幼女戦記 劇場版 海外レビュー

あらすじ

少佐率いる、帝国軍第二〇三航空魔導大隊は、南方大陸にて共和国軍残党を相手取る戦役を征す。 凱旋休暇を期待していた彼らだが、本国で待ち受けていたのは、参謀本部の特命であった。 曰く、『連邦国境付近にて、大規模動員の兆しあり』。新たな巨人の目覚めを前に、なりふり構わぬ帝国軍は、自ずと戦果を拡大してゆく…… 時を同じく、連邦内部に連合王国主導の多国籍義勇軍が足を踏み入れる。敵の敵は、親愛なる友。 国家理性に導かれ、数奇な運命をたどる彼らの中には、一人の少女がいた。メアリー・スー准尉。父を殺した帝国に対する正義を求め、彼女は銃を取る。
2019年2月8日公開(公式サイトより引用)


✳以下myanimelistからのレビューになります

“幼女戦記 劇場版 海外レビュー” の続きを読む

通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さんは好きですか? 海外レビュー

あらすじ

主人公・大好真人は若過ぎる見た目の実母・真々子を「母親」と思えず苦手意識を持っていた。典型的な思春期の息子だったことと、学校で行った内閣の匿名アンケートに名前を書いてしまい特定しやすいということから内閣府の調査員・白瀬真澄に目をつけられ、開発中のオンラインゲーム「MMMMMORPG(仮)」のテスターとして強制参加させられてしまう。謎の技術によってファンタジーなゲーム世界へと連れてこられ、これから始まる冒険に胸を躍らせる真人だったが、実はこれは母親同伴という条件付きだった。目的は母子の仲直り。そのため母子同伴という条件がついていた。
ゲームやファンタジーモノの「お約束」を知らない真々子に真人は頭を痛めつつ、常道に乗っ取って仲間を募集した結果、真々子による面接が行われることに。テスターである旅商人のポータと(自称)超絶賢者のワイズが一行に加わった。
2019年7月より放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さんは好きですか? 海外レビュー” の続きを読む

とある科学の一方通行 海外レビュー

あらすじ

東京都の西側3分の1の規模、総人口230万人のうち8割を学生が占める「学園都市」。その学園都市でも7人しかいない「超能力者(レベル5)」の1人であり、学園都市最強の超能力者「一方通行(アクセラレータ)」は、「打ち止め(ラストオーダー)」を救った代償として脳に損傷を負い、入院生活を余儀なくさせられていた。
2019年7月より放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“とある科学の一方通行 海外レビュー” の続きを読む

まちカドまぞく 海外レビュー

あらすじ

家族と共に家賃の安いアパートに住む女子高生、吉田優子は、幼い頃から病弱で家がとても貧しいこと以外、ごく普通の女子高生を自認していたが、ある日角としっぽが生えて闇の一族「まぞく」としての力に覚醒する。優子は、母親から自分がまぞくの血筋であることを知らされ、シャドウミストレス優子(シャミ子)という活動名を授かり、ハニワの置物に封印されていたメソポタミア文明時代のご先祖(リリス)からは、光の一族の巫女=魔法少女を倒すという使命を任せられる。吉田家が貧しいのは永きに渡る光の勢力との戦いに敗れ続けた結果であり、出稼ぎから帰ってこないとされている父親も、実は魔法少女によって、吉田家で机代わりになっているミカン箱に封印されていた。

しかし生まれつき病弱で、人並み以下の戦闘能力しか持たないシャミ子は、近所で偶然見かけた魔法少女の千代田桃が、走ってきたダンプカーを片手で受け止めるのを目の当たりにして戦意を喪失する。シャミ子は、クラスメイトの佐田杏里の紹介で、桃が同じ高校の生徒であることを知らされ戦いを挑むが、ドジで虚弱なシャミ子と、既に世界を救った経験もあるという桃では、勝負の体裁にすらならない。それ以来、シャミ子は桃との勝負やまぞくとしての務めに悪戦苦闘を重ねて、桃に借りを作り続ける毎日を送っていた。不本意ながら宿敵であるはずの桃と次第に親しくなっていくシャミ子だが、実はシャミ子と桃の間には先代からの因縁があり、シャミ子が生まれつき病弱な理由、吉田家の父親がミカン箱に封印されている理由、桃が探している義理の姉の行方、近所の商店街で人気のゆるキャラの出自、シャミ子のアルバイト先の人々……といった様々な事柄は、全て一つの線で繋がっていた。
2019年7月より放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“まちカドまぞく 海外レビュー” の続きを読む

