戦姫絶唱シンフォギアXV 海外レビュー

あらすじ

神の力を以ってして、
神そのものを討ち斃さんとした原初のヒトガタ、アダム・ヴァイスハウプトは、
サンジェルマンたちの理想の源パワーソースである
ラピス・フィロソフィカスにて黄金錬成されたシンフォギアによって撃槍される。

暗躍してきたパヴァリア光明結社はここに瓦解し、
その残党は、各国機関の活躍によって追い詰められていくのであった。

そして――
追い詰められているのはパヴァリア光明結社だけではない。

かつての超大国アメリカもまた、
日本に向けた反応兵器の発射事実を非難・追及され、国際社会からの孤立を招いていた。

閉塞した状況は、新たな世界規模闘争の火種にもなりかねないため、
速やかなる政治的解決が望まれているが、
複雑に絡む国家間の思惑は軋みをあげるばかりで、遅々として進んでいない。

当該国である日本も、
アメリカとの協調政策を打ち出して関係修復をアピールしているものの、
どこかうすら寒い表面的なムードに終始して、局面打開には至っていない。

いまだ見えない世界の行く末。

さらに、張りつめた空気はここにも。

都内ランドマーク各所が一望できる、
デートスポットとしても人気の大観覧車のゴンドラに乗っているのは、
私立リディアン音楽院に通う高校生、立花 響と小日向 未来。

ふたりが手にした鯛焼きは白玉入りであり、絶品。
甘すぎず、まるでぜんざいもかくやという口当たりの餡は申し分が無かった。

それでも、ふたりの間に緊張が走るのは、
何の気なしに未来が響に発した、問い掛けに始まるものであった。

返答に窮した響の胸の奥にあるものは、果たして。

過去から現在に向けて紡がれたいくつもの物語は、XVに集束していく。

聖骸を巡る攻防は、どこまでも真夏の只中。

はじける湖面を舞台に、少女たちの歌声が輝きを放つ。
(公式サイトより引用)第5期:2019年7月より放送

✳以下myanimelistからのレビューになります


総合評価10

Symphogearのファンはここにいるので、公平なレビューを期待しないでください。完結主義者の地獄であるか、意志に反して見ざるを得ない場合(完全ではない) Symphogearのファンが他の人に見てもらおうとする強烈さを考えれば、非現実的なシナリオです。

ストーリー:7/10
XVの物語は、シンフォギアの「より多くの同じ」がより多くのバタバタ狂気と過剰なアクションと悪口を意味するので、同じですが完全に予測不可能です。あまりにもネタバレすることなく、今シーズンは何らかの形や形で前シーズンの悪役やキャラクターと結びついているが、シンフォギアを止めようとする独自の独立した動機を持っている新しい悪役を得ることができます。AXZのように、3人のライバルの女の子のセットを取得しますが、実際には彼らが犯した犯罪のいくつかほど悪ではなく、最終的には主人公と友達になるかもしれないと示唆されています。これは、アクション満載の魔法少女ショーのコースにかなり匹敵します。それ以外には、何も台無しにしたり、私が何について話しているのか分からないまま、私が言えることはあまりありません。しない Symphogearを見て深いストーリーを分析し、誇大宣伝するのを見て、正直なところ、物事が必ずしも意味をなさないか、ストーリーに多少の混乱があるかどうかは気にしません。シンフォギアは純粋な誇大広告と狂気であり、ただ乗車に同行するという考え方で入るのが最善です。

キャラクター:10/10 Symphogear
のメインユーザー6人とサポートキャストは、以前のシーズンからすでに確立されています。前のシーズンと同様に、各女の子は自分のバトルソングを手に入れ、友情の力を使ってケツを蹴ります。サイドキャラクターは、時折漫画を救う源十郎のように仕事を続けます。今シーズン、ミクは以前のものよりも大きな役割を果たしているように見えますが、それはまだ見ていません。

アートとアニメーション:10/10
これは簡単な10のGからのSymphogearであり、それ以降、アニメーションのアクションシーケンスに関しては常に視覚的に最も印象的なショーの1つです。キャラクターの攻撃のすべての背後にある力と強さを感じることができ、戦いは常によく振り付けられています。このシーズンの変身シーケンスは、私が今まで見た中で最高の魔法少女の変身であり、前のシンフォギアシーズンでの驚くべき変革でもトップです。それらを見ると、私は誇大広告を受け、少女たちは深刻な尻を蹴る準備ができているように見えます。

サウンド:9/10
Symphogearの音楽は今でも素晴らしく、女の子の歌は常に画面上で起こっている狂気にふさわしいサウンドトラックを提供します。いつものように、歌いながら攻撃を受けたり、攻撃に多くのエネルギーを投入しなければならない場合、声でそれが聞こえます。音がまだ10ではない唯一の理由は、Symphogearのトップ5曲に入れた曲を今シーズンまだ聴いていないからです。そのうちの1つが私を成長させるか、新しいものが私を吹き飛ばすかもしれませんが、今のシーズンではGXとAXZのお気に入りの曲に匹敵するものはありません。点火されたアレンジも本当に恋しくて、今シーズンもそれらを手に入れることはできないようです。

楽しさ:10/10
Symphogearは私が今まで見た中で最も誇大広告であり、最も最悪なアニメであり、これまでのところXVは私を少しも失望させませんでした。

まだ放送されていないシリーズに10を与えたことはありませんが、前シーズンの4つのうち3つを10にしたので、Symphogearに大きな信頼を寄せています(GXはSymphogearによって少しペースが遅いため9 Symphogearの標準によって少しペースが遅くても、通常の標準によって少しペースが遅くなるわけではないことにも注意してください。

あなたがSymphogearのファンなら、今シーズンも以前と同じくらい好きになる可能性が非常に高いでしょう。そうでない場合は、おそらくこの時点で自分自身を強制するか、Symphogearを見るように強制されているので、私はあなたを止めることはできません。Symphogearをまだ視聴していない場合は、今シーズン1から始めて、この誇大広告が何であるか、ショーがあなたに合っているかどうかを確認してください!

Symphogearは私のお気に入りのアクションアニメであり、純粋な悪意と狂気を提供することに関してはまだ私を失望させませんでした(キュートな女の子を主人公としてフィーチャーし、横にゆり船の餌を食べるというボーナスがあります)。あなたが同じようにリモートでさえ感じるなら、私もそれが今シーズンあなたを失望させるだろうとは思わない!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です