾な罠でした。この世界の前提を広げ、その起源を説明する素晴らしい仕事をした興味深いエピソード。武器の洞察も興味深かった。スズナがキャラクターとしての開発を受けるのを見てうれしい。人形だけでなく、彼女の歌への彼女の嘆願はとても心温まるものでした。グループがもっと味方を得るのを見てうれしい。

さて、スズナはどんな暴力もせずに音楽家を倒すことができたように見える…..。

このエピソードの主題は孤独であり、スズナが自分の孤独を壊して誰かに彼の注意を喚起したい小森に手を差し伸べるときに問題が解決される。私はショーがそのポイントを渡すためにロードオブザリングの参照を使用するとは思わなかった:oまた、キャラクターの武器は抑圧された感情を放つという意味で、「カタルシス」と呼ばれています。キャラクターが感情的な問題を解決すれば、メビウスにそれらを残したい人と戦うことができます。この時点で、それはショーの作品が所定の場所に落ちているかのように感じます。うまくいけば、ショーがセットアップ段階にあり、主人公が集まって大きな脅威に気づいていると感じるので、ストーリーはより速いペースで動くことを望みます。

カリギュラ 第3話 海外の反応

 あらすじ

ボーカルソフトウェア・μ(ミュウ)は、ユーザー達が作曲した数多の歌を歌っているうちに自我に目覚め、「人々は現実によって苦しめられている」という考えに至る。そして自らが作り上げた仮想世界「メビウス」に、自分の歌を愛し聴いてくれる人々の意識を招き寄せるようになる。メビウス内では、人々は現実での記憶を忘れ、老若男女問わず永遠の高校生活を送る、という形で各々の願いがかなえられていた。

だが、一部の者はメビウスの中での生活に疑念を抱いており、現実への帰還を試みるべく「帰宅部」を結成。

ある入学式の日。在校生である主人公は、卒業したばかりの少年が新入生として入学してくる、という異常事態を認識。さらに周囲の人々の顔にノイズが発生する様子を見て、その場から逃げ出してしまう。挙句の果てにμの信者に襲われかけるも、μ(ミュウ)の知り合いと思しき妖精のような存在・アリアの助力で、特殊な能力「カタルシスエフェクト」に目覚める。式での様子を心配して追って来た上級生・笙悟は一連の事態を目の当たりにし、その流れから勧誘された主人公は帰宅部に協力していくこととなる。

 第2話あらすじ

異形化した生徒たちに襲われた律は、巨大な拳銃を持った佐竹笙悟に助けられる。
容赦なく生徒を撃つ彼に困惑する律だったが、 他の人間には巨大な拳銃も異形化した生徒も見えていないことがわかる。
わけがわからないまま家に帰った律の目の前には、ノイズがかかり、同じ台詞を繰り返す母親の姿があった。

 第3話あらすじ

別人と入れ替わってしまった母親を探すため、篠原美笛はどんな情報でも集まるというスイートPのお茶会に参加することに。しかし皆お菓子に夢中で、誰も話を聞いてくれない。
美笛はなんとか話を聞いてもらおうと「ゆめかわいく」奮闘するのだが…
一方、世界の果てを見てしまった律は、笙悟に会うため旧校舎の音楽準備室へ向かうのだった。
(ウィキペディアより引用)

登場人物

帰宅部

式島 律(しきしま りつ)
アリア 声 – 下田麻美
水口 茉莉絵(みずぐち まりえ)声 – 渕上舞
佐竹 笙悟(さたけ しょうご)声 – 武内駿輔
峯沢 維弦(みねざわ いづる)声 – 梅原裕一郎
巴 鼓太郎(ともえ こたろう)声 – 細谷佳正
響 鍵介(ひびき けんすけ)声 – 蒼井翔太
柏葉 琴乃(かしわば ことの)声 – 村川梨衣
守田 鳴子(もりた なるこ)声 – 小澤亜李
篠原 美笛(しのはら みふえ)声 – 高橋李依
神楽 鈴奈(かぐら すずな)声 – 田中美海
天本 彩声(あやもと あやな)声 – 長縄まりあ
琵琶坂 永至(びわさか えいじ)声 – 赤羽根健治

