うる星やつら 第1話 海外の反応

あらすじ

宇宙人である鬼族が、地球侵略を仕掛ける。鬼族は圧倒的な技術力と軍事力を保有しており、武力で容易に地球を手に入れるのでは簡単過ぎて面白くない。そこで、鬼族代表と地球代表とが一騎討ちで戦い、地球代表が勝った場合、おとなしく帰り、地球代表が敗れた場合、地球を占領すると宣言した。その一騎討ちは、鬼族の伝統に従い『鬼ごっこ』で行われ、期限内に地球代表が鬼族代表の角を掴むと地球の勝ち、鬼族代表が逃げ切ると鬼族の勝ちというものである。

地球の命運を賭けた「鬼ごっこ」の地球代表に選ばれてしまった高校生の諸星あたるは、当初やる気がなかったものの、恋人で幼なじみである三宅しのぶの色恋仕掛け(勝ったら、結婚してあげる)により、彼女と結ばれたいがために鬼族代表のラムを追いかけ始める。あたるがラムを追いかけつつ発した「勝って結婚じゃぁ〜」の一言は、あたるが恋人で幼なじみのしのぶを想っての発言であったが、ラムは自分に求婚しているのだと勘違いし、それを受け入れてしまう。そのため、鬼ごっこには勝利、地球は侵略を免れるが、ラムは諸星家に住み着いてしまう。

かくして、恋多き男・あたると宇宙から来た押しかけ女房・ラムの果てしなき鬼ごっこが始まる。そして、友引町はさまざまな災いや奇妙な出来事に巻き込まれていく。
(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからの反応になります


明らかに1つのエピソードでは判断するのに十分では無い195のエピソードシリーズ。しかし、時には非常に面白いものでした。

犬夜叉の後、決してあなたの希望を高く設定しすぎないでください。これはコメディーアニメです。

かなり良いエピソード。ラムちゃんとあたるに恋をしました。私はらんまが好きなので期待します。

最初のエピソードは本当に楽しかったです!あたるはバカだが面白い。そしてラムはセクシー!両親「私はあたるを産むべきではなかった」と笑!!このシリーズを楽しみにしています!

それは最高に陽気だった。200近くあるエピソードは気が遠くなるように見えますが、ランダムなショーが必然的につまらなくなったらスキップする準備ができています。

私はそれを子供の頃に見て以来懐かしく思い、最初のエピソードをもう一度見ることにしました!英語吹き替え版ではなく、オリジナル版を見たのは初めてで、特にがっかりしませんでした。:D

私はエピソード全体を通して笑っていました。お気に入り。

これは私が高橋留美子の作品(最初は犬夜叉、次にらんま1/2、そしてリンネ)で見ている4つ目のショーで、諸星あたるは他の恥ずかしがりやの主人公と比べて積極的でとても奇妙に感じます笑。これは高橋先生の最初のヒットシリーズなので、理解できます。
それ以外に、あたるは本当に不運です!お母さんとお父さんがこんな子 がいるのが可愛くない笑。
最後に、ラムはかわいいです、彼女があたると一緒になりたいと思っています。さて、これは長い旅になるので、コメディを始めましょう!

古いアニメでも時には素晴らしいです!本当に楽しいスタートと言わなければならない!

それは決して大笑いしませんでしたが、私の関心を維持するのに十分面白いものでした。まともなスタート、特に良いことも悪いこともありません。この番組が面白くなるには、20エピソードが必要だと聞いたことがあります… 。とにかく、引き続き見ていきます。

かなり興味深い開始エピソード。「To Love Ru」に似ていると感じたのは自分だけ?
アタルの性格を考えると、そもそもガールフレンドをどうやって獲得したのだろうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です