魔法少女特殊戦あすか 海外レビュー

あらすじ

人間界が異世界 地冥界(ディスアス)の侵攻に遭い、別の異世界 精霊界(フェアト)各国の軍事同盟である精霊環境条約機構の軍事支援を受けて誕生した魔法少女達の活躍により、地冥界を撃退した大戦 ディストニア戦争から3年が経っていた。しかし、人間界は平和になった訳ではない。異世界との接触は、ディストニア戦争を戦い生き残った魔法少女以外にも魔女や魔術師を生み出し、人間界はそれらを取り込んだ新たな軍事バランスが生じている。ディストニア戦争を生き残った魔法少女 伝説の五人(マジカル・ファイブ)の面々もそういう状況とは無縁では居られず、自国の軍隊に所属するなどしている。
大鳥居あすかはマジカル・ファイブのリーダーだったが、ディスアスとの戦いに精神的に疲弊し、戦後は引退状態となっていた。しかし、高校の友人 羽田紗綾子が目の前でテロリストの襲撃に巻き込まれ、否応なしに魔法少女として戦うことになる。戦いの後も魔法少女として戦うことに消極的だったあすかだが、ディストニアと結び付いたテロ組織 バベル旅団の暗躍により、同じマジカル・ファイブである夢源くるみや高校の友人 牧野希美ら身近な人間が巻き込まれるようになり、義父 飯塚に誘われていた陸上自衛隊特殊作戦群の魔法少女特殊戦開発部隊 M班への参加を決意する。
2019年1月12日 – 3月30日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“魔法少女特殊戦あすか 海外レビュー” の続きを読む

どろろ 海外レビュー

概要

2019年1月よりTOKYO MXほかにて放送中。ナレーションは麦人が務める。

企画がスタートしたのは2016年頃、手塚の原作絵を活かしたアニメ化の路線も考えられていた。2018年3月19日に新たなテレビアニメ化が正式に発表された。

原作との結末の違い

百鬼丸は魔物をすべて倒す前に、どろろと別れいずこかへ去ってしまう。その後、百鬼丸の行方は誰も知らず、さらに50年後に、48体の魔物像が奉ってあった地獄堂が戦火で消失したことがナレーションで語られ終幕する。

1969年版アニメ

どろろを村へ残し、百鬼丸は独りで魔物を倒す旅へ出る。戦い続けた百鬼丸は47体目の魔物を仕留め、失っていた片腕を取り戻す。あと1体倒せば人並みの身体へ戻ることができると勇む百鬼丸であったが、最後の魔物の1体とは醍醐景光であると知る。百鬼丸は仕官を装い景光に近づくが、企みを看破され責めを受ける。しかし、その様に耐えられず縫の方が百鬼丸を庇い、逆にそれまでの景光の行いを責める。妻から責められた景光は激憤し、縫の方や部下を殺害して地獄堂へと向かう。景光は再度力を求めて自らの体を差し出そうとするが、既にその体は人でなくなっていると魔物に嘲笑われ発狂する。そこへ後を追ってきた百鬼丸と対峙、実の親を斬るのかといきり立つが、魔物に心を奪われたあんたは親でないと斬り捨てられ、景光は地獄堂と共に焼け落ちる。最後の魔物を倒した百鬼丸は失われた身体の部位をすべて取り戻すが、もう誰とも会いたくないと、どろろとも再会することもなく姿を消す。景光の圧政から解放された村人とともに、どろろが新たな人生に走り出すところで終幕。
少なくとも1969年版アニメにおいては、48匹の魔物の妖怪はあくまでも48体の魔神の分身でしかないことが最終話で明示されている。(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“どろろ 海外レビュー” の続きを読む

臨死!!江古田ちゃん 海外レビュー

概要

京都練馬区にある江古田駅(西武池袋線)近隣に在住のフリーター、江古田ちゃんを主人公とし、主人公とその周辺の人々の日常を描く。

日常で出会った場面、友人との会話・行動、アルバイト先のパブや派遣先での出来事、異性(同性を含む場合もある)に受けのよい女性(作中では「猛禽」と呼ばれる)への考察、主人公の奔放な異性関係などを、主人公のモノローグを中心に紹介する。

2007年には女性誌『kiss』『Hanako』、2009年には女性誌『Numero TOKYO』、『Meets Regional 東京通本』に出張掲載された。

また、作者がパーソナリティとして出演した2009年11月20日放送のラジオ番組『一青窈と江古田ちゃんのオールナイトニッポンR』において『臨死!!江古田ちゃんinオールナイトニッポン』の題名でラジオドラマ化された。11月25日からオールナイトニッポンモバイルにて有料配信もされている。

本作はアフタヌーン四季賞・四季大賞では初の4コマ作品。当初は別雑誌に持ち込んでいたが、「全然つまらない」と酷評されて落ち込み、捨ててしまおうかとも考えていた所、漫画喫茶で月刊アフタヌーンを目にして投稿したという(『イママン 本谷有希子マンガ家インタビュウ&対談集』作者の発言)。
2019年1月 – 3月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“臨死!!江古田ちゃん 海外レビュー” の続きを読む

