つくもがみ貸します 海外レビュー

 あらすじ

江戸の深川にある古道具屋兼損料屋「出雲屋」には、100年の時を経て付喪神と化した古道具が数多く置いてある。噂話が大好きな付喪神たちは、貸し出された先々で様々な噂を聞きつけては、それを話題の種とする。彼らの声を聞くことが出来る出雲屋の清次とお紅は、彼らが拾ってくる騒動を解決していくが、そのなかで4年前に失踪したお紅の意中の相手である佐太郎の行方を図らずも知ることとなる。

江戸は深川・仲町にて損料屋・出雲屋を営む清次とお紅の姉弟の元に、武家の次男坊である勝三郎が訪れて、失くしてしまった鼠の根付を探して欲しいと依頼する。その根付は、結婚相手である有力武家の蜂屋家の跡取りに代々受け継がれてきたもので、それがないと結婚の話自体が立ち消えになってしまうという。依頼を受けた清次は店のつくもがみたちを使い、情報を集めていくのだが、衝撃の事実が待ち受けており……。
(ウィキペディアより引用)

登場人物

清次(せいじ)声 – 榎木淳弥
お紅(おこう)声 – 小松未可子
佐太郎(さたろう)声 – 櫻井孝宏

付喪神

五位(ごい)声 – 平川大輔
月夜見(つくよみ)声 – 仲野裕
お姫(おひめ)声 – 明坂聡美
うさぎ 声 – 井口裕香
野鉄(のてつ)声 – 奈良徹
利休鼠(りきゅうねずみ)声 – 井口祐一

1532404330701

✳以下myanimelistからのレビューになります

“つくもがみ貸します 海外レビュー” の続きを読む

つくもがみ貸します 第12話 「蘇芳(すおう)」 海外の反応

 第12話あらすじ

再び佐太郎が江戸へ戻ってきたという報を聞いた清次。自分の気持ちを押し殺して、お紅のために佐太郎を探し出しますが、お紅が抱く想いは清次が全く予想だにしないもので……。(公式サイトより引用)

登場人物

清次(せいじ)声 – 榎木淳弥
お紅(おこう)声 – 小松未可子
佐太郎(さたろう)声 – 櫻井孝宏
勝三郎

付喪神

五位(ごい)声 – 平川大輔
月夜見(つくよみ)声 – 仲野裕
お姫(おひめ)声 – 明坂聡美
うさぎ 声 – 井口裕香
野鉄(のてつ)声 – 奈良徹
利休鼠(りきゅうねずみ)声 – 井口祐一

1532404330701

✳以下redditからの反応になります

私はこの番組がすべてエピソード1からどのように結びついているのかが好きでした。各エピソードは前のエピソードからいくつかの部分を取り出し、それを上に構築します。お香のバーナーはまだ少し混乱していた。再ウォッチの価値が戻ってきてこれを見ています。しかし、私はTskumogamiがもう少し注目を集めてほしいと思っていました。

全体的には本当にかわいいシリーズ。私は色と全体的な調子を楽しんだ。物語は十分に面白かった。私はそれを欠場する!

SatarouがOkouによって無視されたときに満足していた:D

本当にこのシリーズが好きで、どのように古いキャラクターが戻ってきたのか

私は素敵なトランジションと一緒に、チャーのデザインと背景の全体のアートが好きだった。

しかし、Sataroとバーナーについての主要な話は、終わりには信じられないほど広がっているように感じました。

私が見た中で最高のロマンスコメディーの歴史ファンタジーアニメの一つ。とても楽しかったです。そして私は店の猫のサインが大好きです!

