こちら葛飾区亀有公園前派出所 海外レビュー

 概要

当初は1996年6月23日に放送開始予定で雑誌にも告知されていたが、放送開始日の2週前の1996年6月2日に前番組『キテレツ大百科』実質の最終制作話「ルルル! 未知からのメッセージ」が予定の変更で制作中止となった影響で、スタッフはそのまま『こち亀』の第1話の制作に移行し、一週間繰り上がり放送開始となった。

前番組『キテレツ大百科』と同じく、特番やプロ野球中継のため放送休止になることがたびたびあり、時にはひと月に一回しか放送しない時期もあった。

8年間の放送の平均視聴率は17%、最高視聴率は第248話「ヨーロッパ横断! 麗子救出大作戦」(2002年1月6日放映)、第300・301話「お雛さんざん誕生日 / 両津と両津!?」(2003年2月23日放映)の19.1%だった。
(ウィキペディアより引用)

 原作とアニメとの相違点

本作は多くの点が原作から変更されており、特に暴力シーンや暴言などの過激なシーン[4]はカットされるか、大幅に差し替えられている。また、両津の性格も原作と比べ穏やかとなり、警官として真面目に仕事をする場面が強調されていたり、子供に優しく接するシーンも多い。

原作初期の頃の中川と麗子も両津並みにハチャメチャだったが、アニメでは当初からまともな性格となっている(初登場回のみを除く)など、キャラクターの設定が一部異なっている所があり、単発キャラの設定や性格が原作と異なる時もあった。原作において実物のアニメやゲームなどを扱った話は著作権の関係でアニメ化されず、実在の物や時事について登場人物がうんちくを語る場面は原作と比べて極めて少ない。原作同様、両津が悲惨な目に遭うオチが多いが、原作と違って両津が「○○なんて大嫌いだ」、「もう○○なんて懲り懲りだ」と最後に言って終わることが多々あった[5]。また大原がオチに関わる時は、原作のように過激なお仕置きをしたり両津の悪事後に武装して派出所に乗り込んだりすることは少なく、最後に両津を追い掛け回すか穏やかに叱ることが大半だった。また、原作を再現した場面も両津以外は違う人物に変えてあることが多々あった[6]。

アニメオリジナルのキャラクターも多い。中でも「両津と対立する婦警のリーダー格」という設定のキャラクターが「早乙女リカ」から「小町」と「奈緒子」のコンビに変更され、その対立も原作ほど過激かつ陰湿なものではなくなっており、共闘するエピソードも作られている。寺井や本田、尾崎模型店の主人など原作より出番が増えた人物も多いが、逆に早乙女リカや御所河原のように原作より出番が減ったか、アニメ放送時までの原作では登場したがアニメでは登場しなかった人物も何人かいる
1996年6月16日 – 2004年12月19日(レギュラー放送)
2005年1月2日 – 2008年11月2日(不定期放送)
2016年9月18日(ウィキペディアより引用)

10013418_h_pc_l

✳以下myanimelistからのレビューになります

“こちら葛飾区亀有公園前派出所 海外レビュー” の続きを読む