Dimensionハイスクール 海外レビュー

あらすじ

次元高校に通う高校3年生・白山純平は、校庭で何かの石を拾った。同じ次元高校3年生の緑ヶ丘流星、水上ゆりお、黄川田剛らと、物理教師の桃谷総司による補習を受けていたところ、持っていた石が突然動き出して喋り始めた。「スプーディオ22世」と名乗った石のような姿をした生物が破壊の魔神の退治を求めるが、5人はその発言についていけない様子だった。しかし、スプーディオ22世は発光し、5人を強制的にアニメの世界へ送り込んだ。送り込まれた5人は、その世界に現れたスフィンクス・パラメソスによって謎解きを強いられることになる。
2019年1月 – 3月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“Dimensionハイスクール 海外レビュー” の続きを読む

W’z(ウィズ) 海外レビュー

あらすじ

中学生のユキヤは、DJプレイを動画サイトに投稿しているが、再生数は少ない。そこで異世界「ジグラート」に機材を持ち込み、生配信をはじめる。そこへ武器「ニムロデ」を手にした若者たちが、ユキヤに戦いを挑む。ユキヤはハンドシェイカーだった。
2019年1月 – 3月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“W’z(ウィズ) 海外レビュー” の続きを読む

上野さんは不器用 海外レビュー

概要

とある中学校の理科室が主な舞台。科学部の部長である女子生徒「上野」は意中の後輩である「田中」に想いを告げるため、彼女自らの発明品を駆使して遠回しに不器用な告白を試みるも、鈍感すぎる田中のせいでいつも失敗してしまう。

上野の遠回しな「告白」は、ろ過した自分の尿を田中に飲ませようとしたり、自ら着用している発電スパッツを田中にまさぐらせようとしたりと、奇抜な作戦で田中を恋の罠に陥れるというとんでもないものばかりである。しかし、田中のリアクションは予想外かつデリカシーの無いものばかりで、上野は毎度翻弄される。

上野の作戦は大抵失敗に終わるのだが、ごくまれに田中の予想外な行動によりお姫様だっこや恋人繋ぎをされるといった嬉しいハプニングに至ることもある。しかし、その場合も上野は赤面して退場してしまい、結局何も進展らしいことは起こっていない。
2019年1月 – 3月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“上野さんは不器用 海外レビュー” の続きを読む

エガオノダイカ 海外レビュー

あらすじ

地球を旅立った人類は新たな惑星に植民を行い、幾つかの国を建国する。その内の1つ、ソレイユ王国で生まれたユウキ・ソレイユは12歳になった。彼女は王女としての責務を果たしながら、幼馴染の少年ヨシュア・イングラムや世話を焼く指導役のレイラ・エトワールたちに囲まれ、日々を過ごしていた。そんなある日、ヨシュアは騎士団総長のハロルド・ミラーたちと共に、隣国のグランディーガ帝国との国境に赴く。実は既に帝国との戦端が開かれていたのだ。ヨシュアも出撃するが、怪我を負った末に命を落とす。ユウキは彼の死と、今が戦争中ということを知らされる。一方、帝国側では一兵士のステラ・シャイニングが所属する分隊の所に、新隊長のゲイル・オーウェンズが着任していた。
2019年1月 – 3月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“エガオノダイカ 海外レビュー” の続きを読む

スター☆トゥインクルプリキュア 海外レビュー

あらすじ

主人公・星奈ひかるは観星町に住む宇宙と星座が大好きな観星中学校の2年生。ある夜、星空を観察しノートに自作の星座を描いていたところ、描いた星座が生物となって現れた。ひかるが興奮していると、突如その生物によって宇宙空間にワープしてしまう。その場を漂っていたのだが、気づくとベッドで寝ており、夢かと落胆していたところ再びその生物が姿を現し、家を飛び出していった。追いかけて見つけ出し、戯れていたときにひかるはその子のフワフワ感から「フワ」と名付け、フワもその呼び方を気に入った様子だった。その最中、空からロケットが着陸し、中から少女と謎の生物が出てくる。ひかるは驚くどころか宇宙人だと興奮して少女たちに近づき困惑させる。どうやらフワの知り合いらしく、謎の生物はスターパレスから来たプルンス、少女は彼女は惑星サマーン出身のララであると、プルンスから説明を受ける。
放送期間2019年2月3日 -放送中

✳以下myanimelistからのレビューになります

“スター☆トゥインクルプリキュア 海外レビュー” の続きを読む

パパだって、したい 海外レビュー

概要

『パパだって、したい』は、世尾せりなによる日本の漫画。2017年5月よりComicFestaほかにて電子コミックとして配信中。略称は「パパした」。
大学生が家政夫のバイトとしてシングルファザーに雇われたのを契機に始まる恋を描いたボーイズラブ作品。
2019年1月 – 2月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“パパだって、したい 海外レビュー” の続きを読む

からくりサーカス 海外レビュー

あらすじ

小学5年生の才賀勝は、父親である大手家電メーカー”サイガ”社長・才賀貞義の死により180億円の遺産を相続。これによって異母兄弟から命を狙われていたところを加藤鳴海と「しろがね(エレオノール)」に助けられる。しかし、叔父の才賀善治に誘拐された勝を救出した鳴海は爆発に巻き込まれ、切断された片腕を残して行方不明となる。
2018年10月から放送中(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“からくりサーカス 海外レビュー” の続きを読む