逆境無頼カイジ 第1話 海外の反応

あらすじ

1996年2月。上京後、定職にも就かず自堕落な日々を過ごしていた伊藤開司(カイジ)は、ある日、金融業者の遠藤により、かつて自分が保証人になっていた借金を押し付けられ、法外な利息により385万円にまで膨らんでいることを知らされる。遠藤に誘われるままカイジは1ヶ月後、負債者に借金一括返済のチャンスを与えるという、フランス語で「希望」の名を冠すギャンブル船「エスポワール」に乗り込む。

そこで行われるのは、カード12枚を使った「限定ジャンケン」。大手金融業者の「帝愛グループ[注 1]」が裏で取り仕切るそのギャンブルは、うまく勝てば帝愛からの借金は帳消しだが、負ければ命の保障はないというものだった。カイジは幾度となく煮え湯を飲まされながらも、土壇場での閃きと思考を駆使して、生き残りを賭けた勝負に身を投じる。(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからの反応になります


まず最初に、私はキャラクターデザインが好きではありません。顔は岩のように見えます。:|全体的なアートは良いように見えます。話はちょっと奇妙で、これについてどう思うかはまだよくわからない。私は過度に興奮していると言うことはできません。

アートスタイルのためにこのアニメにチャンスを与えなければ、それは完全にあなたの損失です:)音楽は本当に良かったです。

何らかの理由で、本当に興味があります。それは通常のアニメショーと比較しアートスタイルが奇妙なだけですが、これはそれをより楽しくするものです。
また、すべてのエピソードがこれらのカードを使ったギャンブルに関するものであるかどうか、また試合に負けた場合はどうなるのかも疑問に思っています。OPは大丈夫、EDはかなり悪いです。これをもう少し見るつもりです。( ´・ω

このショーについて疑っています。アカギはキャラクターがクールで、彼らが麻雀をしていたので偉大でした。しかしじゃんけん!?これが良い結果になることを願っています。

始まりはとても退屈でしたが、うまくいけばこの船全体でもっと面白くなるでしょう。

私はカイジがアカギと同じ性格を持つことを望んでいましたが、彼は反対に近いようです。とにかくこのエピソードは非常に興味深いものでした。

私はこれを見ることをまったく意図していませんでした、私は本当に退屈に見えると思った。しかし、私はそれを友人に尋ねたところ、彼はそれが素晴らしいと言いました。結局私はそれを試してみることにしました、そして私は同意しなければなりません、それは本当に楽しかったです。OPも大好きだったので、次のエピソードを楽しみにしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です