群青のマグメル 海外レビュー

あらすじ

後に聖暦元年とされる年に突如として新大陸が出現。マグメルと名付けられた大陸には未知の資源や刺激、そして未知の危険が待ち受けていた。時に聖暦35年、マグメルで探険家たちの遭難が相次ぐ中、その救助を行う謎多き少年がいた。構造の能力という異能を操り、金褐色の瞳をした彼の名はインヨウ(因又)。赤褐色の髪の少女であるゼロを助手とし、拾人館を営む凄腕の拾人者である。

ある日ヨウは極星社の社員エミリアから父親の救助を依頼される。依頼は無事に成功したものの、大企業極星社の背後に潜み強大な権力を持つ神明阿一族の陰謀に巻き込まれていくことになる。神明阿一族は重役であるルシスをはじめとして以前からヨウに対し並々ならぬ関心を抱いていた。日々依頼をこなしていく中、ヨウはマグメル原住者(エリン)の聖国真類で幼馴染のクーと再会し、死後も著名な探検家オーフィスの娘のトトとも知り合う。クーはマグメルと人界の双方にまたがる争いが起きようとしていることをヨウに告げた。マグメルの聖地聖心を人界から狙う神明阿、聖心をマグメルから狙い原皇ブレスを主導者と仰ぐフォウル国、聖心をマグメルで守護する聖国真類とが三つ巴になりつつあるというのだ。そして一連の陰謀の背景にはヨウのかつての師、拾因の影が見え隠れしていた。拾因は謎の黒い鍵を眺めながら過去への後悔を度々滲ませていた人物で、他人のはずのヨウと何故かよく似ており黒い瞳をしていた。

師との再会に望みを持つヨウだったが、神明阿アミルから拾因の死体がマグメルで発見されたことを告げられてしまう。ヨウはマグメル侵攻計画への勧誘を受けるもののこれを拒否し、拾因と交わした約束に従って「世界を救う」ことを決意する。(ウィキペディアより引用)
2019年4月より放送

 

 

✳以下myanimelistからのレビューになります

“群青のマグメル 海外レビュー” の続きを読む

ぼくたちは勉強ができない 海外レビュー

あらすじ

主人公の唯我成幸は、一ノ瀬学園に通う高校3年生。一ノ瀬学園には歴代の生徒の中でも特に優秀な生徒に限り、大学進学にかかる全ての費用を学校側が負担する特別VIP推薦の制度があり、貧しい家族に楽な生活をさせたいと願う成幸はその推薦を獲得すべく日夜勉学に励んでいたものの、理系科目で緒方理珠に、文系科目では古橋文乃に後れをとっていた。

そんな中、成幸は推薦の審査面談にて学園長から条件付きで推薦を許可される。その条件とは、「理珠と文乃の2人の教育係に就き、2人が志望する大学に合格させる」ということだった。しかし、2人はいずれも他人が羨む才覚を持ちながらも、それぞれ不得手な分野に強い憧れや将来の夢を見いだしており、理系科目が得意な理珠は文系の大学、文系科目な文乃は理系の大学をそれぞれ志望していた。いずれも志望科目の成績は壊滅的で、またいずれも天性の才覚に頼るタイプであるため、互いに得意科目を教え合うのも上手くいかない。さらに成幸は、スポーツ特待生だが勉強全般が苦手な武元うるかの面倒も見ることになる。(ウィキペディアより引用)
2019年4月より放送

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ぼくたちは勉強ができない 海外レビュー” の続きを読む

この音とまれ! 海外レビュー

あらすじ

本作の主人公・久遠愛は、ある年の春、神奈川県の県立高校・時瀬高校に進学し、箏曲部に入部する。当時、箏曲部の部員は部長の倉田武蔵1人しかおらず、箏曲部は廃部の危機に瀕していたが、愛に加え、箏の家元の娘・鳳月さとわや、愛の友人の足立実康・水原光太・堺通孝が入部したことで、部員不足による廃部の危機から脱する。しかし、愛のことを快く思わない教頭が箏曲部の廃部を目論んだため、部員たちは部の存続を懸けて、1か月後に全校生徒の前で演奏を披露することになる。

1か月後、演奏に臨んだ箏曲部の部員たちは、教頭から部の存続を勝ち取る。その後、武蔵の同級生・来栖妃呂を加えて計7名となった箏曲部は、関東地方の高校の箏曲部が出場する「関東邦楽祭」にエントリーする。時瀬高校箏曲部は入賞を逃すが、箏曲部の顧問・滝浪涼香は部員たちの演奏を認め、以後、積極的に部員を指導するようになる。(ウィキペディアより引用)
2019年4月より放送

