放課後さいころ倶楽部 海外レビュー

概要

『放課後さいころ倶楽部』(ほうかごさいころくらぶ)は、中道裕大による日本の漫画作品。『ゲッサン』(小学館)にて、2013年4月号より連載。京都のとある高校を舞台に、アナログゲームを通じて成長していく少女たちの姿を描く。

作者によれば、アナログゲームのみをテーマとした漫画は知名度が低いとの理由から編集部の反応が悪く、一旦不採用になっていた。そのため女子高生のコンビが毎回様々なホビーを体験する漫画としてネームを作り始め、第1話で綾と美姫が出会い、第2話でアナログゲームが登場したものの、第3話の内容が定まらず、ボルダリングや茶道、カラオケなど様々なテーマで何度も書き直したもののことごとく没となったという。結局編集長より「君が好きなアナログゲーム一本で」との許可が出たため、タイトルも『放課後さいころ倶楽部』と決まった。第1話ではアナログゲームが出てこないのはその名残とのこと。

基本的に実在のゲームが1話につき1本登場。登場人物がゲームをプレイするシーンがあり、簡単なルール説明とそのゲームを通じて浮き出る登場人物の友情や恋愛感情といった心情が描かれる。単行本では話の後に作者の知人である丸田康司(アナログゲームショップ「すごろくや」店主)による登場したゲームの解説コラムが掲載されている。

当初は綾と美姫、翠の3名がメインだったが、第30話でアナログゲームの本場であるドイツから来日したエミーリアも加わり4人組となる。そして綾たちが進級して2年生となる直前の第45話(7巻ラスト)でいったんストーリーに区切りがつき、第46話以降は新1年生である奈央と環菜が新たに加わり、2年生に進級したそれまでの登場人物も交えた群像劇となっている。(ウィキペディアより引用)
2019年10月より放送

✳以下myanimelistからのレビューになります


総合評価10

季節の過小評価されている宝石。健全なアニメ。

放課後サイコロダイスクラブは、品質、陰謀、方向などに関してあなたを吹き飛ばすアニメではありません。しかし、それが得意とするのは、非常にリラックスして楽しい時間であり、それが私から10を獲得する理由です。私はシリーズの全体的な楽しさに基づいて評価を行います。他のレビューで見られるような非常に複雑なことは気にしません。これで方法はなくなりましたので、シリーズの説明に入りましょう。

サイコロクラブは、最近京都に引っ越して新しい友人を探していたアヤから始まり、京都の出身者が友人やつながりを作るのに苦労していましたが、シリーズのMCであるミキに出会います。二人は友達になって絆を深め、ある日、ゲームショップに立ち寄って店の内容をチェックします。そのため、クラスの代表である緑と友達になり、アートに恋をします。ボードゲームの。

各エピソードは、グループをたどり、学校を通り、新しいボードゲームについて調べます。これは基本的にこれまでのところプロットであり、それほど多くは思えないかもしれませんが、私が本当に面白いと思うのは、これが私から10を得た理由は、このシリーズを通して非常に多くの新しいゲームや趣味について学ぶことができるという事実です。私は実際に結果として将cardsやカードをプレイするようになりました。うつ病に苦しんでいる人として、素敵なリラックスしたアニメを楽しむことはとてもクールなペースの変化です。

アートはゴージャスで本当に明るく、音楽はよくできていて、キャラクターのデザインは素晴らしく、マンガよりもはるかに優れており、全体的にシリーズを本当に楽しんでいます。このシリーズは、今シーズンのセンコさんと考えてください。実際のプロットではあまりありませんが、それは萌えの毛羽立ちです。あなたが私に尋ねると、私たちは最近、その多くを使うことができます。

総合評価9

なぜこのショーはそれ以上の注目とレビューを集めていないのですか?私はこれに非常に混乱しているので、その理由を説明しておきましょう。まず、シーズンのこの時点から「シーズンの終わりまで」にレビューが変わるとは思いません。それは非常に一貫性があり、率直に言って、ストーリーテリング、アニメーション、(平凡な)サウンドデザイン、その他何でも、その全体的な感触の基準を維持し続けることは私の人生にほとんど賭けていました。(このビットを編集し、ショーの終了時にイントロを出力します。それは、私にとって「キーパー」になると確信しているからです)。
ボードゲームに対する「初心者」の情熱を蘇らせたい気分になったら、ファンジーのためにこのショーを再視聴することになると確信しています-ダンジョンペットは私のイントロですボードゲーム:3。調べてみてください!これはトップ10の種類です、もっとたくさんの人とボードゲームをプレイするという私の野望を満たしながら!