μおよびその関係者

μ(ミュウ)声 – 上田麗奈
カギP 声 – 蒼井翔太
スイートP 声 – 新田恵海
少年ドール 声 – 花守ゆみり
ミレイ 声 – 中村繪里子
イケP 声 – 斉藤壮馬
シャドウナイフ 声 – 内田雄馬
ウィキッド 声 – 渕上舞
ソーン 声 – 大坪由佳
梔子(くちなし)声 – 茜屋日海夏
Stork 声 – 仲村宗悟

sb_fbsum

✳以下myanimelist.redditからの反応になります

導入されたすべてのこれらの新しいキャラクター…
彼らは」ゲームのような他のものを観察して、それは気分が悪いと感じる。私はこれらの新しいキャラクターを開発する計画はないと思う。

エピソードは、お茶やものと非常に奇妙に感じました。ほぼ幻想的な雰囲気を感じました。その後、その女の子からの爆発は笑います。非常に奇妙なショー。

多くのキャラクターがこのエピソードで紹介され、みんなを見ているようだ。彼らは明らかに、世界が完璧な幸福を持ち、そのアイドルのために働いていることを望んでいます。それはとても奇妙なお茶会でした。それらはいくつかの太った妖精達でした。律は心を変えた。

このエピソードが指示された方法はすごいよ。お茶会。本当に良いアニメーション。ペースアップを見ていいですね。全体的な心理的側面が私を興味深く保ちます。これはマトリックスに似たプロットを持っているようですが、今のところそれが好きです。

だから、それはすべてのシミュレーションです…面白いです。
私はショーの残りの部分が仮想世界からの脱出になると思う。
また、それらの可愛らしい女の子は本当に何らかの理由で私を怒らせる。

興味深いミフエの歴史を見てみると、おそらく私たちは最終的にメビウスに引っ張られたすべての人の暗い過去を見ることになるでしょう。

最後の鳴子の目覚めは、他のほとんどのものと比べてかなり落ち着いていたようだ。

ときめき*紅茶パーティーの文脈で使われていたスイートピーの貧弱なラヴェンを、恥知らずに食べたかった

また、私は人々が混乱していることを完全には理解していません。現実世界の人生に不満を抱かせている人々は、彼らが望むことを許して、みんなが幸せな世界を創造できるように、μによってメビウスに引き寄せられます。メビウスの存在を認識し、それに同意しない者は、不正者として知られています。Ostinato ミュージシャンは、(現在知られていない)不法な動機を持つ人々のグループですが、彼らは自分の欲望に合わせて人形のようにμを使います。

このエピソードは、最初の2つほど良くはなかった。そのお茶会は本当に迷惑だった。

主人公がお互いを避けて走っているように感じます。彼らが次のエピソードに協力してくれることを願っています。

なぜエピソードの数が未知数で表示されているのですか?実際にこの時点では分かっていませんか?

図書館の女の子と一緒にいた背の高い男を嫌ったのは私だけ?彼が電話番号を手に入れたときのやり方と彼が「よく、誰か他の人が私の助けを必要としているかどうかを見ていく」と言った方法。彼は恩恵を受けるだけでいい人たちの一人です。ちょうどええ。= /私はエピソード1-2で彼と大丈夫だったが、このエピソードで私は “良い男”(電話を取る男と太っている女の子)の2人を憎んで、そのような主人公を疑う。

彼らは私が間違っていることを証明することを本当に望む。

なんて馬鹿な会話だったと思うけど、とにかくエピソードは良かったし、前のエピソードとリンクして面白かった。

カリギュラ 第2話 海外の反応

あらすじ

ボーカルソフトウェア・μ(ミュウ)は、ユーザー達が作曲した数多の歌を歌っているうちに自我に目覚め、「人々は現実によって苦しめられている」という考えに至る。そして自らが作り上げた仮想世界「メビウス」に、自分の歌を愛し聴いてくれる人々の意識を招き寄せるようになる。メビウス内では、人々は現実での記憶を忘れ、老若男女問わず永遠の高校生活を送る、という形で各々の願いがかなえられていた。