ギヴン 海外レビュー

あらすじ

高校生にして優れたギターの腕前をもつ上ノ山立夏は、高校で佐藤真冬が持っていたギターの弦を張り替えたことが切っ掛けで、真冬からギターを教えてもらうように頼まれる。初めは渋っていた上ノ山だったが、真冬の天才的な歌声を耳にしたことで考えを翻し、中山春樹や梶秋彦と共に組んでいたインストバンドに真冬を引き込む。

初ライブを目指して動き出したバンドだったが、上ノ山は真冬が中学生時代に交際相手を自殺で失い、その相手を引きずっていることに嫉妬を覚え、真冬に対する好意を自覚する。一方、作詞を任された真冬は彼氏が自殺した原因が自分の放った言葉にあるとする思いから、詞を書き出すことに抵抗を感じる。そして迎えたライブ本番で、真冬は自分の気持ちに正直になり、歌詞を即興で歌い上げたことでライブは盛況の内に成功する。ライブ後、上ノ山と真冬は互いに対する好意を認識し、晴れて2人は交際を開始する。
2019年7月 – 9月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ギヴン 海外レビュー” の続きを読む

コップクラフト 海外レビュー

あらすじ

15年前、太平洋上に突如として出現した謎の超空間ゲート群。「ミラージュ・ゲート」と呼ばれるその通路の先にあったのはレト・セマーニという異世界だった。ミルディと呼ばれる魔法や魔物が存在するその世界の住人と、地球人は何度かの争いを経ながらも、ゲートと共に太平洋上に現れたカリアエナ島にある「サンテレサ市」を中立地帯として、200万を越える両世界の移民が住む都市となっていた。だがその混沌の街の影には、連続猟奇殺人事件、人身売買、麻薬、売春、武器密売など数々な凶悪犯罪が蠢いていた。
カリアエナ島サンテレサ市警に勤めるケイ・マトバ巡査部長は、レト・セマーニで誘拐された麻薬の原料となる妖精を追っての捜査中に、相棒のリックを殺されてしまう。復讐に燃えるマトバだが、レト・セマーニからやってきた見習い騎士のティラナ・エクセディリカと新たにコンビを組み、事件を合同捜査するように命じられる。当初は双方共に相棒に対して反発しあうが、捜査を進めるにつれて次第に互いの力量を認めあうようになり、相棒としての絆が芽生えていく。
2019年7月より放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“コップクラフト 海外レビュー” の続きを読む

ありふれた職業で世界最強 海外レビュー

あらすじ

いじめられっ子のオタクである高校生、南雲ハジメはクラスメイトと共に異世界トータスへと召喚される。次々に戦闘向けのチート能力を手に入れたクラスメイトとは裏腹に、ハジメの得た力は非戦闘向けの「錬成師」という地味な能力だった。「無能」の烙印を押されイジメを受けながらも、どうにか皆の役に立つために座学や読書などで知識を蓄えていくハジメ。そんな彼の元にクラスメイトの白崎香織が部屋を訪ねる。香織はハジメが消えてしまう悪夢を見てしまい、胸騒ぎがしてハジメにオルクス大迷宮の攻略に参加しないように説得する。そんな彼女を安心させるためにハジメは香織に守ってもらうことを約束し、攻略に参加することを決意する。翌日、オルクス大迷宮にやってきたクラスメイト一行。20層までは無事に進めたが、偶々発見したグランツ鉱石という綺麗な鉱石を香織のために取ろうとした檜山大介の不注意によって、罠が起動してしまう。橋のような場所に転移させられたクラスメイトの前に突如、前方に65層の魔物・ベヒモス、後方に無数のトラウムソルジャーが出現しクラスメイト達は窮地に追い込まれる。時間稼ぎのために、単身ベヒモスへ挑み錬成師の力を駆使して足止めをするハジメ。クラスメイト達がトラウムソルジャーを撃退して退路ができたことでハジメは戦線を離脱しようとするが、先日香織と仲睦まじげに話すハジメの様子に嫉妬していた檜山はハジメに向けて火球の魔法をぶつける。檜山の悪意によって橋の崩落に巻き込まれたハジメはオルクス大迷宮の奈落の底へ突き落とされてしまう。
2019年7月より放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ありふれた職業で世界最強 海外レビュー” の続きを読む