事は次のとおりです。私はこのショーに非常に多くのことを話すことができます。私は年長の男(25歳以上、k?)であり、「「取るに足りない」知的接続性の瞬間を経験することは、通常の「結合」の試みで実現するのは本当に難しいことです。…ボードゲームはここで特別なものです。大人が実際に楽しむ「取るに足らない、知的活動」です。…ボードゲームは大いに過小評価されています!

このレビューの設定については十分に説明しましたので、実際のショー/アニメについて話しましょう。

ショーの50%はボードゲームとその「新しい詩の複雑さ」に関するものです。他の50%は、「強烈なボードゲーム」の間に感じる美しさ、芸術的な熱意、そして同胞愛をゆっくりと理解することです。あなたが「経験を共有している」人々の個性。あなたが見るように、「ボードゲーム」の創意工夫と制限は、あなたの「自分の」人格がその紛れもないマークを残す機会を残します!Houkago Saikoro Clubは、ボードゲームが注意深くあなたを導く「想像力」+「革新」+「制限」という酒に酔った性質のすべての人々に、この趣味の中核的な側面を提供します。これを何度も見ながら、彼らがプレイしているゲーム(特にエピソード7の「島」)を注文したいと思いました。

放課後サイコロクラブはボードゲームの単なる広告ではありません。ボードゲームをプレイする/楽しむ人のスティグマと「一般的なステレオタイプ」を同時に扱うのは、趣味への愛の手紙です。

まあ:私はそのように言いますが、私たちの主人公はとてもリアルで、すべてが「トロピー」ではありません。彼女がこれらのボードゲームを通して形成する関係と相互作用を通して自分自身を見つけるとき、彼女が許容できる方法で成長するので、私はこれが本当に好きです(それはちょうど「ボードゲーム」であることを意味するショーの合計プロットのねじれです)。このようなショーに参加しているキャラクターがかなりの深さを持っていることは非常に予想外です。つまり、50:50だったと言いましたね。それがポイントです:このようにショーが「芸術を見せること」に専念している場合、それぞれのキャラクターが互いに並んで成長するのを見る時間を想像してください。:3

事は:私は「ボードゲーム」の側面について話す個人的な議題を持っています-しかし、キャラクター、「個人的かつ有意義な」放課後サイコロクラブの見通しはボードゲームの側面にスポットライトを取ります…彼らが「ボードゲームの芸術」にどのように取り組んだかを非常に誇りに思っています、キャラクターは何でもありますが、「最後の最後のスローイン」です!ヘック、私たちのMCは、多くの人の中で成長を経験する1つのキャラクターですが、ボードゲームは、天使の主人公に対する「文字通り(多くの種類の)成長のサプリメントです」-それは非常によく考案されていますこの正確な芸術作品によって〜私のように〜動かされていない人々の数に非常に失望している著者/スクリーンライター!

事実は次のとおりです。品質は一貫しており、キャラクター構築は継続的で予測不可能であり、アートワークは非常に公平で楽しいものであり、「メッセージ」は健全で現実的(哲学的に言えば!)であり、ショーはシンプルなゲームからハードなゲームまで構築されますだけでなく、単純な関係から複雑な関係まで-すべては、主人公の成長と自己発見を伴います。

真面目な話:このショーはまったくの「カルト傑作」ではないのですか?!9/10-技術的には「インスピレーションとユニークさ、そして完璧なアレンジとプレゼンテーション」だからですが、…それを他のものと比較するのは「時代の傑作」ではありません大ヒット」-しかし、これを意図したことはなく、常に異なる「野心地帯」にありました。言い換えれば、試してみたかったもの(おそらく「7/10」)、9/10の基準をわずかに見逃すこと(文化的にサポートされ、その中盤ボードゲームをどれだけうまく推進したか) 、放課後サイコロ倶楽部がなんとかして成功したことは絶対に信じられません!… 8/10であろうと9/10であろうと、「競合他社」の誰もほとんど達成できないことを成し遂げるために「ボーナスポイント」を贈らなければなりません…

当然です:9/10。これは変わりません。最初から最後まで絶対に「インスピレーションを受けた」素晴らしいショー!えーと、おそらくゲームについてどう思いますか?:D

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です