OTP(OTPとはドリームカップルOne True Pairingの略語)

これは本当に快適なショーでした。歴史的な設定はうまくやっていました。

私はいつもすべてのエピソードをコメントするわけではありませんが、これは楽しくかわいいショーでした。私の唯一の問題は、オープニング曲がトーンに合っていないこと、もっとジャジーなものを使うことができた。かくりよのやどめしのOPのようなものでした。全体的に7/10。

設定と前提は本当に面白かったです…私はそれより多くのものが得られればと思っています。

それでも、それは全体のテーマに続いてショー。セイジを反映するために多くのケースが戻ってきましたが、彼は近すぎて、それを認識しませんでした。

それらのキャラクターのすべてをもっと見れることはすてきですが、私はそれが楽しかった〜。

Satarouはそれを見たことがありませんでした。彼は自分のベッドをやって、Okoがそのように彼を好きに言ったことは決して言わなかったことに気付かなかった。しかし、オコウとセージの間のより良い瞬間があります。最高のショットは、花火を見ている終わりのシーンです。物事をもっと公式にするためにOVAに感謝します。

素敵なアニメ、うまくやった、美しい芸術、かなり素敵な物語、つくもがみはとてもかわいく面白いです。

今季のカクリヨの宿飯のように、もっと愛し合う価値があります。両方のショーはちょっと影が薄いようです。

このショーはかなり良かったです。素敵なキャラクターとストーリーがありました。

それは信じられないくらい満足していました、つくもがみの使用は、ほとんどの時間(それはきれいに描かれました)とSeijiとOkouの再会のように男性は女性の心理を読むことができません。

ショーの素晴らしい結末。

つくもがみ貸します 第5話 「深川鼠(ふかがわねずみ)」 海外の反応

 第5話あらすじ

最近、江戸の街に義賊「イタチ小僧」が現れて大活躍。なんでも噂によれば麻布の神社で願掛けすると、イタチ小僧がそれを聞きつけて願いを叶えてくれるという。そんな中、岡っ引きである平蔵が出雲屋を訪れ、清次とお紅につい出来心で麻布の神社に出雲屋の姫人形・お姫が欲しいと願掛けをしてしまったと告げる。すると噂通りに出雲屋にイタチ小僧が現れて……。江戸の街を賑わすイタチ小僧騒動、その結末はいかに!?
(公式サイトより引用)

登場人物

清次(せいじ)声 – 榎木淳弥
お紅(おこう)声 – 小松未可子
佐太郎(さたろう)声 – 櫻井孝宏
勝三郎

付喪神

五位(ごい)声 – 平川大輔
月夜見(つくよみ)声 – 仲野裕
お姫(おひめ)声 – 明坂聡美
うさぎ 声 – 井口裕香
野鉄(のてつ)声 – 奈良徹
利休鼠(りきゅうねずみ)声 – 井口祐一

1532404330701

✳以下redditからの反応になります(コメントが付き次第追加します)

“つくもがみ貸します 第5話 「深川鼠(ふかがわねずみ)」 海外の反応” の続きを読む

つくもがみ貸します 第4話 「焦香(こがれこう)」 海外の反応

 第4話あらすじ

出雲屋には最近、粋な遊び人として名の通った両国の呉服屋・近江屋の若旦那である幸之助が頻繁に姿を現していた。幸之助には表向きは粋だが、それは女性を油断させる為の演技ではないかという噂があり、そんな人物にお紅が好意を持たれたらと清次は気が気ではない。そこで清次は幸之助と酒の席を共にするという御仁につくもがみを持たせて、幸之助の人となり、そして真意を探ろうとするのだが……。(公式サイトより引用)

登場人物

清次(せいじ)声 – 榎木淳弥
お紅(おこう)声 – 小松未可子
佐太郎(さたろう)声 – 櫻井孝宏
勝三郎

付喪神

五位(ごい)声 – 平川大輔
月夜見(つくよみ)声 – 仲野裕
お姫(おひめ)声 – 明坂聡美
うさぎ 声 – 井口裕香
野鉄(のてつ)声 – 奈良徹
利休鼠(りきゅうねずみ)声 – 井口祐一

1532404330701

✳以下redditからの反応になります(コメントが付き次第追加します)