だが、一部の者はメビウスの中での生活に疑念を抱いており、現実への帰還を試みるべく「帰宅部」を結成。

ある入学式の日。在校生である主人公は、卒業したばかりの少年が新入生として入学してくる、という異常事態を認識。さらに周囲の人々の顔にノイズが発生する様子を見て、その場から逃げ出してしまう。挙句の果てにμの信者に襲われかけるも、μ(ミュウ)の知り合いと思しき妖精のような存在・アリアの助力で、特殊な能力「カタルシスエフェクト」に目覚める。式での様子を心配して追って来た上級生・笙悟は一連の事態を目の当たりにし、その流れから勧誘された主人公は帰宅部に協力していくこととなる。

第2話あらすじ

異形化した生徒たちに襲われた律は、巨大な拳銃を持った佐竹笙悟に助けられる。
容赦なく生徒を撃つ彼に困惑する律だったが、 他の人間には巨大な拳銃も異形化した生徒も見えていないことがわかる。
わけがわからないまま家に帰った律の目の前には、ノイズがかかり、同じ台詞を繰り返す母親の姿があった。
(公式サイトより引用)

登場人物

帰宅部

式島 律(しきしま りつ)
アリア 声 – 下田麻美
水口 茉莉絵(みずぐち まりえ)声 – 渕上舞
佐竹 笙悟(さたけ しょうご)声 – 武内駿輔
峯沢 維弦(みねざわ いづる)声 – 梅原裕一郎
巴 鼓太郎(ともえ こたろう)声 – 細谷佳正
響 鍵介(ひびき けんすけ)声 – 蒼井翔太
柏葉 琴乃(かしわば ことの)声 – 村川梨衣
守田 鳴子(もりた なるこ)声 – 小澤亜李
篠原 美笛(しのはら みふえ)声 – 高橋李依
神楽 鈴奈(かぐら すずな)声 – 田中美海
天本 彩声(あやもと あやな)声 – 長縄まりあ
琵琶坂 永至(びわさか えいじ)声 – 赤羽根健治

μおよびその関係者

μ(ミュウ)声 – 上田麗奈
カギP 声 – 蒼井翔太
スイートP 声 – 新田恵海
少年ドール 声 – 花守ゆみり
ミレイ 声 – 中村繪里子
イケP 声 – 斉藤壮馬
シャドウナイフ 声 – 内田雄馬
ウィキッド 声 – 渕上舞
ソーン 声 – 大坪由佳
梔子(くちなし)声 – 茜屋日海夏
Stork 声 – 仲村宗悟

sb_fbsum

✳以下myanimelist.redditからの反応になります

私はオープニング曲についていくつかの複雑な気持ちがあります。それに慣れなければならないかもしれません。

その小さなAI女の子アリアはかわいいです。私はまだストーリーを混乱させていますが、今やイベントが発展している様子で今気分に入るのは簡単です。バーチャルリアリティのものはまだかなり明らかです。私たちは顔がぼやけて見えるし、動く人物はこのエピソードをややスリリングにしました。

今のところ不足していると思うが、私はキャラクターにもっと投資することができればいいと思う。

最初のエピソードについて私の不安を抱えていたが、これは今週は本当に素晴らしかった。

すべてがまだ派手ではあるが浅い。まだこのシリーズのために私は周りに固執するかどうかは分かりませんが、いくつかのエピソードを決定する価値はあります

私は本当に何が起こっているのか分かりませんが…悪いエピソードではありません。

その人たちを狂ってしまうのはそのアイドルなのです。アリアはかわいいですが、彼女の声は本当に迷惑です。そのぼやけた顔を見ることができるのは彼だけではありません。まだ少し混乱しています。

このアニメはすごくいいですよね..確かに私はこれをより高い得点にしますこのエピソード ..次のエピソードを待つことはできません。

彼らは物事のために多くの時間を取っている、私は彼らがわずか12話で良い仕事をすることができないと思う。

このシリーズには、心理的な方向性のスタイルであろうと、キャラクターの謎であろうと、興味深くユニークなテーマがあります。
私はこのシリーズが結局混乱にならないかもしれないと思う。

4/5最後のシーンは興味が沸きました。

ああ、面白いエピソード。それはゲームの適応(cutesy浮動ガイド、世界の境界、すべての敵AIとのメインチーム)のように非常にはっきりと感じ、このエピソードだけでメカニックと世界の仕組みをレイアウトしました。それは少し公式な感じですが、雰囲気は私が設定に興味を持って働くように働いています。キャラクターには時間が与えられ、今はショーが欠けている場所があることを願っています。

