To LOVEる -とらぶる- 第1話 海外の反応

あらすじ

主人公の結城梨斗(以下「リト」と表記)は、恋愛に奥手な男子高校生。クラスメイトの女子高校生・西連寺春菜に恋しており、実は春菜とは両想いだが、互いにその事実を知ることはなかった。
そんなリトのもとに、ララ・サタリン・デビルークと名乗る宇宙人の女の子がやってきた。ララはデビルーク星の王女で、婚約者候補との見合いが続く日々に嫌気が差し、デビルーク星から家出をしてきたという。ララを追っ手から守ったリトは、その後の勘違いからララの婚約者候補となってしまう。
ララとの出会いを境に、リトは連鎖的にトラブルに巻き込まれるようになる。やがて、リト、ララ、春菜の三角関係や金色の闇(以下「ヤミ」と表記)、ルン・エルシ・ジュエリア、古手川唯といった少女たちとの交流を軸に、リトの日常はよりエッチでドタバタな日々へと発展していく。(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります


理解できたら面白そう。楽しいファンサービスでいっぱいなので期待してます。オープニング曲は良かったです。

私はかなりショックを受けました。オープニングのファンサービス。とにかくそれは良い最初のエピソードでしたが、男性キャラクターは少し一般的(不器用で、恥ずかしがりやです)であると思いますが、とにかくOPの見た目とエピソード全体から見て、それはクレイジーなものになるようです。

宇宙のシーンはひどく、お金をあまり使って無いように感じましたが、私はそれを楽しみました。オープニングと声の演技、特にララの歌がとても好きで、漫画からはそれほど逸脱していませんでした。それはまともなハーレムコメディの1つなので、それは良いことです。これをまんべんなく追い続けると、出来の悪いシリーズになるのは非常に難しくなります。そうは言っても、おそらく驚くべきことは何もなく、ただのファンサービスのコメディです。

カノコンはずっと良くて新鮮でした。To-LOVE-Ruは、私にとってかなり普通で一般的なもののようでした。より多くのファンサービスがありましたが、その種のファンサービスはむしろ退屈で、本当にクールで面白いものではありません。これのアニメーションは少し良くなり、オープニングソングも良くなりました。エンディング曲は両方のアニメで良かった。キャラクターはかなりスタンダートで退屈でした。しかし、次回予告によると、次のエピソードの方が良いようです。私はそれを見続けますが、今のところはたったの7点です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です