Masterキートン 第1話 海外の反応

あらすじ

日本人の父親と英国人の母親を持つ主人公平賀=キートン・太一は三つの顔を持つ男。一つ目は名門オックスフォード大学を卒業し、本人のたっての夢である考古学で自説の論文を発表するため、日本の胡桃沢大学に籍を置く「大学講師」。二つ目は元SASのサバイバル教官でフォークランド紛争や、在英イラン大使館人質事件では下士官として活躍したとされる「伝説的マスター」。三つ目が大手保険会社ロイズの下請け「保険調査員」(オプ、つまり探偵)。激しい恋愛の末に学生結婚した妻との間に一人娘である百合子をもうけるも離婚。その痛手から厳しい環境に身を置こうとした結果、大学を休学し英国軍人となった。だが、高い評価や名声とは裏腹に軍隊の現実に耐えられず名誉除隊。その後、相棒のダニエル・オコンネルと知り合い、生活のためロイズの下請け調査員として生計を立てる身となった。大学講師としての評判は芳しくなく、無気力で不真面目な学生たちの前に情熱は空回りし、度々「休講」を重ねる身。日本特有の学閥もあって正当な評価をされない一方、探偵業は順風満帆で次から次へと依頼が舞い込む。その傍らで、英軍の実情を知る「信用の置ける外部の人間」として原隊復帰を求められたり、英軍内における裏事情(主にスキャンダル)の調査依頼を受けるという多忙な日々。

太一の父太平は動物学者。かつては旧日本軍の動物兵器開発に協力させられた身だったが、その半生を悔いて動物(特に犬)に無償の愛情を注ぐ。酒と若い女が大好きでだらしのない性格だがどこか憎めない面を持つ。二代続けて「バツイチ」。しかも元妻には未練がある。そんな父や祖父に考古学を志す百合子は度々ハッパをかける。

冷戦終結前後の社会情勢、考古学、そして平賀家をめぐる人々のドラマを描いた作品である。

✳以下myanimelistからの反応になります


まともなエピソード。このショーは浦沢のアートスタイルを持っています。間違いなくもう好きです。

私は英語の吹き替え版を楽しんだ。キートンの声は穏やかでクールで、元の声よりも意図的です。サポートするキャストでさえ、適切な地域のアクセントがありました。日本語を話す多くのヨーロッパ人よりもはるかに優れています。

エピソードミステリーアプローチはクールかもしれません。作成者が非常に得意であるという理由だけで、全体的なプロットが役立つことを願っています。いずれにせよ、私はむしろこれに関するすべてが好きです。

私はアニメが好きですが、歴史的な不正確さに本当に落胆しました。エピソードの冒頭で、キートン夫人はモロッコの150AD前後に建てられた木星に捧げられた寺院について話しています。それから彼は、神殿を建てる前述の文明はギリシャに起源があると言います…。それは非常に率直に言って、150ADの現在のモロッコの土地はローマ人の入植地でした…。 なぜクリエイターがそのような失敗者を作ることにしたのか、私にはよくわかりません。シリーズにこれ以上の間違いがないことを願っています。

その時までに、ローマの文化はすでにひどくヘレナイ化されていました。ギリシャは、経済、言語、神話/宗教など、多くの面でローマに影響を与えました。ローマの寺院は、この点でギリシャの寺院の影響を大きく受けていたため、建築とスタイルがまったく同じでした。
また、木星はゼウスのローマ版です。それらは両方とも雷/稲妻に関連する「頭」の神であり、同じ起源を共有しています(他の例はクロノスと土星、火星とアレスです)。ローマ人は、古代ギリシアの文化と文明から多くを借用しました。

キートンのデザインはモンスターのテンマ博士に似ていた。アートスタイルは浦沢から来たので、それほど驚くことではありませんでした。:D

武装した4人の男性は、手作りのパチンコに作り上げられた木製のスプーンで男性を倒すことはできませんか?うわー感動しました。とにかくミステリーとキートンが素晴らしい主人公であるという印象を与えました。

私は音楽とアニメの設定が好きですが、うまくいけばプロットも良くなります。これまでのところ、私はそれが好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です