胡蝶綺 若き信長 海外レビュー

概要

『胡蝶綺 〜若き信長〜』(こちょうき わかきのぶなが)は、スタジオディーン制作による日本のテレビアニメ作品。2019年7月よりAT-Xほかにて放送中。

戦国自体を中心に描かれやすい織田信長が主要となる作品の中で、元服前後(1546年)である10代前後の時、その身に起こったとされる出来事を元にした、歴史フィクション作品(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“胡蝶綺 若き信長 海外レビュー” の続きを読む

可愛ければ変態でも好きになってくれますか? 海外レビュー

あらすじ

主人公・桐生 慧輝は、生まれて初めてラブレターを受け取る。
そのラブレターには、差出人名は記されていなかったものの、女物の白いパンツが添えられていた。
慧輝は自分の周囲にいる少女たちの中から差出人を突き止めることにした。

慧輝は自分の周りの少女たちが変態だらけであることにあきれつつも、差出人捜しを続ける。そんな中、生徒会副会長の彩乃が慧輝に近づく。

夏休みのある日、書道部の面々は、優待券を手に隣町のプールに遊びに行く。

夏休み後半、慧輝は瑞葉からの猛烈な恋愛表現に嫌気がさし、家を飛び出すも、行く当てがなかったため、結局戻ってくる。
そして、瑞葉もまた変態であることが判明するのであった。

慧輝は、自分に好意を寄せてくる少女たちから変態性をなくせばよいと考え、行動に移す。

書道部は、生徒会から活動実績が無いことを指摘された上、部費の使い込みも発覚した。慧輝は、生徒会の人質として臨時役員にされてしまう。

書道部の面々は、生徒会から使い込み分の返済を命じられ、文化祭でメイド喫茶を運営することにした。
2019年7月より放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“可愛ければ変態でも好きになってくれますか? 海外レビュー” の続きを読む

ヴィンランド・サガ 海外レビュー

あらすじ

物語は10年前、1002年のアイスランドにさかのぼる。アイスランドはノルウェー王の統治を嫌う人々がスカンディナヴィア半島から移り住んできた土地で、強い戦士に憧れる少年トルフィンは、頼りがいのある逞しい父トールズと、病弱だが優しい母ヘルガ、年の離れた働き者の姉ユルヴァとともに貧しいながらも平和に暮らしていた。父の友人、船乗りのレイフから様々な冒険譚を聞き、はるかな「ヴィンランド」に憧れるトルフィン。
そんなある日、北海最強の戦闘集団 ヨーム戦士団のフローキが現れる。トールズは実は昔、「戦鬼(トロル)」の名で恐れられ、ヨーム戦士団の大隊長を務めていたが、ある日突然、首領シグヴァルディの娘のヘルガとともに姿を消していたのである。フローキはトールズの出奔を不問に付すかわりにイングランドとの戦に参加せよ、という首領の命を伝える。島民の身柄を押さえられたトールズはそれに応じ、数名の若者と友人レイフとともに本土との中継地点であるフェロー諸島を目指すことになった。これを知った少年トルフィンは、戦いへのあこがれから父に黙って勝手についてきてしまう。
放送期間2019年7月8日より放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ヴィンランド・サガ 海外レビュー” の続きを読む

ビジネスフィッシュ 海外レビュー

概要

ビジネスフィッシュは株式会社クオンが制作する体は人間、頭は魚のサラリーマンのキャラクター。Facebookメッセンジャーのスタンプは世界で約2.5億ダウンロードされており、FacebookページやTikTokでも親しまれている。

2019年7月からテレビアニメがTOKYO MX、BS11、Huluで放送、配信中(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ビジネスフィッシュ 海外レビュー” の続きを読む

からかい上手の高木さん2 海外レビュー

作風

中学校の同級生同士である「西片」と「高木さん」のやりとりを描くラブコメディ。高木さんが西片をからかい、西片は高木さんに仕返しをしようとするが、高木さんに見破られてしまうという2人の関係性を軸に、西片の視点から描かれている。各話を繋ぐ明確なストーリーは無く、西片と高木さんの間のひとつの出来事が一話に収められている。第2回次にくるマンガ大賞にノミネートされ、18位にランクインしている。

