うえきの法則 第1話 海外の反応

あらすじ

神の座を巡り、神候補の天界人が自分の選んだ中学生に固有の特殊能力(一人につき一つ)を与え、他の神候補の選んだ中学生と戦わせる。最後に勝ち残った中学生の担当神候補は神に、中学生は「自分の好きな才能を何でも手に入れられる『空白の才』(くうはくのざい)」を手に入れることが出来る。

そんなバトルが開催された中、神候補の一人・コバセン(小林先生)は人間界に正義がないことに絶望していたが、ある時植木耕助の行動に正義を垣間見て、その正義が本物かどうか確かめる為、植木に詳しい情報を一切与えぬまま能力を与える。結果、植木の正義を認めたコバセンは植木にバトルに参加することを勧める。

✳以下myanimelistからの反応になります


ちょっと弱いスタートでしたが、以前にこのようなものを見たことがありません。ゴミを木に変える?それは少なくともまったくオリジナルストーリーです。しかし、エピソードは私にとってあまり面白くありませんでした。とにかく私はこれを少し見続けるつもりです。私はこれがどうなるか興味があります。

それはちょっとばかげていました。そして植木の力さえ意味しません。プロットはいたるところにありましたが。

非常に紛らわしく、方向性はありませんが、このアニメは特に3人のキャラクターが私を引き込んでいます。私は特に女の子が面白いと感じています。私は彼女のタイプのキャラクターをどこかで見たようにだが….。そして、なぜこれに気づくのは女の子だけですか?それとも彼女は見つけた最後の人ですか?

何これ?! 動きが速すぎます!プロットでは、キャラクターを特定するのに十分な時間を与えられません。その結果キャラクターに何が起こるかは気になりません。植木は無表情な彫像であることによって物事を助けませんでした。とても出来が悪いので、スティーブン・フォスターが監督していないことを確認しなければなりませんでした。字幕がより良いと仮定すると、物語はひどいので、私はそれを落とすつもりです。
私は変態アニメが好きで、私の好みについて不平を言うのではなく、あなたが今私と競争する必要がないことに感謝してください。

私が今まで見た中で最も奇妙な始まりのエピソードの1つ。

確かに違います。他のアニメのほとんどは、最初に強いエピソードから始まります。これはひどいものから始まりますが、主に博覧会。それがさらに良くなるかどうかを確認するために、2つのエピソードを見る事にします。

奇妙な力。彼はゴミを必要とし、誰かにそれをぶつけたら才能を失う。それは多すぎる。

私は誤ってこのアニメを見つけたと言わなければなりません。(ブリーチを終える前に休憩が必要だった笑)
アイが最初から迷惑をかけるのはなぜかわかりません。彼女は混乱していてかわいいと感じます。
私が言わなければならない最初の悪役は物足りず、ストーリーはかなり急いでいます。このアニメになんらかの陰謀があることを願っています。原因の雰囲気を楽しんでいると思う。
また、「彼の才能を失う」ものは奇妙ですが、私は文句を言っていません。
植木は…控えめに言っても面白いです。私は彼の文章を数えるべきだったので、さくらがもっと笑ったと確信しています。

非常に良いスタート!植木の力が大好き!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です