本当に良いエピソード。私たちは世界についていくつかのことを学びました。私たちのメイングループ以外の2種類の人々が興味深いものでした。次のエピソードのためにウエイトを傾ける。
また、「世界の国境」の終わりとその境界線は、1999年
(もちろんチェックする価値がある)の「The Thirteenth Floor」の記憶を取り戻しました。

私はこのエピソードが答えより多くの質問を与えると思う。だから、狩りをするモンスター、狩りをしている主人公、そしてフリックをしない第三のモンスターの3種類があります。また、Ostinato Musiciansと呼ばれるこのグループは、「実現した」人々の中でこのような混乱を引き起こしているようです。μが歌う武器なのか?私は本当に知りません、これがどのようになっているか見ることを楽しみにしています。

このシリーズの私の期待は若干成長しました。
かくかくしかじかファンと嫌悪者の間の無限の討論。ある時点で、MALに多くの時間を費やしてしまえば、それはまったく無意味だと分かります。

カリギュラ 第1話 海外の反応

 あらすじ

ボーカルソフトウェア・μ(ミュウ)は、ユーザー達が作曲した数多の歌を歌っているうちに自我に目覚め、「人々は現実によって苦しめられている」という考えに至る。そして自らが作り上げた仮想世界「メビウス」に、自分の歌を愛し聴いてくれる人々の意識を招き寄せるようになる。メビウス内では、人々は現実での記憶を忘れ、老若男女問わず永遠の高校生活を送る、という形で各々の願いがかなえられていた。

だが、一部の者はメビウスの中での生活に疑念を抱いており、現実への帰還を試みるべく「帰宅部」を結成。

ある入学式の日。在校生である主人公は、卒業したばかりの少年が新入生として入学してくる、という異常事態を認識。さらに周囲の人々の顔にノイズが発生する様子を見て、その場から逃げ出してしまう。挙句の果てにμの信者に襲われかけるも、μ(ミュウ)の知り合いと思しき妖精のような存在・アリアの助力で、特殊な能力「カタルシスエフェクト」に目覚める。式での様子を心配して追って来た上級生・笙悟は一連の事態を目の当たりにし、その流れから勧誘された主人公は帰宅部に協力していくこととなる。(ウィキペディアより引用)

登場人物

帰宅部

式島 律(しきしま りつ)
アリア 声 – 下田麻美
水口 茉莉絵(みずぐち まりえ)声 – 渕上舞
佐竹 笙悟(さたけ しょうご)声 – 武内駿輔
峯沢 維弦(みねざわ いづる)声 – 梅原裕一郎
巴 鼓太郎(ともえ こたろう)声 – 細谷佳正
響 鍵介(ひびき けんすけ)声 – 蒼井翔太
柏葉 琴乃(かしわば ことの)声 – 村川梨衣
守田 鳴子(もりた なるこ)声 – 小澤亜李
篠原 美笛(しのはら みふえ)声 – 高橋李依
神楽 鈴奈(かぐら すずな)声 – 田中美海
天本 彩声(あやもと あやな)声 – 長縄まりあ
琵琶坂 永至(びわさか えいじ)声 – 赤羽根健治

μおよびその関係者

μ(ミュウ)声 – 上田麗奈
カギP 声 – 蒼井翔太
スイートP 声 – 新田恵海
少年ドール 声 – 花守ゆみり
ミレイ 声 – 中村繪里子
イケP 声 – 斉藤壮馬
シャドウナイフ 声 – 内田雄馬
ウィキッド 声 – 渕上舞
ソーン 声 – 大坪由佳
梔子(くちなし)声 – 茜屋日海夏
Stork 声 – 仲村宗悟

sb_fbsum

✳以下myanimelist.redditからの反応になります

HapHazrD
エピソードを見たことはありませんが、プレビューはペルソナのゲームのようにまっすぐに見えます。衣装、武器、視覚効果…面白いのは、最初の印象からはまったく悪くはありません。今シーズンはPersona 5よりも優れているかもしれませんが、これはかなり皮肉なことです。

スターク700
悪くない、私は実際にこのシリーズの背後にあるアイデアが好きです。また、現実とフィクションを区別するコンセプトを提示します。世界の小説がどのように進化するかを知ることは本当に興味があります。

