Angel Beats! エンジェルビーツ! 第1話 海外の反応

あらすじ

少年・音無は自分の苗字以外の記憶を失った状態で、真夜中の「学園」で目覚める。音無は銃を構える少女・ゆりと出会い、ここが死後の世界であると教えられ、死んだ世界戦線(略称SSS、以降、戦線)に勧誘される。戦線は転生を拒み、天使と呼ばれる生徒会長と戦いを続けていた。なりゆきで戦線に加わった音無は、学園生活を送りつつ、戦線のメンバーと共にあらゆる作戦で天使に挑む。(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからの反応になります

早めに見たいから生で見ました。良い紹介エピソードですが、背景はあまり公開されていません。アニメーションとサウンドは素晴らしく声優もそうです。彼らを好きになり始めています:)
コンサートのシーンも良いですね(チケットの販売お金が武器を購入するのに使われて
いるのでしょうか)しかし、このエピソードで私を悩ませる何かがあります。後ろを飛んでいるいくつかのチケットを見て…彼は一体何を考えているのでしょうか?

意味不明なアニメ。私はまだこのエピソードからアニメを理解していません。私はこの種のアニメに慣れていないと思います。これまでのところ見栄えが良く、内容をまったく理解していないことに同意します。ゆいちゃんの役(ユサ)は、戦わないキャラクターです。

それはかなりまともなエピソードでしたが、基本的にいつも高校の設定を見るのに少しうんざりしていると思います…。前田潤がそれを正当化するためのプロットを準備したことを望みます…。岩沢の声は十分にハスキーではなかったが、彼女は通常、沢城みゆきによって表明されています。土屋アンナの歌でよかったのに。
しかしそれは面白かった、銃撃戦は素晴らしかったし、特にコンサートの歌が好きだった。

私はこれが素晴らしいアニメになるだろうと言うことができます:D最初のエピソードでは、コメディとアクションの両方でかなりの割合を占めました。

これは、キーアニメの以前の作品とは大きく異なります。本当にそれが好き。素晴らしい変化です。アニメーションは素晴らしく、音楽もとても素敵でした。特にエンディングソング。ユーモアも大丈夫​​だと思いますが、クラナドの後で彼らのジョークに慣れているからかも。ユーリが好きなのかどうかはまだわからないが、彼女はなんらかの理由で私をイライラさせている。ハルヒの事を思い出します。私は長門由紀のようなちょっと影のある少女が好きです。物語は非常に興味深いもので、最初はすでに多くのミステリーが感じられますが、それは良いことです。私はすでにもっと見るのを楽しみにしています。

これまでのところ、一話はかなり良かったです。every1が昼食をとるために特殊部隊に行ったのはおかしいと思いました。

エンジェルは私のお気に入りのキャラクターです。なぜなら、彼女が撃たれるのを見るのはとても悲しいからです。

最初のエピソードを楽しんだ。物語は面白そうだ、もっと先が知りたくてたまらない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です