✳以下myanimelistからのレビューになります

“この音とまれ! 海外レビュー” の続きを読む

淫らな青ちゃんは勉強ができない 海外レビュー

あらすじ

女子高生の堀江青は、自身の名前が「青姦」に由来しており、その言葉の意味を正しく理解してからは自身の名前に絶望し、名付け親である父親を憎んでいる。そのため、大学進学後は父親からできるだけ遠く離れて一人暮らしをしたいと願っているが、父親は有名国立大学に進学することを条件に出したため、青は遠い地方の国立大学に合格すべく、クラスでは女子も含めて誰ともつるまず青春を犠牲にする覚悟で勉強に取り組んできたのだった。

しかし、クラスメイトの木嶋拓海だけは、何かと青に積極的に声をかけていた。青は官能小説家である父の影響で元々エロに関する知識だけは豊富だったため、「男は性欲の塊、野獣」という先入観から異性を毛嫌いしており、木嶋のことは「リア充」と勝手に決めつけて特に毛嫌いしていたが、体育の授業のあと保健室で二人だけになった瞬間、青は木嶋から告白され、それからというもの青は木嶋のことが頭から離れなくなる。終いには勉強に身が入らなくなるほど木嶋との卑猥な妄想を爆発させるようになり、気が付けば模試でAを取っていた志望校判定がEになるほど成績は急落する。何とか立て直そうとするも、青と真剣交際しようとする木嶋や、木嶋を気に入り青との関係を推し進めようとする父親、木嶋を狙う雅などの介入で、妄想をさらに暴走させる日々を送ることとなる。(ウィキペディアより引用)
2019年4月より放送

✳以下myanimelistからのレビューになります

“淫らな青ちゃんは勉強ができない 海外レビュー” の続きを読む

川柳少女 海外レビュー

あらすじ

本作の主人公・雪白七々子は、短冊に川柳を書くことで自分の意思を伝える少女である。中学3年生のクリスマス、七々子は川柳の句会に参加し、同い年の元ヤンキー・毒島エイジと出会う。そしてエイジの優しさに触れ、彼に好意を抱く。

その後、七々子とエイジは同じ高校に合格し、文芸部に入部する。そして、文芸部の部長・片桐アマネ、エイジの姉貴分・大月琴、美術部員・矢工部キノ、占い師・花買タオと行動を共にするようになる。
2019年4月より放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“川柳少女 海外レビュー” の続きを読む

異世界かるてっと 海外レビュー

あらすじ

それぞれの異世界にふと出現した「ボタン付きスイッチ」。これを様々な経緯で押してしまったことで、学校と思われるグラウンドへと飛ばされてしまう。同現象なのかそこに集っていた「4つの異世界の転移者」たちに対し、「ルーデルドルフ」は授業の時間だといい放ち、個性的な面々の皆で「学園生活」を送ることになった。
2019年4月より放送(ウィキペディアより放送)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“異世界かるてっと 海外レビュー” の続きを読む

真夜中のオカルト公務員 海外レビュー

あらすじ

妖怪、精霊、神々、これら一般の人間には感知されない超常的存在、通称「アナザー」。一般的に「オカルト」とも受け止められるこれらを認識し、関係者への調査、アナザーの観察・監視、および時に警察などの他機関と連携を取りながら起こす現象に対応する公務員の特殊な部署「夜間地域交流課」が東京の各区画に配置されていた。

その内の新宿区に何も知らないまま配属された新人「宮古新」。同僚から実態を解説されながら初業務をこなすうちに、自身がアナザーの声を聞ける「砂の耳」という稀な特異性質を持つことが判明する。
2019年4月より放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“真夜中のオカルト公務員 海外レビュー” の続きを読む

超可動ガール1/6 海外レビュー

あらすじ

三次元(現実)の女性に興味が無い硬派なオタク房伊田春人は、「フィギュアに手を出すと取り返しのつかない事になる」との訓を受けてフィギュアを敬遠していたが、自分が大好きだったアニメ「少女→惑星探査」のノーナがフィギュアとして発売されたのを機にそのフィギュアを購入してしまう。そしてその夜、何故か動き出したフィギュア・ノーナとの交流から一人と一機(?)の夫婦的生活が始まる。(ウィキペディアより放送)
2019年4月より放送

