喧嘩番長 乙女 Girl Beats Boys 海外レビュー

あらすじ

天涯孤独で両親の顔も知らない主人公。 そんな主人公に生き別れの双子の兄だと名乗るひかるがあらわれる。

「ボクの代わりに高校にいってもらえない」

その高校はなんと、県内屈指の不良校として有名な獅子吼学園。 鬼ヶ島家の子供は代々在学中に獅子吼学園でトップをとらなければいけない使命があったのだ!不良嫌いなひかるは生き別れの双子の妹の存在を知り、自分の代わりに主人公に通ってもらおうと画策。

喧嘩の弱い兄に代わり、主人公は女であることを隠し、通うことになるが…

拳で愛を語る新感覚の乙女ゲーム! 友情をとるか!恋をとるか!あなた次第!
2017年4月 – 6月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります


総合評価10

このアニメを投稿する前に本当に10/10に値するかどうか私は自問しましたが、事実は私が徹底的に楽しんだということです – 乙女ファンであることから、このアニメはすべての正しいボタンを押しました
。未熟または愚かな
2。星を散りばめたseiyuusによって演技すごい声
3。ドキドキ(ハートドキドキ)瞬間、例えばKabe- don4 。
すべての主人公の美しいアートスタイル。例:乙女ファンのためのイケメンタイプ
。いくつかの部分
私の唯一の失望は各エピソードがわずか8分であるということですが、短いアニメでOtomeゲームを紹介することは開発者にとって一般的です。私が購入できるように、psvitaゲームが英語に翻訳されることを願います。あなたが乙女ファンであれば、全体として、このアニメはあなたのためです!

総合評価8

ストーリー:8
わずか8分のエピソードでリラックスしたアニメ。友情と同様に関係するたくさんの面白い場面についての物語。すべてのエピソードは主人公のキャラクター開発を示すためだけのものです。戦闘シーンは短いですがかなり良いです!

たとえそれが一種のハーレムアニメであっても、私が探しているものであるロマンスはまったく関与していません。Kenka Banchou Otomeはかなり予測可能であり、Hinakoは「4th wall」と呼ばれるこのことを通して視聴者とよく話します。

キャラクター:8
各キャラクターは異なり、ユニークな個性を持っています。私は本当にそれらについて言うことがあまりありません。私のお気に入りのキャラクターは実際のヒカルです。彼はあまり登場しないにもかかわらず、彼は彼のかわいくてのんきな性格のために私のお気に入りです。

アート:
芸術は私にとってかなり良いです。鮮やかな色とかなり細かい。背景のシーンは平均的です。

Sound:8
本当に素晴らしいオープニングとエンディングの音楽。私がいつもするようにそれをスキップするのではなく、毎回それを聞くようにするために、クリエイターはアニメーションをオープニングソングに含めるのもとても頭がいいです。

楽しさ/全般:8
このアニメをとても楽しんでいること、そして毎週楽しみにしていることがわかった。これは実際のゲームの宣伝にすぎないと思いますので、このアニメにはあまり期待できません。私が聞いたことから、ゲームはアニメ自体よりもはるかに多くを持っていました。またそれがどのように終わったかから、私はこのxDへのセカンドシーズンがあることを願っています。

総合評価8

芸術と音の点では、シリーズはかなり平均的です、それは良い芸術を持っていますが、他のいくつかのタイトルやサウンドほど素晴らしくありません、本当にショーの大部分ではありません。

その一方で、ストーリーは、あなたが要約を読んだことがあるならあなたが知っているであろうかなり面白いです。キャラクターはそれ自身でかなり平均的な個性を持っています、しかし一緒に彼らはこの特定のタイプのプロットのための理想的なグループに近くなります。

しかし、大きな欠点は、1つのエピソードの長さが約8〜9分しかないということです。これは、このようなプロットに伴うコンテンツの量には非常に煩わしいと思いますが、作成者が少し単純化しすぎているようです。

私は、明るくて面白くて、最近ほど多くの激しい悲惨な瞬間を持っていない少女アニメを望んでいる人にはこれをお勧めします(シリーズがまだ完全に放送されていないので確かに言うことはできませんが) )これはファンミーリによってManhwaを読んで、同様のアニメを待っている人々のためです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です