ガラスの仮面 2005 第1話 海外の反応

あらすじ

かつて、一世を風靡した劇作家・尾崎一蓮作の舞台『紅天女』で主役を演じ、大女優と謳われた月影千草も今は芸能界を引退し、横浜で静かな生活を送っていた。大都の社長令息・速水真澄と演出家の小野寺一は、『紅天女』の上演権を持つ月影から上演許可を得て、女優’姫川歌子’主演で『紅天女』の上演を目論むが、月影は、『紅天女』の主演は自分もしくは自分が育てた女優にしか演じることはできないと言い、彼らの申し出を拒絶する。そして、10年待って自分が育てた女優が大成しなければ、上演権を譲ると言い放つのだった。(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからの反応になります


マヤは今、速水が嫌いだと思います。しかし男はすべて悪くなることはできません。結局のところ、彼はそれらの花を送りました。

このエピソードの音の担当者は撃たれるべきです。なぜ彼らがやったことを変えたのかわかりません、漫画はずっと良かったです:/改善する事を望みます。

悪い最初のスタートではありませんでした。足が不自由だと思いましたが、驚きました。エピソード1を終えた後、次のエピソードをクリックすることに気付きました。このアニメが全51エピソードで配信されることを願っています。私は少女アニメやドラマのファンではありませんが、このアニメはうまくいっています。

その愚かな少女はとても厳しいので、彼女はそれらすべての命令を伝えました。
それからチケットは彼女の手から飛び出した。*彼女を平手打ち*

スキップビートを思い出させますが、明らかに雰囲気はもっと深刻だと思います。でもアニメーションはとてもリアルで、ペースが遅いので、今まで見たものを楽しんでいます。素敵なOSTも。私はヘッドフォンでこれを聞いて愛しています〜。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です