“つくもがみ貸します 第4話 「焦香(こがれこう)」 海外の反応” の続きを読む

つくもがみ貸します 第3話 「撫子(ナデシコ)」 海外の反応

 第3話あらすじ

勝三郎の許嫁の早苗の道具を引き取るため、蜂屋家の屋敷を訪れたお紅。しかし早苗は大いに不満がたまっている様子。お紅が話を聞くと、母のおたつが婚礼を機に早苗を一人前の凛とした大人の女性にしようとして、厳しく接してくるようになってきたという。すれ違う親子の想いを繋ぐため、清次とお紅が奮闘する。
(公式サイトより引用)

登場人物

清次(せいじ)声 – 榎木淳弥
お紅(おこう)声 – 小松未可子
佐太郎(さたろう)声 – 櫻井孝宏
勝三郎

付喪神

五位(ごい)声 – 平川大輔
月夜見(つくよみ)声 – 仲野裕
お姫(おひめ)声 – 明坂聡美
うさぎ 声 – 井口裕香
野鉄(のてつ)声 – 奈良徹
利休鼠(りきゅうねずみ)声 – 井口祐一

1532404330701

✳以下redditからの反応になります

“つくもがみ貸します 第3話 「撫子(ナデシコ)」 海外の反応” の続きを読む

つくもがみ貸します 第2話 「梔子(クチナシ)」 海外の反応

 第2話あらすじ  

古美術商の浜松屋宗右衛門という人物から、源義経、光源氏などが描かれた店の掛け軸の絵が夜ごと入れ替わるので調べて欲しいという相談を受ける清次。つくもがみたちを宗右衛門の店へと貸し出して情報を集めると、なんと店の掛け軸たちもつくもがみであることが判明する。その掛け軸のつくもがみたちは、女性のつくもがみを巡って日々競い合っていて、それが原因で絵が毎夜入れ替わっていたのだった。(公式サイトより引用)

登場人物

清次(せいじ)声 – 榎木淳弥
お紅(おこう)声 – 小松未可子
佐太郎(さたろう)声 – 櫻井孝宏
勝三郎

付喪神

五位(ごい)声 – 平川大輔
月夜見(つくよみ)声 – 仲野裕
お姫(おひめ)声 – 明坂聡美
うさぎ 声 – 井口裕香
野鉄(のてつ)声 – 奈良徹
利休鼠(りきゅうねずみ)声 – 井口祐一

1532404330701

✳以下redditからの反応になります

“つくもがみ貸します 第2話 「梔子(クチナシ)」 海外の反応” の続きを読む

つくもがみ貸します 第1話 「利休鼠」 海外の反応

 あらすじ

江戸の深川にある古道具屋兼損料屋「出雲屋」には、100年の時を経て付喪神と化した古道具が数多く置いてある。噂話が大好きな付喪神たちは、貸し出された先々で様々な噂を聞きつけては、それを話題の種とする。彼らの声を聞くことが出来る出雲屋の清次とお紅は、彼らが拾ってくる騒動を解決していくが、そのなかで4年前に失踪したお紅の意中の相手である佐太郎の行方を図らずも知ることとなる。

江戸は深川・仲町にて損料屋・出雲屋を営む清次とお紅の姉弟の元に、武家の次男坊である勝三郎が訪れて、失くしてしまった鼠の根付を探して欲しいと依頼する。その根付は、結婚相手である有力武家の蜂屋家の跡取りに代々受け継がれてきたもので、それがないと結婚の話自体が立ち消えになってしまうという。依頼を受けた清次は店のつくもがみたちを使い、情報を集めていくのだが、衝撃の事実が待ち受けており……。
(ウィキペディアより引用)

登場人物

清次(せいじ)声 – 榎木淳弥
お紅(おこう)声 – 小松未可子
佐太郎(さたろう)声 – 櫻井孝宏

付喪神

五位(ごい)声 – 平川大輔
月夜見(つくよみ)声 – 仲野裕
お姫(おひめ)声 – 明坂聡美
うさぎ 声 – 井口裕香
野鉄(のてつ)声 – 奈良徹
利休鼠(りきゅうねずみ)声 – 井口祐一

1532404330701

✳以下redditからの反応になります

“つくもがみ貸します 第1話 「利休鼠」 海外の反応” の続きを読む