YAWARA! 第1話 海外の反応

あらすじ

スポーツ新聞記者・松田耕作とカメラマン・鴨田は、ある日ひったくりの逃走現場に出くわし、華奢で可憐な女子高生が見事な巴投げでひったくりを投げ飛ばす様を目撃する。ひったくりを投げ飛ばした少女の名は猪熊柔。世界的に著名な柔道家・猪熊滋悟郎の孫娘で、祖父から英才教育を受けた天才柔道家だったが、彼女を「センセーショナルにデビューさせたい」滋悟郎の意向で公式試合はおろか、柔道をしていることすら隠していた。しかし、当の柔はオシャレをしたり、恋をしたりする「普通の女の子」になりたいので、柔道をやめたがっていた。あまりにも強くなり過ぎた柔にライバルの必要性を感じた滋悟郎は、数多くのスポーツで頂点に立った本阿弥さやかを挑発して柔のライバルに仕立て上げ、柔に対抗意識を燃やした彼女は鳴り物入りで柔道デビューする。当初はしらを切っていた滋悟郎だが、テレビでさやかに名指しされたために柔が孫であることを認めつつも日刊エブリーの独占スクープを断る。そこで松田は滋悟郎のテレビ局への売り込みを妨害し、猪熊家をスパイしに来た本阿弥さやかのコーチ風祭進之介に柔が技をかけている現場をスクープした。(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからの反応になります

私は松田記者に感銘を受けました。多くの人がそれらの写真を撮るのに十分速く一緒になることができました; )私はヤワラの男性の好みに感心しませが、彼女の祖父は思いやりのない糞爺です。

最初のエピソードだけに基づいてキャラクターを判断します。ヤワラの祖父は好ましい第一印象を放ちません。

まともな最初のエピソードでした。浦沢先生が作った陽気なアニメは奇妙です。

浦沢先生の作品はハズレが無いので見続けるだけです。

素晴らしいスタート!これが本当に良くなっていることがわかります。いくつかの優れたサイドキャラクターが必要であり、このペースを維持してください!

素晴らしいアートワークだが、ヤワラの祖父は耐えられない。

ジゴロウは本当に迷惑です、彼はヤワラにやりたいことをさせるべきです。
しかし、彼女がそのタイプの男性に恋をするなら彼女も愚かです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です