作者の山本による具体的な舞台の明言はないが、香川県小豆島および土庄中学校がモデルとなっている描写がある。山本による他の作品である『キョーコちゃん』、『あしたは土曜日』が本作品と同じ舞台の中で描かれていると思しき描写がある。『キョーコちゃん』の舞台は高校になっているが、『あしたは土曜日』の舞台は同じ中学校で、その主人公である女子3人組(ミナ、ユカリ、サナエ)と西片と高木さんは同じクラスである。また舞台は異なるが、同作者の『くノ一ツバキの胸の内』1巻おまけ漫画に高木さんが登場したことがある。

『ゲッサン』2012年7月号に、本作のパイロット版といえる同タイトルの読み切りが掲載された。主要な登場人物の名前も高木さんと西片で連載版と同じであるが、高木さんの顔が連載版よりも意地悪そうに描かれているほか、西片も眼の描写が連載版と異なっており視力が悪い設定となっている。単行本第2巻に番外編として収録されている。また、連載とは別に、『週刊少年サンデー』(同社刊)2014年28号と『ゲッサン』2014年7月号、2016年1月号と5月号から7月号に出張掲載されたほか、『月刊ねこだのみ』(同社刊)2016年8号にも掲載された。
第2期:2019年7月より放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“からかい上手の高木さん2 海外レビュー” の続きを読む

ナカノヒトゲノム【実況中】 海外レビュー

あらすじ

ナチュラル実況で名を馳せるゲーム実況者・入出アカツキが、謎のフリーゲーム『ナカノヒトゲノム』をクリアした。その翌日、アカツキが目を覚ますと、そこは『ナカノヒトゲノム』の世界。8人の実況者に課せられたタスクは、数あるリアルゲームをクリアして、再生数1億を達成すること。
2019年7月より放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ナカノヒトゲノム【実況中】 海外レビュー” の続きを読む

Re:ステージ! ドリームデイズ♪ 海外レビュー

あらすじ

一度はアイドルの夢をあきらめかけていたKiRaReのメンバーが、謡舞踊部(ようぶようぶ)の廃部を阻止するために再び立ち上がり、中学生アイドル部活の全国大会である「プリズムステージ」での優勝を目指すというものである。
2019年7月 より放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“Re:ステージ! ドリームデイズ♪ 海外レビュー” の続きを読む

戦姫絶唱シンフォギアXV 海外レビュー

あらすじ

神の力を以ってして、
神そのものを討ち斃さんとした原初のヒトガタ、アダム・ヴァイスハウプトは、
サンジェルマンたちの理想の源パワーソースである
ラピス・フィロソフィカスにて黄金錬成されたシンフォギアによって撃槍される。

暗躍してきたパヴァリア光明結社はここに瓦解し、
その残党は、各国機関の活躍によって追い詰められていくのであった。

そして――
追い詰められているのはパヴァリア光明結社だけではない。

かつての超大国アメリカもまた、
日本に向けた反応兵器の発射事実を非難・追及され、国際社会からの孤立を招いていた。

閉塞した状況は、新たな世界規模闘争の火種にもなりかねないため、
速やかなる政治的解決が望まれているが、
複雑に絡む国家間の思惑は軋みをあげるばかりで、遅々として進んでいない。

