群青のマグメル 海外レビュー

あらすじ

後に聖暦元年とされる年に突如として新大陸が出現。マグメルと名付けられた大陸には未知の資源や刺激、そして未知の危険が待ち受けていた。時に聖暦35年、マグメルで探険家たちの遭難が相次ぐ中、その救助を行う謎多き少年がいた。構造の能力という異能を操り、金褐色の瞳をした彼の名はインヨウ(因又)。赤褐色の髪の少女であるゼロを助手とし、拾人館を営む凄腕の拾人者である。

ある日ヨウは極星社の社員エミリアから父親の救助を依頼される。依頼は無事に成功したものの、大企業極星社の背後に潜み強大な権力を持つ神明阿一族の陰謀に巻き込まれていくことになる。神明阿一族は重役であるルシスをはじめとして以前からヨウに対し並々ならぬ関心を抱いていた。日々依頼をこなしていく中、ヨウはマグメル原住者(エリン)の聖国真類で幼馴染のクーと再会し、死後も著名な探検家オーフィスの娘のトトとも知り合う。クーはマグメルと人界の双方にまたがる争いが起きようとしていることをヨウに告げた。マグメルの聖地聖心を人界から狙う神明阿、聖心をマグメルから狙い原皇ブレスを主導者と仰ぐフォウル国、聖心をマグメルで守護する聖国真類とが三つ巴になりつつあるというのだ。そして一連の陰謀の背景にはヨウのかつての師、拾因の影が見え隠れしていた。拾因は謎の黒い鍵を眺めながら過去への後悔を度々滲ませていた人物で、他人のはずのヨウと何故かよく似ており黒い瞳をしていた。

師との再会に望みを持つヨウだったが、神明阿アミルから拾因の死体がマグメルで発見されたことを告げられてしまう。ヨウはマグメル侵攻計画への勧誘を受けるもののこれを拒否し、拾因と交わした約束に従って「世界を救う」ことを決意する。(ウィキペディアより引用)
2019年4月より放送

 

 

✳以下myanimelistからのレビューになります


総合評価7

ぐんじょうのマグメルは、今シーズンで最も過小評価されているアニメの1つです。私は十分な人々がそれについて話していないように感じます、そしてそれはこのレビューを書くことに私を導きます。
あらすじを読んで、このアニメの表紙のアートを見た後で、私はかなり低い期待を持つようになりました、しかし私は間違っていました。最初のエピソードを見た後、このアニメに対する私の印象はすぐに変わり、公正になりましたが、今回はOP MCを除いて “Made in Abyss”(私のお気に入りのアニメ)をたくさん思い出しました。
このアニメのストーリーは(それが繰り返しになるかもしれませんが)かなりしっかりしています。私は個人的に探検する可能性に満ちた不思議な世界の大ファンです、そしてこれが私が最初にこのアニメに夢中にさせた主な特徴であると思います。私はまた、このショーの「暗い」側面も楽しんでいます。これは、ショーに追加の楽しみレベルを追加するだけです。
芸術と音もかなり良いです。私は本当にオープニングのアートスタイルを楽しんでいましたし、エンディングの曲がもっと好きでした。悲しいことに、私はOSTが他のすべてのアニメのように「注目に値する」または「良い」とは思わないが、それは私がこのアニメに見出すことができる唯一の否定的要素の一つである。
「軍曹のマグメル」のキャラクターもすべて非常に独特で、彼ら自身の謎に満ちています、そしてこれは私が本当に見つけたいと思うものです。
全体的に見て、私はこのアニメにしっかりとした7/10 <3を与えています

総合評価8

まず第一に:このアニメは皆のためではありません。つまり、このアニメには、多くの人が気に入らない可能性がある非常にユニークなプロットの表示方法があります。それは実際のプロットラインを持っていないようで、思ったよりずっと少ないアクションを持っています。ある意味では、それは銀魂やSKETダンスとよく似ています。ストーリーはMCに焦点を当てており、エピソードごとに問題を抱えたさまざまな人々を支援しています。しかし、Magmel of the Blueを際立たせるのは、それがコメディーではないということです。それは、「私のためにこのモンスターを倒そう」という規範というよりも、さまざまな道徳的および倫理的問題を見るアクションドラマです。

ストーリー7:これは後のエピソードで変化することが証明されるかもしれませんが、現在具体的なプロット線はありません。それはあるキャラクターから別のキャラクターへとジャンプし、彼らの問題の特定の側面に焦点を合わせます。IMO、Magmel of the Blueは、いくつかの問題はありますが、かなり成功しています。

アート9:オープニングシーケンスは美しく実行され、そしてアートは本当に新しい大陸の幻想的な要素を引き出す。時にはあなたはMCがまだ基本的に現代の都市に住んでいることを忘れるかもしれません。

サウンド9:OSTは正しい感触を引き出します。

キャラクター6:おそらくアニメの最大の問題。すべてのキャラクターはそれ自体の一般的なステレオタイプのようです。地獄、モンスターはキャラクターよりも多様な個性を持っています。

楽しさ8:辛い銀魂ファンなので、楽しんではいられないのです。

総合8:今シーズンの最高のアニメではありませんが、それでも撮影する価値がある良い番組です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です