異種族レビュアーズ 海外レビュー

作品解説

天原が同人時代に制作していた『モン娘ソープ街』および『異種風俗ソープレビュー』などが元型になっており、人間やエルフ、妖精、獣人などあらゆる種族が共生する世界を舞台に、主人公であるレビュアーたちが、エルフや妖精がはたらく風俗店で受けたサービスをクロスレビューで評価するストーリー。

作中の世界観では、あくまで売春は禁止されているが、淫魔であるサキュバスやインキュバスに限っては風俗店(サキュバス店、または淫魔店)での営業活動が許されている。そういった大人の事情から、風俗嬢は全員サキュバスやインキュバスとのハーフ、「サキュバス嬢(略称は「サキュ嬢」)」「インキュバスボーイ(通称は「淫棒」)」であるという建前で性サービス業を行っている。ただし家系を遡ればサキュバスの血が入っていない者はいないとか。
2020年1月より放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります


総合評価9

数回のエピソードの直後に、これが史上最高のEcchiの1つになることはすでにわかりました!

ストーリー:それは非常に異なるプロットを持ち、全体的に非常にクールなものです。基本的には、世界で最高の売春宿を探し出し、それらについてレビューを書く冒険家についてのショーです。ショーは非常に露骨で、基本的にポルノですが、それは私の意見ではそれが良くなるだけです。これは、高校DXD、新約聖書の新妹魔王、キスXシスなどの他の人気のあるEcchiよりもずっと明確です。

アート:美しいアートとアニメーション、特にセクシーな女性を描くとき。

サウンド:多くのスケベなノイズlol

キャラクター:素晴らしいキャラクターデザイン

楽しみ:これは誰でも楽しむことができます。エッチな10代の少年から退屈な大人まで。

全体:素晴らしいヘンタイ/アニメと私は強くお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です