当該国である日本も、
アメリカとの協調政策を打ち出して関係修復をアピールしているものの、
どこかうすら寒い表面的なムードに終始して、局面打開には至っていない。

いまだ見えない世界の行く末。

さらに、張りつめた空気はここにも。

都内ランドマーク各所が一望できる、
デートスポットとしても人気の大観覧車のゴンドラに乗っているのは、
私立リディアン音楽院に通う高校生、立花 響と小日向 未来。

ふたりが手にした鯛焼きは白玉入りであり、絶品。
甘すぎず、まるでぜんざいもかくやという口当たりの餡は申し分が無かった。

それでも、ふたりの間に緊張が走るのは、
何の気なしに未来が響に発した、問い掛けに始まるものであった。

返答に窮した響の胸の奥にあるものは、果たして。

過去から現在に向けて紡がれたいくつもの物語は、XVに集束していく。

聖骸を巡る攻防は、どこまでも真夏の只中。

はじける湖面を舞台に、少女たちの歌声が輝きを放つ。
(公式サイトより引用)第5期:2019年7月より放送

✳以下myanimelistからのレビューになります

“戦姫絶唱シンフォギアXV 海外レビュー” の続きを読む

ロード・エルメロイII世の事件簿 海外レビュー

あらすじ

舞台は、日本の冬木市にて行われた第四次聖杯戦争から10年後のイギリス。

第四次聖杯戦争参加者の一人であるウェイバー・ベルベットは、人間的にも魔術師としても大きく成長を遂げ、同聖杯戦争で戦死した恩師のエルメロイ教室を買い上げて魔術協会の一角である時計塔の講師に就いていた。そして、エルメロイ派の次期当主でもあるライネス・エルメロイ・アーチゾルテの要請により、エルメロイ派の当主の座を預かり、ロード・エルメロイII世と呼ばれるようになっていた。

そんなエルメロイII世のもとへ、義妹となったライネスが『魔術絡みの厄介な相談』をたびたび持ち込む。そこから起きた事件を、エルメロイII世は持ち前の分析能力で解決の糸口を見つけ、内弟子のグレイやエルメロイ教室の弟子たち、知り合った魔術師たちの力を借りて謎に満ちた事件を解決していく。
2019年7月より放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ロード・エルメロイII世の事件簿 海外レビュー” の続きを読む

荒ぶる季節の乙女どもよ。 海外レビュー

あらすじ

ハリー・ポッターなどを愛読する小野寺和紗は、高校で文芸部に入部する。題材として扱われるのは、日本の純文学ばかりで戸惑いながらも、男女交際潔癖症の部長・曾根崎り香、小説家志望の本郷ひと葉、奥手の和紗の友人・須藤百々子、舞台子役をしていた美少女・菅原新菜といった風変わりで個性的な部員たちに囲まれながら高校生活を謳歌していた。

ある日、文芸部の題材図書に性的な描写があったことをきっかけに、和紗や部員たちは性について意識し始める。

2019年7月 – 9月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“荒ぶる季節の乙女どもよ。 海外レビュー” の続きを読む

グランベルム 海外レビュー

あらすじ

過去に「魔法」が存在した世界。日常生活を送りつつも、内心鬱屈した思いを抱いていた女子高生の小日向満月はある満月の夜、世界から消滅したはずの魔力を持つ魔術師の「プリンセプス」になれるという戦闘の場、「グランベルム」の存在を知る。「アルマノクス」と呼ばれるロボットを操る少女の新月エルネスタ深海に助けられた満月は、混乱しながらも自身のアルマノクス、「ホワイトリリー」を手に入れ、初めての戦闘に勝利する。新月から魔法や魔術師、グランベルムの説明を受けた満月は、自身の現状を変えるためにグランベルムへの参加を決意する。
2019年7月より放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“グランベルム 海外レビュー” の続きを読む

炎炎ノ消防隊 海外レビュー

あらすじ

太陽暦佰九拾八年、東京皇国。この世界は、とある大災害を境に始まった人体発火現象「焔(ほむら)ビト」による脅威に苛まれていた。突然、自身の体から発火した者は瞬く間に全身が炎に包まれ、自我を失い命が尽きるまで周囲を焼きつくすのである。この脅威に対応して、一般市民を炎の恐怖から守り、人体発火現象の原因と解決策を究明するために「特殊消防隊」が組織された。

幼い頃からヒーローに憧れを抱く少年・シンラは、12年前に突然の火事によって母親と生まれたばかりの弟を亡くしてしまう。足から炎を出す事ができる「第三世代」の能力者であったシンラは、自らの体から発した炎が火事を引き起こした出火原因だとされ周囲から迫害を受ける。しかし、シンラは母親と弟と自分以外の第三者が室内にいたことを目撃しており、その人物が犯人ではないかと考えていた。
放送期間2019年7月6日 より放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“炎炎ノ消防隊 海外レビュー” の続きを読む

