Dr.スランプ アラレちゃん 第1話 海外の反応

概要

当時、東映動画のアニメ映画プロデューサーだった今田智憲が、『Dr.スランプ』のアニメ化を指示。その頃は、主な製作会社はもとより、在京キー局までもがアニメ化権利を巡って争奪戦を繰り広げる状況だったが、多くの出版社は読者がアニメを見て事足りてしまい雑誌や単行本の売れ行きが落ちるのではないかと懸念している時代で、ジャンプ編集部もどちらかといえば乗り気ではなかった。そのような中、当時フジテレビ編成局長の職にあった日枝久が何度も集英社を訪ね熱烈なオファーを続け、テレビ局の局長級幹部も繰り返し訪れたことで、ついには集英社側の経営陣もことの成り行きを傍観していられなくなり、最終的には「もはや、雑誌編集部とテレビ局のアニメ部門の問題ではなく、集英社とフジテレビの全体の問題である」として、事実上の経営判断という形で熱意に応えフジテレビでのアニメ化を許諾した。

本作は、企画の七條敬三が『フクちゃん』に倣い、本作の人気キャラクターであるアラレの名前をタイトルに加えようと提案。中には「Dr.スランプ」を外して「アラレちゃん」というタイトルにする案もあったが、原作タイトルにアラレちゃんを付けた『Dr.スランプ アラレちゃん』に決定した。

アニメ放映の開始は、単行本の大幅な部数増や、派生したキャラクター商品による版権収入など、集英社の想像をはるかに超える莫大な相乗効果を生み出した。それは集英社そのものの業績にまで影響を及ぼすほどの規模であり、これ以後、集英社は自社作品のアニメ化に積極的になり、後続の諸作品についても次々とアニメ化をされてゆくこととなる。また、本作で組まれた「集英社・東映動画・フジテレビ」の組み合わせの放映枠は、本作以後も『ドラゴンボール』『ONE PIECE』と四半世紀を超えて続き、現在でもスポンサーを含む関連各社にとって大きな収益源として機能している。本作以降、1999年の『ドクタースランプ』終了まで、鳥山明原作作品が約18年間フジテレビ系列の水曜夜19時 – 19時30分を占めることとなった。

『週刊少年ジャンプ』1984年39号で原作が連載終了し、原作漫画のネタを使い切った1985年3月以降は、完全なアニメオリジナルストーリーを放送して、テーマソングを変更するなどリニューアルを図ったが、視聴率が20%もいかなくなり、かつてのような勢いを取り戻すことはできなかった。翌年2月、最終回は視聴率27.6%で有終の美を飾り、同じく鳥山原作の『ドラゴンボール』と交代するかたちで放送を終了した。西村繁男の著書、「さらば、わが青春の『少年ジャンプ』」によると、当時の週刊少年ジャンプには、連載1年未満の漫画はアニメ化させないという方針があったため、フジテレビは人気が低迷しても『Dr.スランプ』の放送を継続し、『ドラゴンボール』がアニメ化できるまで待ち続けたとの事。(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからの反応になります


かなり楽しい!鳥山明初期のドラゴンボールの美学も大好きだと思いました。

こりゃ愉快だ。ドラゴンボールの初期の雰囲気を完全に与えてくれますが、冒険ではなくコメディに重点を置いています。実際、私はそれが初期のドラゴンボールのものよりもさらに面白いと感じています!もっと見れることに興奮しました。

キャラクターのデザインがとてもかわいいので、ドラゴンボールをもう一度見たくなりました笑

最初のシーンで主人公の裸で見る汗。FBIに狙われませんように…。

シリーズを見るのは本当に面白い!このアニメはドラゴンボールが存在する前に作成されました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です