カードキャプターさくら 第1話 海外の反応

あらすじ

木之本桜(以下、「さくら」)は、友枝小学校に通う小学4年生。父・藤隆と兄・桃矢と3人暮らしで、兄の親友・雪兎に憧れている。ある日、藤隆の書庫で不思議な本を発見する。すると、その本から封印の獣ケルベロス(ケロちゃん)が現れた。その本は、魔術師クロウ・リードが作った魔法のカード「クロウ・カード」が入っていた。全てのカードがさくらの住む町にばらまかれてしまい、封印が解かれるとこの世に「災い」が訪れるというクロウカードを回収するため、さくらはケルベロスによって「カードキャプター」にされ、ケルベロスや親友・大道寺知世、クロウの血縁の少年・李小狼(リ・シャオラン)と共に、クロウカードの起こした事件を解決しながら、カード集めに奮闘する。(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります


このショーが大好きです。私はそれを4回見直しています笑。

私も同じ:)見たのは2回だけですが、まだこのアニメが大好きです〜。最初のエピソードは本当に良かったのですが、Syaoranが現れるまで待てませんでした。

私が子供の頃、ネルヴァナがこのアニメに恐ろしい適応をしたのを見たので、私はそれをきちんと見ていたのだと思いました。さくらはとってもかわいい。

これを見たのは久しぶりだ、懐かしい。このアニメが退屈させるとは思わないでください。カードのさまざまな力がさまざまなバリエーションを追加するはずだからです。

再び桜に会えることをとても嬉しく思います。ケロはあまりにも抱きしめやすい<3

子供の頃、このアニメをどれだけ愛していたか;。;
私はスペイン語で見ていましたが、今は日本語で見ています笑。

このアニメが大好き<3それはとてもかわいいです:3

これを初めて見ました。驚くほど楽しみ!ツバサクロニクルを読んだことで、すべてのキャラクターが元の姿になっているのを見るのはきれいだと思いました。初期バージョンのさくらがとても好きで、彼女がその鳥に着くためにローラーで壁を切り開いたとき、とても驚きました。o_o

私は前提に少し興味をそそられています。悪役や世界的な大混乱のためにカードをリリースすることを止める必要があるサクラの代わりに、彼女はカードを集めることによって間違って正さなければならないらしい。

私が7歳のときにこれを愛していた。でもシャオランが欲しいです^^彼はとてもかっこよかったです。

これを見たとき、私はとても小さかった!!そして、私も人形とすべてを持っていました!!
良い子供時代:Dまだオープニングソングが大好きです。

このエピソードは子供の頃まで私を返してくれました。今は泣きたい気分です。私にとって最高のアニメ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です