女子高生の無駄づかい 海外レビュー

概要

『女子高生の無駄づかい』(じょしこうせいのむだづかい)は、ビーノによる日本の漫画。略称は『女子無駄』。元々はビーノが『ニコニコ静画』に投稿していた作品であり、好評を受けて2015年12月4日よりKADOKAWAのウェブコミック配信サイト『ComicWalker』にてリメイク版が商業連載化。『ニコニコエース』での連載を経て、現在は『コミックNewtype』(KADOKAWA)にて連載中。

都立さいのたま女子高等学校(通称「さいじょ」)に通う個性派ぞろいのJKたちが女子高生活を無駄に浪費する日常学園コメディ。メディアミックスとして、2019年7月よりテレビアニメが放送中(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“女子高生の無駄づかい 海外レビュー” の続きを読む

Dr.STONE 海外レビュー

あらすじ

高校生の大木大樹は、以前より想いを馳せていた小川杠に自分の気持ちを告白しようとしていた。その宣言を聞いた幼馴染の石神千空から心の籠っていない激励を受け、大樹は遂に杠を学校のクスノキの木の前に呼び出して告白に臨む。ところがその刹那、突如空が眩く発光し、地球上の全人類が一斉に石化するという怪現象に襲われてしまう。

五感を失い身動きが取れない大樹は、「杠への想い」だけを糧に長い年月を耐え続けた末に自由な身体を取り戻すが、目前には樹木が生い茂り、風化した景色が広がっていた。大樹は一足先に石化が解けて目覚めていた千空と再会を果たし、彼からこの世界が自分達の時代からおよそ3700年経過しているという現状、そして人類が消えて滅んだ世界で自力で文明を再建させるという決意を聞かされる。自分達の石化が解けた原因が「石の腐食」であると踏み、2人だけで長い月日を経て漸く石化を解く「ナイタール」を完成させる。早速、完成品を杠に使用しようとしていた矢先、野生のライオンの群れと遭遇してしまった大樹たちは、緊急事態を打開しようと杠に使用する筈だったナイタールを使い、「霊長類最強」と詠われていた獅子王司を復活させる。ライオンの撃退と伴に新たな戦力が加わったことに感激する大樹だったが、実は司は自身の思想に合わない人間を容赦なく排除する危険人物だった。千空から司の本性を聞かされた大樹は急いで杠を復活させ、再会を喜ぶ間もなく3人で逃走を図る。
2019年7月より放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“Dr.STONE 海外レビュー” の続きを読む

うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。 海外レビュー

あらすじ

魔人族の少女・ラティナは、予言によって祖国を追放され、自身が暮らしていける土地を求めて父親と隣国を目指していたが、その途中、父親は森の中で行き倒れてしまう。一人残されたラティナが彼の亡骸のそばで途方に暮れていたところ、森へやってきた冒険者・デイルと出会った。

デイルは身寄りのない彼女を見捨てられず、下宿しているケニスとリタ夫妻が営んでいる酒場「踊る虎猫亭」で彼女を育てることを決意する。やがて2人は寝食を共にする中で、少しずつ親子としての絆を作り上げていく。
2019年7月 – 9月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。 海外レビュー” の続きを読む

魔王様、リトライ! 海外レビュー

あらすじ

ゲーム運営者の社会人「大野晶」は気づくと異世界の森におり、そこでは自分の作成したプレイヤーキャラクターの魔王「九内伯斗」の姿になっていた。その状況に混乱する伯斗だが、森の中で怪物に襲われていた「アク」という少女を助ける。伯斗はこの世界の情報を知るために、アクを連れて旅に出る。
2019年7月 – 9月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“魔王様、リトライ! 海外レビュー” の続きを読む

ダンベル何キロ持てる? 海外レビュー

あらすじ

食べることが大好きな皇桜女学院の女子高生・紗倉ひびきは友人の上原彩也香から最近太り気味であることを指摘される。ダイエットのために一念発起したひびきが近所に新しく出来たシルバーマンジムの見学に行くと、そこには同じ学校に通う優等生の奏流院朱美も見学に訪れていた。シルバーマンジムはボディビルダーやプロ格闘家が集う本格的な筋力トレーニングジムだった。筋肉フェチの朱美は喜ぶが、ひびきは怖気づいてやめようとする。そこへ一見爽やかイケメンだが体がゴリマッチョのトレーナー街雄鳴造があらわれる。街雄に心惹かれたひびきはジムに入会。コスプレが趣味の教師立花里美、ロシアからの留学生ジーナ・ボイドも仲間に加わり、彼女たちと共に筋トレの世界にのめりこんでいく。
2019年7月 – 9月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ダンベル何キロ持てる? 海外レビュー” の続きを読む

