魔王様、リトライ! 海外レビュー

あらすじ

ゲーム運営者の社会人「大野晶」は気づくと異世界の森におり、そこでは自分の作成したプレイヤーキャラクターの魔王「九内伯斗」の姿になっていた。その状況に混乱する伯斗だが、森の中で怪物に襲われていた「アク」という少女を助ける。伯斗はこの世界の情報を知るために、アクを連れて旅に出る。
2019年7月 – 9月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります


総合評価8

季節ごとに絶え間なく送り出されている独創的な伊勢海の適応にうんざりしていませんか?MALフォーラムでのごみのせかいについての不満を言うのに、毎日40分かかりますか?じゃあ、見ないで。真剣に、なぜそれらを見ているのですか?ストーン博士またはビンランド・サガを見に行きます。今シーズン、見たいアニメはたくさんあります。

とにかく、マオウ様、リトライ!この死にかけているジャンルの救世主です。皮肉なことにごみであるイセカイがある世界では、マオウ様は皮肉なごみです。この番組は文字通りKonoSubaで​​すが、2歳の子供たちによってアニメ化されました。マオウ様は明らかにそれがどれほど悪いかを自覚しています。Overlord、Re:Zero、Steins; Gateなどのショーを継続的に参照しています。

真剣に、私は本当の人間がこの適応について不平を言うことができるとは信じられません。EKACHI EPILKAに他に何を適応させたいですか?小規模で資金も少ないこのスタジオが、優れたソース素材ではなくイセカイトラッシュを採用していることを安心してください。

とにかく、これは私がしばらく見た中で最も面白いものの1つであり、かわいいロリがありますので、高いスコアを取得します。「アニメーション」を笑うことで得られる大きな楽しみもあります。

総合評価7

このショーを擁護するのは奇妙に感じます。それ以上に、合理的な定義ではかなりひどいです。それは基本的にオーバーロードのリッピングであり、経験のあるプレイヤーが死にかけているMMOに吸い込まれているのと同じテーマでプレイし、新しい世界と彼自身が作成したとんでもないペルソナ/ゲームワールド要素に適応しなければなりません。それは非常に安価にアニメーション化され、制作されており、伊勢海のチートマジシャンのように無色で哀れなものではありませんが、それでもかなり悪いです。

一方で、それは非常に自己認識的であり、それがいかに意図的に愚かで若々しいかについて、本当にヒステリックです。人々が完全に見逃しているのは、中学校レベルの主人公のペルソナのファンタジーであり、「イセカイ」された後に彼が遭遇するものは、ショーがクールとして売ろうとしているものではないと思います。その大部分は、主人公の見当違いの創作であり、彼が愚かな、鋭いティーンエイジャーだったときに作られたものです。惑星サイズの恥ずかしさは、今生きなければなりません。くだらないビデオゲームでしか意味をなさないが、すべての論理と理由に反して突然命を吹き込まれる、不条理で折、的な混乱。燃えている列車の残骸は、あなたのすべてのより良い本能にもかかわらず、あなたの目を離すことはできません。

このシリーズが実際のプロットまたはステークスを生成するかどうかはわかりません。私もそれがしたいかどうかはわかりません。それは完全に愚かで無意味であることは絶対に栄光であり、私はそれが大好きです。もっと持って来い。*。*

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です