BLEACH 第1話 海外の反応

あらすじ

霊感が強い高校生・黒崎一護は、悪霊退治に来た死神・朽木ルキアと出会う。最初は死神の存在を信じなかった一護だが、人の魂を喰らう悪霊・虚(ホロウ)に襲われたことでルキアを信じざるを得なくなる。家族が襲われたことに激昂し虚に立ち向かう一護だったが、普通の高校生が虚に敵うはずもなく、一護を庇ったルキアは重傷を負ってしまう。絶望的な状況下で、ルキアは最後の手段として一護に死神の力の一部を分け与えることを提案し、一護は死神となって虚を退治した。

しかし、一護がルキアの予想以上に死神の力を吸い取ってしまった為、ルキアは死神としての力をほとんど失ってしまう。そこでルキアは、自身の力が回復するまで死神代行を務めるよう一護に迫る。一度は断る一護だが、家族を救ってもらった恩に報いるため、死神代行を引き受け、様々な騒動に巻き込まれていく。

ある日、同級生の石田雨竜が一護に勝負を仕掛け、大量の虚が空座町に現れる事態になってしまう。そんな中、茶渡泰虎、井上織姫の2人が隠された能力を発揮することとなる。(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからの反応になります


かなり良いスタート、面白いコンセプト、そして私は実際に話のペースがとても好きです!

私はこのアニメに期待をかけなかったのですが、次も見たいと思ったのでうれしいです^^ ……私はそれがナルトのようにならないことを願っています:p(大のナルト嫌いxD)

まともなスタートだと思いました。たった1つのエピソードで多くの情報を得ましたが、それは常に良いことだと思います。このペースで続けると、このアニメは本当に良いかもしれません。

彼女は一護を救おうとした..しかし、彼女が所有されたことも私を驚かせる。

私はストーリーとキャラクター、特にルキアに本当に興味を持ちました。

最初のエピソードでは、霊、魂、死後の世界、魂の死神、魂の社会、全体と窪みについて学び、2人の主人公とその運命の「絆」につながるイベントを紹介する必要があります。この最初のエピソードでプロットの基礎を把握することはとても重要です。非常に興味深く、物事がどのように発展するか楽しみにしています。

私はいつもBleachでかなり怠慢でした。なぜなら、それは500エピソード(誇張)があり、そのような巨大なショーに入る時間がないからです。しかし今はなぜそんなに人気があるのか​​、完全に理解できます!アート、前提、ユーモア、キャラクターはすべて、特に長期にわたる少年アニメにとっては非常に優れています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です