HUNTER×HUNTER 第1話 海外の反応

あらすじ

くじら島に住む少年ゴン=フリークスは、幼少期に森でキツネグマに襲われている所をハンターの青年カイトに助けられた。ゴンはこの時、死んだと思われていた父親ジンが生きており、優秀なハンターとして活躍していることを知る。それをきっかけにハンターという職業に憧れを抱いたゴンは、ハンター試験の受験を希望。ジンを快く思っていない里親ミトの出した条件をクリアし、ハンター試験会場へと向かうべく故郷を旅立った。 (ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからの反応になります


うーん、このシリーズを初めて見ました。キャラクターは見るのが本当に楽しいように見え、少年シリーズにしてはかなり見栄えが良いします。始まりはちょっと弱かったが…。

初めて見る人(マンガやアニメの経験がないということ)から、これはかなり堅実なアニメでした。キャラクターや設定が良い感じがしました。これを他の少年パックから切り離すのに余り多くはなかったので、私は見続けることをためらっていますが、私は幽遊白書が好きだったので見る事にします。

現代のアニメが大量のCGを使う中これはかなりクール。EDはとても良いですね。

マッドハウスが最初のシリーズと同じアートスタイルに固執したことを本当に愛しています。ただペースがどれだけ速く動いたかを笑いました。この最初のエピソードでエピソード1から3に飛びました笑。

ゴンとクラピカの演技は本当に楽しかったが、水戸に慣れるのに苦労している。^。^; ゴンのバックグラウンドは少し急ぎすぎたように感じますが、マンガの紹介が彼らにどのように含まれていたかが好きです。
オリジナルはかなりユニークだったので、私はサウンドトラックについて確信がありません。キャラクターのデザインは素晴らしく見え、私はHisokaがEDから際立っていることを気に入っています。このシリーズは、他のほとんどのバトル少年アニメのほとんどよりも優れていると思います。

沢城みゆき以外の誰にも声をかけられなかったクラピカを待っています。

元の時間潰しをすべてスキップしているように見えますが、これは良いことです。ドラゴンボール改は、時間潰しを使用せずにショーを見ることができることを証明しました。

なぜ人々がより速いペーシングを好むのか理解できます(一体、このエピソードを大いに楽しみました)。私は個人的に、ハンター試験の半ばまで元のシリーズに恋をしませんでした。それにもかかわらず、Gonの陽気なキャラクターと自然と特に野生動物との密接な親和性を確立するもの(特にハンターカイト/カイトとの最初の出会い、そしてGingが実際に彼を放棄していないと水戸に言って、彼女自身がGingを作りました残す)私は思う彼のキャラクターを確立するために非常に重要です。

特に最後の部分は本当に行方不明に感じました。それは、ゴンと父親との関係を幾分誤ったものにし、水戸さんが、ゴンが彼を捨てたと言ったときに彼女が嘘をついていることを知っていたからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です