彼方のアストラ 海外レビュー

あらすじ

西暦2063年、「大自然の中、生徒だけで5日間を過ごす」という惑星キャンプの目的地である惑星マクパで、ケアード高校の生徒たちが遭難する。5012光年の彼方からメンバー全員が協力しながら様々な苦難を乗り越え、最後には遭難事故を起こした犯人を突き止める。無事に帰還してからは、遭難事故の裏にある陰謀を暴き、メンバーそれぞれが人間的に成長を果たす。
2019年7月 – 9月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“彼方のアストラ 海外レビュー” の続きを読む

ソウナンですか? 海外レビュー

あらすじ

飛行機事故のせいで無人島に漂着した、鬼島ほまれ、鈴森明日香、天谷睦、九条紫音の女子高校生4人組は、その日からサバイバル生活に突入する。ほまれの持つ知識を生かし、救助が来ることを願って苦労しながらも日々を生き抜くために奮闘するが、その島には彼女たち以外にも遭難者がいた。
2019年7月より放送(ウィキペディアより引用)

✳以外myanimelistからのレビューになります

“ソウナンですか? 海外レビュー” の続きを読む

手品先輩 海外レビュー

あらすじ

種無高校に入学した、とある1年の男子生徒。種無高校では生徒は部活が強制なため、いわゆる帰宅部志望だった男子生徒は、止む無く部活探しをすることに。ラクそうなクラブを探している最中、偶然廊下で化学準備室を目の前にして『たのしい 奇術部』の張り紙を目にして、ふとその部室を覗いてみると、そこには廃部寸前の奇術部でたった1人の部員である、かわいいけどあがり症でドジな先輩がいた。そしてそのまま強引に手品の助手にされてしまい、学校内外でことあるごとに中途半端気味な手品を披露する先輩との日常を繰り広げて行くことになる。

種無高校に入学してから一か月が経ち、正式にどこかのクラブに入部しなければならなくなった男子生徒は、先輩によって強引に奇術部への入部届を提出させられるも人数不足のため学校から正式に部として認められなかったため、化学準備室の隣の化学教室を部室にしている化学部の部長・斑さんの好意により表向きは化学部に入部することで、とりあえずは先輩とともに奇術部として活動を続けていくことに。その後、転校生で3年生の咲と、その弟の正志が奇術部に入部したことで、助手の担任でもある先輩の姉を顧問に迎え、正式に種無高校奇術部として活動できるようになった。
2019年7月より放送(ウィキペディアより引用)

✳myanimelistからのレビューになります

“手品先輩 海外レビュー” の続きを読む

かつて神だった獣たちへ 海外レビュー

あらすじ

パトリア大陸で勃発した北部パトリアユニオンと南部パトリア連合の10年にわたる内戦が、パトリアユニオンの異形の兵士擬神兵の活躍で和平に至ってから5年後の世界。神として凱旋した擬神兵たちは圧倒的すぎる力ゆえに次第に「獣」と蔑まれるようになり、それに違わぬ事件を各地で起こすようになる。
かつて擬神兵ウェアウルフとして擬神兵部隊を指揮したハンク・ヘンリエットは、「人の心を無くした者は仲間の手で葬る」とする部隊内の取り決めに従い、暴走する戦友たちを抹殺する「獣狩り」として旅を続けていた。擬神兵だった父をハンクに殺された少女ナンシー・シャール・バンクロフトは、父の死の意味を知るために仇であるハンクの旅に同行することとなり、擬神兵の生みの親であるエレイン・ブルーレークによって擬神兵が戦時中に殺される運命であったことや、それを妨害し戦後の世界に擬神兵を解き放ったケイン・マッドハウスの存在を知る。ハンクは、サポート役のライザ・ルネキャッスルが入手した情報を頼って遂にケインと邂逅するが、ケインは擬神兵たちが自由に生きる世界を作ることを宣言。彼の策略に嵌められ擬神兵としての本能を解放されたハンクは、町を破壊してしまう。
2019年7月 – 9月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳myanimelistからのレビューになります

“かつて神だった獣たちへ 海外レビュー” の続きを読む