GUNSLINGER GIRL 第1話 海外の反応

あらすじ

「少女に与えられたのは、大きな銃と小さな幸せ。」

物語の舞台は架空の現代イタリアを中心としたヨーロッパ。イタリアは国内に地域間対立や思想対立を抱え、テロや暗殺などの暴力が絶えなかった。イタリア政府・首相府は、表向きには障害者への様々な支援を行う組織として公益法人「社会福祉公社」を設立する。しかしその実態は、身体に障害を持った少女たちを集め、身体の改造と洗脳を行い、反政府組織に対する暗殺をはじめとした超法規的活動を行わせる闇の面を持った組織だった。少女たちは、「義体」と呼ばれる人工の肉体と引き換えに、時に危険すら顧みられることなく銃を手に戦う運命を背負わされた。(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからの反応になります


本当に素敵なエピソードで、マンガによく似ていますが、アニメ化されるのは素晴らしいです。ヘンリエッタが見つかった時点と現在の時点との間の切り替え方法。
ちくしょう!私の許可なしに死ぬな!

私の第一印象は非常に曖昧です。一方で洗練された心理的ドラマの余地がありますが、設定は本当に非現実的です。「若い女の子をファーストクラスの殺人マシンに変えましょう!」なにそれ?それはちょっと間抜けです。

確かにあなたは道徳的な観点からこれに反対しなければなりません。人間社会の誰かが子供たちがそのような厳しいライフスタイルを経験することを許される政策を開発することはありそうもないと言うでしょう。そして、そのモラルさえ映画で育てられました。

そして、あなたがその道徳的な見地を持ち出せば、それは彼らがエヴァンゲリオンの子供たちに経験させたものと大差ない。これは憂鬱なショーになるだろう。

大人が暗殺者である場合、多くの人がそれを面白くないと思うでしょう。子供たちが人を殺すのを見るのは面白いです^ _ ^

最初のエピソードは実際には非常に優れていて、かなり深いです。それが維持されることを願っています。

私は物語の背後にあるアイデアが好きです。彼らは、粉々になった人生を持つ少女たちに未来を与えています。最初のエピソードは期待したほど魅力的ではありませんでしたが。

心理的トラウマは暗殺者にとってひどい特性ですが、秘密にしておけば大丈夫です。これらの人々はそれを探すだけでなく、孤児の10歳の少女を探します。
私はこの素晴らしい実行がそのような悪い前提をどれほど助けることができるか知りません。

彼女はたったのp90でケツを蹴っていた!彼女にもっと火力があるものを想像してみてください!>:D

ヘンリエッタはとてもかわいい女の子で、そのような悲劇的な過去を持っているので、悲しいです…彼女を責めることはできません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です