ありふれた職業で世界最強 海外レビュー

あらすじ

いじめられっ子のオタクである高校生、南雲ハジメはクラスメイトと共に異世界トータスへと召喚される。次々に戦闘向けのチート能力を手に入れたクラスメイトとは裏腹に、ハジメの得た力は非戦闘向けの「錬成師」という地味な能力だった。「無能」の烙印を押されイジメを受けながらも、どうにか皆の役に立つために座学や読書などで知識を蓄えていくハジメ。そんな彼の元にクラスメイトの白崎香織が部屋を訪ねる。香織はハジメが消えてしまう悪夢を見てしまい、胸騒ぎがしてハジメにオルクス大迷宮の攻略に参加しないように説得する。そんな彼女を安心させるためにハジメは香織に守ってもらうことを約束し、攻略に参加することを決意する。翌日、オルクス大迷宮にやってきたクラスメイト一行。20層までは無事に進めたが、偶々発見したグランツ鉱石という綺麗な鉱石を香織のために取ろうとした檜山大介の不注意によって、罠が起動してしまう。橋のような場所に転移させられたクラスメイトの前に突如、前方に65層の魔物・ベヒモス、後方に無数のトラウムソルジャーが出現しクラスメイト達は窮地に追い込まれる。時間稼ぎのために、単身ベヒモスへ挑み錬成師の力を駆使して足止めをするハジメ。クラスメイト達がトラウムソルジャーを撃退して退路ができたことでハジメは戦線を離脱しようとするが、先日香織と仲睦まじげに話すハジメの様子に嫉妬していた檜山はハジメに向けて火球の魔法をぶつける。檜山の悪意によって橋の崩落に巻き込まれたハジメはオルクス大迷宮の奈落の底へ突き落とされてしまう。
2019年7月より放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります


総合評価8

ほとんどの人は、第1 epが権力で奮闘し続けるよりも権力闘争であるというシリーズを本当に嫌っているようです。アニメのMCが2秒で途方もなくOPを獲得するのは論理的ではないことは否定しませんが、ほとんどの人は何が起こるかを待つ前に判断していると思います。彼は第5エピソードの終わりで言及したように、彼は神レベルの脅威に直面することになる可能性があります。異端者としてはい、彼は現状のままでOPですが、彼は神に滅ぼされる可能性があります。それに加えて、このアニメはあなたにファンサービスを提供します(それはロマンスの充実です)、そしてほとんどのショー。ほとんどのショーは最後まであなたをつなぎ、それがどうなるかを正確に見せないことさえあります。(シールドヒーローは私が言っていることの良い例です、Raph x Naofumi)PS 彼が今恋をしているという事実のために、それが変わらないという意味ではありません。彼のクラスメートが彼と再会したとき、彼に真剣に恋をする前に見たように、それはロリのために火花が飛ぶことを意味する可能性があります。誰もがアニメの製作者の喉から飛び降りる前に待つことをお勧めします。ショーのゴミ/かなり不合理に見えるものも呼びます。将来を予測する前に、何が起こるかを見てから、それを悪いアニメとして消してください。

総合評価8

エピソード6の要約エピソードであるA RECAP EPISODEを除いて、良いアニメです。なぜ彼らはそのような時間を無駄にしますか。ファンタジーの設定と主人公が好きです。彼は実際にopです。良いアニメは最高ではなく良いです。
戦闘シーンは本当にクールです。かわいいロリと真剣に暗いターン。THICCバニーガールとの血と流血。
エピソード1から5までは、驚くほど素晴らしいエピソード6がコロサルレベルのゴミです。彼らが総括エピソードを置く理由は私を超えており、最初に少し余分なものを追加しますが、それはそれです、それは40秒間続きますそれは
それです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です