✳以下myanimelistからのレビューになります

“超可動ガール1/6 海外レビュー” の続きを読む

RobiHachi 海外レビュー

あらすじ

G.C 0051。人類が宇宙人と惑星連邦を結成して半世紀、今では気軽に宇宙旅行を楽しむ時代。NEOTOKYOでは惑星「イセカンダル」の広告がさかんに流れていた。

ルポライターのロビー・ヤージは、事故にあったり投資話に騙されたりと不運が続き、借金取りから逃げ回る日々。ある日かばんをひったくられるが、その場に居合わせたハッチ・キタという若者に助けられ、ことなきを得る。だが翌日、ハッチは借金取りのバイトとして、ロビーの家に訪問。ロビー宅内での騒動の最中、さらに金融会社社長のヤンがアロとグラを従えて自ら取り立てとしてロビー宅前に迫る。ロビーは数年前から定住していた自宅兼宇宙船「ナガヤボイジャー」を起動させ、ハッチを乗せたまま宇宙へ逃走。御利益があるとされる「イセカンダル」を目指す珍道中がはじまった。(ウィキペディアより引用)
2019年4月より放送

✳以下myanimelistからのレビューになります

“RobiHachi 海外レビュー” の続きを読む

ノブナガ先生の幼な妻 海外レビュー

あらすじ

織田信長の末裔とされる織田信永は、ハーレムを作りたいという願望を抱いているが、彼女が出来ることもなくアラサーにさしかかろうとしていた。ある日、ノブナガは実家の蔵で割れた茶碗に触れた瞬間、空中から謎の少女が出現する場面に出くわす。ノブナガは少女の言動から、彼女が後の信長の正妻となる帰蝶だと気づくが、帰蝶は自分はあくまで形式として織田家に嫁いできたことを明確にし、妻の役目として子作りをノブナガに迫ってくる。こうして、夢の実現のためにあくまで好かれたいノブナガと帰蝶の攻防が始まるが、やがて信長の側室を名乗る転生者や側室の魂を宿す者がノブナガの周囲に次々と登場する。ノブナガは、信長に関係ある人間ばかり現れる原因がこの世に残した未練にあるからではないかと推測し、それを断ち切るための手段を講じるようになる。(ウィキペディアより引用)
2019年4月より放送

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ノブナガ先生の幼な妻 海外レビュー” の続きを読む

進撃の巨人 シーズン3 Part2 海外レビュー

あらすじ

ウォールマリア奪還とエレンの父「グリシャ」によって隠された『巨人の秘密』を解き明かすため、エレン達が生まれ育った街『シガンシナ区』を目指す調査兵団一行。(公式サイトより引用)
2019年4月より放送

✳以下myanimelistからのレビューになります

“進撃の巨人 シーズン3 Part2 海外レビュー” の続きを読む

フルーツバスケット 2019 海外レビュー

あらすじ

本田透は都立海原高校に通う女子高生。唯一の家族だった母親を事故で亡くし、小山で一人テント暮らしをしていた。ところがそのテントを張った場所は、同級生の草摩由希の一族が所有する土地だった。何とか交渉し敷地内でのテント暮らしを許可してもらおうとしていた時、土砂崩れでテントも失ってしまい、それがきっかけで由希が暮らす同じ一族の草摩紫呉の家に居候することに。

居候初日、透は草摩一族の秘密を知ってしまう。彼らは代々十二支の物の怪憑きで、異性に抱きつかれると憑かれた獣に変身してしまうという体質だったのだ。
1st Season:2019年4月6日より放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“フルーツバスケット 2019 海外レビュー” の続きを読む

なんでここに先生が!? 海外レビュー

あらすじ

児嶋加奈編
「鬼の児嶋」と恐れられる児嶋加奈はおっかないと評判だが、佐藤一郎の前だけは天然ドジな先生。それが原因で引き起こされるエッチなハプニングに二人は巻き込まれてしまう。

松風真由編
聖母のように優しい松風真由は、強面が原因でクラスメイトに避けられている生徒・鈴木凛を意識し、エッチなハプニングに巻き込まれながらも彼に手を出そうとする。

葉桜ひかり編
幼馴染の高橋隆にイタズラを繰り返す困った先生・葉桜ひかりは、度重なるエッチなハプニングにより高橋を異性として意識するようになる。

立花千鶴編
クールで表情もほとんど崩さない保健の教師・立花千鶴は、好きな漫画で生徒と仲良く話している保健の教師の描写を見た際、自分も同じようになりたいと思うようになる。そんな中、保健室に現れた感情表現豊かな高校三年生・田中甲に興味を持つ。