これまでの主人公は大丈夫です。あまりにも印象的なものはありませんが、私はそれらをより良く理解することが非常に興味があります。私は、最初のエピソードの主なセールスポイントは、コンセプトと、キャラクターやストーリー全体にどのように影響するかと思います。アニメーションの品質は、ショーに適しているように見えます。シーンの白と黒の色づきは、現実から分離されている感覚を作り出します。最初のエピソードは、それが表示されているものに興味があります。それは簡単にヒットまたはミスになる可能性があるので、私はそれが爆弾ではないことを願っています。

私は音楽はまともなものではなく、素晴らしいものだと言いますが、ショーのために働きます。

-Lrying_ying_-
だから私の時代にはまだまだ価値がありません。私は何か他のことを期待していたのですか?

ところでエピソード2/5 という言葉の意味ではすべてが平凡です

MistLiigh
うーん、私は何とかこのショーについて良い気持ちを持っていました…そして、私が一般的な合意に同意している間に、これはまだうまく処理されなければ電車の中に素早く渦巻くことができる兆候がありますが、これまでは本当に面白いです:それは季節の暗い馬でもあります。時間がたつだけはわかりますが、私はこれがその潜在力に耐えることを本当に望みます。

ゼロ
私はとても混乱しています。

ラベンヤミ
これは私の意見ではかなり素晴らしいスタートです

MrMushin
私はこれがむしろ独特であると思う

私はそれが最初は退屈だと思っていたし、混乱(まだ起こりうる)になっているかもしれないが、それは本当に終わりに向かって面白いことが判明した。

サウンドトラックは間違いなくこのショーは私のための強力なポイントであり、アートスタイルも素晴らしいです。
私はオープニング罰金とエンディングも見つけましたが、私は彼らがエンディングでやったことが本当に好きです、視覚的にはそれは素晴らしいです!

4/5それは退屈だと思ったが、そうではないことが判明したが、まだ最初のエピソードだけだったので、私は高い期待を得られないだろうが、確かにそれは良いチャンスがあると思う。

ダンカン85
…何?10人のボロボロのラットの名前はどうだった?私は、愚かな、擬似哲学的な話題をわずか5分で持ち出したとき、これがうまくいきませんが、地獄は何だったのでしょうか?なぜ私たちは突然、半分の人々を完全に非ゾンビにした曲を最後に持ってしまったのですか?このアニメは、Ooを行うためにいくつかの深刻な説明があり

ます。明るい面では、アニメーションはかなり良いと思いました。私がSatelight、LOLから期待するようになったのは、かなり正確です。

XXXXXXXXXIII
これは何ですか?マトリックス?ギルティクラウン?ペルソナ5?シュタインズ・ゲート?

ホイップミルキー
たぶん私は心理学のオタクですが、これまでこれを愛しています。私の意見では、やや一般的な偽りですが、いくつかの興味深いフレーバーが混在しています。私はいつものように3つのエピソードについてこれに固執するつもりですが、私はこのショーを信じています。うまくいけば私は間違っているとは思わない。

また、曲は絶対に堅実です。

プライム
私はこのショーに大きな期待を寄せていました。私はそれが私を失望させなかったと言わなければなりません。このシーズンの最もユニークな最初のエピソード、私はそれを愛していました。視覚的には驚くべきことですが、キャラクターはまだまだ穏やかに見えるかもしれませんが、私はすぐに変化が起こることを期待しています。

ヒビカゼ
Uhh …この最初のエピソードはオカルトのことを思い出させます;それは本当に良いことではありません…

キャラクター=可能なクラスターよりむしろプロットに長すぎる+重点を置く+ 1クールランニング+

ねえ、しかし、少なくともこれは、たとえそれが列車の混乱に終わっても、それは自分のやり方で楽しくてユニークであるかもしれません。

キャラクターデザインやアート/アニメもまともです。

これがどこに向かうのか楽しみにしていますが、私がこのショーをどこかに落とす可能性は疑問ではありません。

Caretoffel
何が起こっているのかわからないし、次のエピソードを見たい。
これまでのところ、それはむしろ有望に見えますが、それはもう少しのエピソードの後に​​たわごとになる可能性があります。