ぼくたちは勉強ができない 海外レビュー

あらすじ

主人公の唯我成幸は、一ノ瀬学園に通う高校3年生。一ノ瀬学園には歴代の生徒の中でも特に優秀な生徒に限り、大学進学にかかる全ての費用を学校側が負担する特別VIP推薦の制度があり、貧しい家族に楽な生活をさせたいと願う成幸はその推薦を獲得すべく日夜勉学に励んでいたものの、理系科目で緒方理珠に、文系科目では古橋文乃に後れをとっていた。

そんな中、成幸は推薦の審査面談にて学園長から条件付きで推薦を許可される。その条件とは、「理珠と文乃の2人の教育係に就き、2人が志望する大学に合格させる」ということだった。しかし、2人はいずれも他人が羨む才覚を持ちながらも、それぞれ不得手な分野に強い憧れや将来の夢を見いだしており、理系科目が得意な理珠は文系の大学、文系科目な文乃は理系の大学をそれぞれ志望していた。いずれも志望科目の成績は壊滅的で、またいずれも天性の才覚に頼るタイプであるため、互いに得意科目を教え合うのも上手くいかない。さらに成幸は、スポーツ特待生だが勉強全般が苦手な武元うるかの面倒も見ることになる。(ウィキペディアより引用)
2019年4月より放送

✳以下myanimelistからのレビューになります


総合評価8

これまでのところ、このシリーズはかなり楽しいと思いますが、それが雑誌でそれほど長く続くとは思わない。プロットは何も面白いものではありません、そしてそれはまるでそれがTo Love RuやNisekoiのようなもう一つの決まり文句Haremであるかのように思われます。

アートワークは、シリーズニセコイとはよく似ているので、それほど話すことは多くありません。マンガカは過去にニセコイの作者の助手だったかもしれないので、これが意図的であったかどうかはわかりません。

新しいことは何もしていないので、このシリーズが将来どのように機能するのかを知るのは時が経つだけです。

総合評価8

学校+ハーレム=燃やされるべきである劇的なスライスの生ゴミの上のClicheは、私がこの漫画に言うべきものです。しかし、どういうわけか私はそれがハーレムの漫画であるという事実にもかかわらず私はそれが楽しいと思います。その理由はプロットに関連するものです。私自身が大学で奨学金を得ようと努力しているので、このマンガを楽しんでいた理由かもしれません。それはショーのメインプロットであり、ファンサービスと決まり文句を最小限に抑えるため、キャラクターの生活と彼らがどのように彼らが好む大学に入るのに苦労するかを強調して、この漫画は良い漫画になるでしょう。

総合評価8

これはとても面白い漫画です。結局それはアニメを手に入れることができた、しかししばらくの間そうではなかった。私は前にこのようなものを読んだことがない。キャラクターは好感が持てるし非常に親しみやすいです。

2つの天才キャラクターをキャリアのための彼らの最も弱い主題に向けさせるという概念は素晴らしいです。唯一の欠点は、それが実行されていないことですが、それは強い意味で隠されることがあります。それが博覧会でどのようにデスノートしたかのように。

私はこの漫画をたくさん読むのを楽しんでいて、Jumpがこの漫画を運営するのに役立ったことをとても嬉しく思います。特にニセコイがしばらく前に終わって以来、彼らは人生の一部、学校学科に欠けていました。

まだ読んでいないのであれば、お勧めします。(笑もかなり面白いです)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です