ホムラ・フランチェスカ編
幼馴染である伊藤依人・松風さやの二人と同じ学校に通いたいと思った15歳の天才少女・ホムラ・フランチェスカがALTとして川村西高に赴任してきた。

猪川泉編
学校をサボりコンビニのバイトに明け暮れている高校三年生・渡辺渉を学校に通わせるために、バイト先に担任の猪川泉先生がやってきた。

岡本桜花編
岡本さくらの芸名でアイドルとして働いている岡本桜花はある日、山本大和の通う麻岡高等学校に教育実習生としてやって来る。

栗栖くるみ編
脚を骨折して入院している姉の代わりに咲川女子学園に通うことになった中村忠は生徒達からモテている教師・栗栖くるみと同じ部屋で過ごすことになってしまう。(ウィキペディアより引用)
2019年4月より放送

✳以下myanimelistからのレビューになります

“なんでここに先生が!? 海外レビュー” の続きを読む

鬼滅の刃 海外レビュー

あらすじ

時は大正。主人公・竈門炭治郎は亡き父親の跡を継ぎ、炭焼きをして七人家族の暮らしを支えていた。生活は豊かではなかったが家族仲はよく、町の人々にも愛され、慎ましくも幸せな日々を送っていた。しかし、炭治郎が炭を売りに下山して家を空けたある日、家族は鬼に惨殺され、唯一生き残った妹・竈門禰󠄀豆子も鬼の血が混入して鬼と化してしまう。禰󠄀豆子に襲われ、これを必死で止めようとした炭治郎を救ったのは冨岡義勇と名乗る剣士だった。冨岡は禰󠄀豆子を「退治」しようとするが、兄妹の絆が確かに残っていることに気付き剣を収める。
2019年4月より放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“鬼滅の刃 海外レビュー” の続きを読む

続・終物語 海外レビュー

あらすじ

私立直江津高校の三年生になる春休みに吸血鬼になった阿良々木暦は紆余曲折を経て、高校を卒業した。その翌日、洗面台で顔を洗っていると、鏡に映った自分の姿が静止していることに気付いた。思わず鏡に手を伸ばすと、その鏡面に泥沼のように沈み込んでしまう。

暦はその後、何かがおかしいことに気付く。自分よりも身長の大きいはずの火憐が小さく、無表情のはずの余接がキメ顔を決める。影の中にいるはずの忍は何の反応も示さない。この異常事態に暦は北白蛇神社の神になった八九寺を訪ねるのだが、そこにいたのは永遠の小学五年生ではなく、大人になった八九寺真宵さん21歳であった。真宵は暦が鏡の世界に来たのだと言う。

文字は全て反転し、自転車のブレーキレバーも逆(左ブレーキが前輪、右ブレーキが後輪)になっている。暦は元の世界に戻るべく奔走する。(ウィキペディアより引用)
放送期間2019年5月19日より放送

✳以下myanimelistからのレビューになります

“続・終物語 海外レビュー” の続きを読む

MIX  海外レビュー

あらすじ

明青学園中等部2年生の立花投馬・走一郎は同年同月同日に生まれた血の繋がらない兄弟である。母を亡くした投馬と父を亡くした走一郎・妹で1年生の音美の3人は、7年前に両親の再婚によって義兄弟となったのだ。

野球部に所属する2人は鬱屈した気持ちを抱えていた。野球部に大きな影響力を持つOBの息子である二階堂大輔という3年生が、監督の意向によって優れた能力もないままにエースとして起用され続けていたからだ。甲子園優勝から26年、エース上杉達也の巻き起こした明青旋風の見る影もなく、野球部は高等部も中等部も低迷を続けていた。投馬が投手・走一郎が捕手のバッテリーとして活躍することを夢見ていた2人は、高校は他校に進学することを検討するようになる。

だが、エースの不甲斐なさに憤っていたある日、二階堂が重い病を抱えていたことに気が付く。病院で奇跡的に手術が成功していた二階堂と対面し、死ぬ前に父親にエースとしての自分の活躍を見せるため監督に無理を言っていたという告白を受け、完全ではないにしろわだかまりを解く。そして明青のエースナンバー背番号1を託される。(ウィキペディアより引用)
放送期間2019年4月6日より放送

