あしたのジョー 第1話 海外の反応

あらすじ

東京・山谷のドヤ街に、ふらりと一人の少年が現われた。矢吹丈(ジョー)と名乗るその少年に一方的に叩きのめされたアル中の元ボクサー・丹下段平は、ジョーと地元暴力団・鬼姫会の連中との乱闘から天性のボクシングセンスを見いだし、一流のボクサーに仕立て上げようと口説き始める。しかしジョーは、自分に向けられる段平の情熱を利用し、小遣いをもらってはドヤ街の子供たちを引き連れて乱行を繰り広げた揚げ句、犯罪にも手を染め、警察に逮捕されて鑑別所へと送られてしまった。

そんなジョー宛てに段平から「あしたのために」の書き出しで始まるハガキが届いた。その内容は、左ジャブの打ち方から始まるボクシング技術の講義であった。時間と体力を持て余していたジョーは、そのアドバイスに従ってボクシングの練習に身を入れるようになり、やがて自分のパンチの切れが、今までと比べものにならないほど向上していくのを実感する。

鑑別所から西と共に野菊島の東光特等少年院へ移されたジョーは、豚小屋掃除の際に、西の提案で豚たちを暴れさせ脱走を試みた。しかし、ライバル・力石徹にそのジャマをされてコテンパンに叩きのめされた。その後、小馬鹿にしていた青山とのボクシング対戦で防御法を身に着けたものの、宿命の対決が再戦されないまま力石は先に院を出た。遅れてジョーはなんとかライセンスを取り、強引な手腕でウルフ金串との対戦を実現させて、フェザー級からバンタム級へ転向した力石との対戦をも実現する。減量による力石の変わりようは見られたものではなかったが、しかしそれでもジョーは敗れてしまった。そして、その対戦直後、力石は死んでしまう。そのショックで対戦相手の顔面を打てなくなり満足な試合を行えなくなってしまったジョーは、それでもボクシングを捨て去ることなく、ドサ回りのボクサーに身を落とし罵声を浴びながらも試合を続けるのだった。(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからの反応になります

はじめの一歩を愛し、もう別のボクシングアニメを求めている。これが私を幸せにしてくれることを願っています。

偶然、このアニメ洋画ロッキーと同じ年に出てきました。これは勝つか失敗どっちですか?かっこいいですね。

それは実際には偽です。あしたのジョーは1968年に、ロッキーは1976年に出てきました。とにかくジョーが好きで、彼は愚か者ではなく、ただただ本当に暴力的だ。あしたのジョーのアニメ化は、ロッキーと同じ年に出てきたのかもしれませんが、それまでに漫画は長い間続けられていました。

うわー、なんて素晴らしい最初のエピソード!同じ時代の他のアニメよりも格段に良く見えます。オリジナルのルパン三世でさえ私にはあまりよく見えません。これは間違いなく元祖デビルマンのクソを打ち負かします!そして、これも彼らの1年前のようです。出崎修が伝説である理由を本当に理解しました。

口笛を吹くのはとても楽しいです。口笛を吹く人は誰もが本当に格好良いように聞こえますが、実際にそれは貧弱に聞こえます。アニメは当時良い録音技術を持っていなかったので慣れません。そしてこの口笛はどこからともなく出て、それは2倍大きな音でとても幻想的です。すべてのエピソードで口笛を吹くといいですね!

古いアニメの場合、アクションは半分悪くはありませんが、リングでボクシングをしているときの様子を見るのを待つことができません。はじめの一歩を待っている間にボクシングアニメを修正する必要があるため、またバクマンで何度かあしたのジョーが言及されていたので、チェックすることにしました。

バトルアニメを探していたので、私が望んだものを手に入れたと思います。これは確かに楽しい時間になるでしょう。これがはじめの一歩とどのように比較されるかを本当に見たいです。アニメーションはザラザラで、効果音と声は時々非常にきびしい(あまりにも大声で)が、耐えられる。しかし、とにかく、ジョーは1人のクールなヒップスターで、オレンジ色のパン屋の男の子の帽子と、片方の目を半分覆っている長い黒髪です(笑)。

戦いがどれほどダイナミックであるかを本当に楽しみました。私はすでにこのシリーズが大好きで、それは最初のエピソードにすぎません。

わたしはそれを楽しみました。私はこれまでコメディの要素が本当に好きで、これは私にとっては珍しいことです。ジョーもこれまでのところ好きだったが、ダンペイは私を少し悩ませます。アニメーションはおかしくありません。それは確かにに古いアニメですが、ザラザラした感触があり、適度に熟成しました。しかし、音、特に声は時々非常に大きい場合があります。残りを楽しみにして、実際のリングでジョーと子供たちとのより多くの相互作用を見ます。

最初のエピソードが好きでしたが、壮観なものは何もありませんでした。しかしこれはかなり長いショーなので、素晴らしい乗り物になる可能性がたくさんあると確信しています。楽しみにしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です