アカギ -闇に舞い降りた天才- 第1話 海外の反応

 概要

『闘牌伝説アカギ 〜闇に舞い降りた天才〜』と題して、2005年10月4日から2006年3月28日まで日本テレビほかの深夜に放送された。全26話。福本作品では初のアニメ化。現在はDVD-BOX2巻(DVD4枚x2・計8枚)にまとめられ発売中。2007年11月13日より、GyaOにてネットで初めて配信された。

基本的にストーリーは原作と同じだが、10年以上かけて連載された作品を26話に収めて放送したため、原作にあった台詞や場面が一部省略されている。いわゆる深夜アニメはほとんどが視聴率1 – 2%という中で、4%前後という高視聴率を記録したが、原作も完結していないため、最終話は勝負の途中(5回戦目直前)で終了した。

ストーリーや麻雀のルール上、おかしな描写が散見できることから製作上のツメの甘さも指摘されている。近代麻雀に掲載された萩原聖人のインタビューで、萩原が第1話を確認したときに、牌描写のミスでアカギがフリテンになっていたことをスタッフに指摘して修正されたとの暴露話があった。なお、このような事態になったのは、制作に携わった韓国人スタッフが麻雀を理解していなかったためとの証言が近麻誌上にある。対戦相手が驚愕したときの顔面が曲線状にゆがむ表現など、原作の特徴を非常に忠実に再現している。福本漫画の代名詞とも言える傍観者の心理的なざわめきを表現した書き文字「ざわ…ざわ…」は通常再現されていなかったが、最終話で遂に「ざわ…」の文字が使われた。

麻雀を得意とする実写系の俳優が数多く出演している事もあり、DVDボックスでは原作者・福本と主な出演者が実際に普通のマージャンや鷲巣麻雀(鷲巣麻雀は福本未参加)を行った特典映像ディスクが付属されていた。本作を放送したCS系放送局・日テレプラス&サイエンス(現・日テレプラス)ではダイジェスト版が放送された。

2007年1月1日早朝(番組表上では2006年12月31日の放送に組み込まれている)、日本テレビでのみ全話を各勝負ごとにまとめて約130分に再構成した総集編『超アニメ!!闘牌伝説アカギ2006特別版』が放映された。番組の随所にはアカギ役の萩原聖人がナビゲーターとして登場、本放送当時の心境を語りつつ、各勝負の状況を解説した。

なお、同じ福本作品で同じ会社からアニメ化されることとなった『逆境無頼カイジ』の主人公伊藤開司も萩原が担当している。また、同作に登場する兵藤和尊も津嘉山が担当している。

2014年からはファミリー劇場で『逆境無頼カイジ』と共に再放送されている。
(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからの反応になります

多くの人がカイジを見ながら赤城に言及していたので、私は最終的にこのショーも見るようになりました。ショーはなかなか良さそうだ。私は「すべてを知っているナレーター」が好きではありません。( ´・ω |

私は最初のEPが好きです、その鼻が長いアニメスタイルに慣れるのが必要です。
それ以外では、その「子供」は私には13歳のようには見えません笑。彼はこの銀灰色の髪のおじいちゃんのように見えます。

本当に奇妙なアートワーク。私はファンだとは言えません。アニメは楽しかったですが、麻雀の遊び方を実際に知っていたらもっと面白いかもしれないと思います…。

アートスタイルは少し奇妙に見えますが、それでも大丈夫です。このエピソードに言えることは「計画どおり」。麻雀の知識を更新/拡張するための良いアニメです。

これは、クラナドや銀河英雄伝説とは異なり、本物のアニメです!!
私はカイジのためにアートスタイルに慣れています。麻雀を習わなければならないようだ。

私はカイジのファンなので、これを見なければなりません。私は麻雀について何も知らないが、エピソードが通過するにつれてもっと理解することを望んでいる。そして彼が13歳だとは信じられません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です