✳以下myanimelistからのレビューになります

“MIX  海外レビュー” の続きを読む

さらざんまい 海外レビュー

あらすじ

舞台は東京・浅草。中学2年生の矢逆一稀、久慈悠、陣内燕太の3人はある日、突如現れた謎のカッパ型生命体“ケッピ”に出会うが、カエルと間違えた事で怒りを買い、強引に尻子玉を奪われてカッパに変身させられてしまう。「元の姿に戻りたければ“ある方法”でつながり、ゾンビの尻子玉を持ってこい」と言われ、3人はゾンビの尻子玉を探す。(ウィキペディアより引用)
2019年4月より放送

✳以下myanimelistからのレビューになります

“さらざんまい 海外レビュー” の続きを読む

ひとりぼっちの○○生活 海外レビュー

あらすじ

一里ぼっちは、幼馴染の八原かいと、中学でクラス全員と友達にならない限り絶交するという約束をしてしまう。人見知りのぼっちは友達を作ることに苦労しながらも、前の座席の砂尾なこをはじめとして、できた友達との交流を通じて少しずつ友達を増やしていく。(ウィキペディアより放送)
2019年4月より放送

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ひとりぼっちの○○生活 海外レビュー” の続きを読む

キャロル&チューズデイ 海外レビュー

あらすじ

火星のハーシェルシティの富裕な家に生まれた少女・チューズデイは愛用のギターと家出。首都のアルバシティに着いたものの荷物を盗まれ途方に暮れる。チューズデイは、アルバイトをしながら、路上でキーボードで弾き語りをしていたキャロルと知り合い、彼女のアパートに転がり込む。意気投合した二人は一緒に曲を作りミュージシャンを目指す。(ウィキペディアより引用)
2019年4月より放送

✳以下myanimelistからのレビューになります

“キャロル&チューズデイ 海外レビュー” の続きを読む

賢者の孫 海外レビュー

あらすじ

この世界で名を知らぬ者はいない偉大な賢者マーリンに拾われたシン=ウォルフォードは、前世の記憶を持つ異世界転生者であった。

しかし、人里から離れた地にてマーリンに育てられた結果、シンは規格外の魔法使いにして一般常識と無縁な世間知らずになってしまう。家によく訪れるディスおじさんの勧めもあり、シンは王国アールスハイド高等魔法学院へ通うことになるが、型破りな彼はさまざまな事件に巻き込まれる。(ウィキペディアより引用)
2019年4月より放送

✳以下myanimelistからのレビューになります

“賢者の孫 海外レビュー” の続きを読む

この世の果てで恋を唄う少女YU-NO 海外レビュー

あらすじ

主人公・有馬たくやは、母亡き後に自分を育ててくれた父を事故で亡くして以来、意気消沈したまま高校生最後の夏休みを迎えていた。

ある日、丸い鏡とガラス玉がはまった謎の装置が彼のもとに届く。そこには父が生きていることを示唆する内容の手紙が添えられており、手紙は「今夜10時にこの装置を持って剣ノ岬に行け」という一文で締めくくられていた。指示通りに向かった先で、裸の女性が倒れているのを見つけ駆け寄るたくや。しかし、彼女は彼に微笑んだ後、消失してしまう。そこへ、義母の亜由美を連れた学園長が現れ、その装置を渡せとたくやに銃を突き付ける。

その瞬間、地響きが起こり3人を光が包み込む。意識の薄れ行く最中、たくやは岩場の上に立つ転校生・波多乃神奈の姿を見つけていた。夜の岬で独り目覚め、装置が点滅している事に気付くたくや。突如、目の前の空間へ投影されたマップに驚く彼だが、それは並列世界を歩いて行かねばならない広大な旅の一歩である事を、この時はまだ知る由も無かった。(ウィキペディアより引用)
2019年4月より放送

✳以下myanimelistからのレビューになります

“この世の果てで恋を唄う少女YU-NO 海外レビュー” の続きを読む

世話やきキツネの仙狐さん 海外レビュー

あらすじ

ブラック企業に勤め、身も心も満身創痍なサラリーマン中野は、激務を終えたある日、自宅で料理を作る謎の少女に遭遇する。仙狐と名乗った少女は、自身が齡800歳の神使の狐であり、かつて中野の祖先と縁があったことから、常に疲れている中野を世話するためにやってきたことを告げる。自分を存分に甘やかそうと尽くす仙狐を信頼することにした中野は、仙狐と生活するなかで次第に癒しを見出すようになり、程なくして知り合った隣人の高円寺安子や、仙狐と同じ神使のシロとも関わるようになる。(ウィキペディアより引用)
2019年4月より放送

✳以下myanimelistからのレビューになります

“世話やきキツネの仙狐さん 海外レビュー” の続きを読む