真夜中のオカルト公務員 海外レビュー

あらすじ

妖怪、精霊、神々、これら一般の人間には感知されない超常的存在、通称「アナザー」。一般的に「オカルト」とも受け止められるこれらを認識し、関係者への調査、アナザーの観察・監視、および時に警察などの他機関と連携を取りながら起こす現象に対応する公務員の特殊な部署「夜間地域交流課」が東京の各区画に配置されていた。

その内の新宿区に何も知らないまま配属された新人「宮古新」。同僚から実態を解説されながら初業務をこなすうちに、自身がアナザーの声を聞ける「砂の耳」という稀な特異性質を持つことが判明する。
2019年4月より放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります


総合評価9

私はもともとそれが終わった後にレビューを書くつもりでしたが、そのような低い評価を見て、私は今それを書くことにしました。

毎シーズン、完全に過小評価され、大多数の視聴者に無視されるアニメがあります。私にとっては、マヨナカのオカルトコウミンは、今シーズンのそのショーです。

ストーリー/キャラクター:8
これまでのところ物語はかなり面白かった、それについて否定的すぎるものは本当に考えられない。乗組員が対処するために新たな挑戦/冒険を持っているすべてのエピソードは、文字だけですべてがかなり面白くてユニークです。新しいエピソードごとに新しいキャラクターが紹介されていますが、それは他のエピソードと同じくらい興味深いものです。これまでのところ、それは真剣さと喜劇の両方の完璧なバランスです。気分はかなり軽く、時々激しくなります。物語はそれほど激しくても深刻でもありません(少なくともこれまで)私たちがまだ気づいていない多くの事柄があるので各キャラクターの裏話として。荒田が自分の先祖についてもっと学び、清明を知っている古くからの別の人たちと出会うのを見るのはかなり面白いです。

ART /サウンド:10
OPとEDはどちらも素晴らしく、ややキャッチーです。BGMは、あらゆるシーンと完全に同期しています。各シーンは、それに最も適した音楽で完璧に表現されています。キャラクターデザインもかなりうまく行われていて、それぞれのキャラクターはそれぞれ独自の方法で個性的になるようにデザインされています。

全体的に:9
正直なところ、ショーはまったく悪くありません。なぜこんなに低い評価があるのか​​について、私は実際には少し驚いています。私はそれが間違いなく時計の価値があると言うでしょう。

総合評価7

なぜこのショーがこんなに低いスコアを得たのか、私はただ早く私のレビューを書くつもりです。

物語/キャラクター

7

ここで話すことは本当に多くはありません、これは残酷ではないことを除いて、それはちょっとあなたの典型的な阿部のseimei祖先物語のようなものです。あなたがそれを好きかどうかを決めるためにそれに通常の6話のルールを与えることを期待してペースを拾うのが遅い。基本的な根拠は、コメディーと真剣さが組み合わさった妖怪/他人事件をやることです。
文字の上に。私達のMCには、最終的には他人を引き付けることになる他人を理解することができる私達の常駐の初心者が善、悪、またはまれな奇妙なボールであるかどうかがあります。チームの他のメンバーには、スポイラーがある可能性が高いので、私が入り込まないような独自の問題があります。
注:ある人が “仲間”ではない人に “仲間”であるのを見るのを楽しんでいない人には不快かもしれない(私がそれらを補充しているものから)カップルepsがあります。

Art / Sound

7

Banger OPと良いED、音楽トラックは良く、街にいるような感覚を保ちます。私の唯一のマイナスtbhは彼らがSands of Earsに使うエコーです、彼らはあまりにもやり過ぎで、ちょっと迷惑な残業になります。
芸術は私にとってはヒットかミスです、私は個人的にはその大丈夫だと思いますが、何人かの人々はそれが低い額面であると思うかもしれません。

楽しさ/全般

少女の観客にとってはとても楽しいですが、少年の観客はそれほど好きではないかもしれません。まだ時期尚早であるため、将来的にはまだ変更の余地があります。全体的にそれはきわめて平均的な妖怪/ AbeSeimeiアニメであり、ペースを上げるのは少し遅いですが、追いつくのはかなりやりがいがあります。

総合評価7

これは、すべてがそうでないと示唆しているにもかかわらず、私が本当に楽しんでいるショーの1つです。のように、アニメーションは悪いです。本当に、本当に悪いです。容認できないほどぎくしゃくして不器用で奇妙なだけ。しかし、それはより良いアニメーションに値する、それは確かです。私は主にキャラクターが大好きです、特にTheoとKohaku – アートスタイルはそれほど悪いことではありません。アニメーションがどれほど信じられないほど愚かであるかを考えると。私はまた、ArataとKohakuとの同性愛者のサブテキストが好きです(それは私だけの、既知の同性愛者、私の発送用ゴーグルを着用し、絶望的であるかもしれません)。西洋のショーでもマヤの神話はあまり見られないので、これは本当にクールです。私は本当に彼らが後のエピソードでどんなクールなものをするかについて見るのを楽しみにしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です