Kanon 第1話 海外の反応

あらすじ

家庭の事情により北国(「雪の街」)の叔母の家に居候することになった相沢祐一。7年前まではよく訪れていたにも関わらず、彼には当時のことが思い出せずにいた。そんな中、彼はそこで出会った5人の少女達と交流を深め、幼い頃の大切な記憶を取り戻していく。

まず、両親の海外赴任に伴い、叔母の水瀬家に居候させてもらうことになり、「雪の街」へ7年ぶりに帰ってくる。そこで「水瀬名雪」に再会する所から物語は始まる。

名雪との関わりあいから、他の各ヒロインに出会っていく流れである。また、様々な事情により、水瀬家に居候をするヒロインも存在する。そして、各ヒロインのルートにおけるストーリーへと繋がっていく。

それから、ヒロインを通じて、過去の記憶を戻していき、その絆を深めていく。また、名雪自身についても、とある事件によるエピソードから信頼関係を戻していくストーリールートもある。

ゲームのルートにおける性質上、詳細は「登場キャラクター」の項目を参照。
(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからの反応になります


うーん…私はカノン2006を最初に見ました。そして、Kanon 2002は2006年版と比べてそれほど良く見えません。エンディングの歌もあまり好きではありません。

私はkanon 2006を見てビジュアルノベルをやりましたが、これは素晴らしいアニメではないようです。kanon 2006は間違いなく優れたアートを持っていますが、私はこれに
気づいた繰り返しがたくさんあったと思います:\

仰るとおりです。しかし、それはカノンのように感じるので、ポジティブに考えて下さい!

カノン初見。これはかなり退屈に思えました。

2006版は多くの面で明らかに優れていますが、それでも2002年版は楽しいものです。

アニメの素晴らしいスタートです。最初にこの2002バージョンを、2006年以降に見ようと思っているので、良い品質から悪い品質への移行という台無しな感じはしません!

この最初のエピソードには、子供時代と現在から集められた素敵なイベントがありました!反抗的に素敵なストーリーを構築できるので、このアニメを始めましょう:D

2つのカノンを比較しないように最善を尽くしますが、2つのカノンの類似点と相違点を見るのは素晴らしいことです。カノンのルーツを見てみるのもいいですね。

私はカノンの2006年バージョンを見て愛していたので、この2002年のカノンのバージョンを試してみようと思ったのですが、最初のエピソードはまあ大丈夫でした…..アートとアニメーションは本当に平凡です。

エピソードの最初の部分を初めて見たとき、彼らはナユキのルートで行くと思っていましたが、それはアユのものであるとわかりました。私はすでにMCに落ち着く三角関係の匂いがします。

猛烈な夏の暑さの中でこれを見ています。ひどい決断?はい、非常に。しかし、私の町は極端な暑さの警告を受けることから一歩離れている間、雪を見るのは素晴らしいことです。

顔はかなりウグゥのようで、伝説のあごが完全に展示されています。それにもかかわらず、コアストーリーはまだここにあり、顔はシーンに応じてまだ無難です。問題は特定のクローズアップとキャラクターが上を向いているときにのみ発生すると思います。私はアートに大丈夫でしたが、気になるのは「最後の悔しさ」が聞こえないことです。インストゥルメンタルバージョンの演奏は時々聞こえますが、ボーカルバージョンはまだ使用されていません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です