盾の勇者の成り上がり 第2話 「奴隷の少女」 海外の反応

第2話あらすじ

奴隷商に案内され、自らの剣となるパートナーを探す尚文。だが、手持ちの少ない尚文が買えるのは、病を患った亜人の少女のみだった。尚文はラフタリアと名乗る生気のない少女に、過酷な戦いを強いる。(公式サイトより引用)

登場人物

盾の勇者 岩谷 尚文 声 – 石川界人
剣の勇者 天木 錬 声 – 松岡禎丞
槍の勇者 北村 元康 声 – 高橋信
弓の勇者 川澄 樹 声 – 山谷祥生
ラフタリア 声 – 瀬戸麻沙美
武器屋の親父 エルハルト 声 – 安元洋貴

 

 

✳以下redditからの反応になります

まず第一に、OPとEDは非常に素晴らしいです。しかし、私はすでにマンガを読んだにもかかわらず、その感触は私を強く打った。声の演技は順調です。音楽は完璧で、正しい点に集中しています。2番目のエピソードは最初のエピソードよりも優れています。私はこのアニメを選んでとてもうれしいです:)

心温まるエピソード、このアニメは今のところかなり素晴らしいです

直文は主人公なのに攻撃出来ないのは全く新しいね。このエピソードを通して私の心は何度も溶けました。

ラフタリアは純粋すぎる!

直文は結局彼女を選ぶ良い決断をした。彼女は奴隷ですが、彼らは良いパートナーになるでしょう:)彼女の笑顔を守ってください。

両親が「シールドヒーローは勇者の中で最も親切だ」と言ったとき、アブラハムリンカーンは直文の前にこの宇宙にやって来て、キャプテンアメリカのようにドレスアップし、亜人をたくさん救ったに違いない奴隷。それがシールドヒーローが亜人に有名な理由になるはずです。

このアニメのタグ:ロリ、奴隷、強制、拷問、薬物、トレーニング、排尿

これらのタグは素晴らしい同人誌を作る:)

そのロリたぬきは精神障害を持っている。

私はアライグマの女の子がこんなに可愛いのか知りませんでした:o

エピソードの最良の部分は、ビジュアルのせいではなく、犬のモンスターとの戦いですが、ラフタリアがいかにして攻撃を躊躇し、強制され、そして最終的にはすべて自分の意思で倒しました。それはすべて段階的に行われますが、それでも急いでもチープに感じることもなく1つのシーンでのみ行われます。彼女の心理的な傷跡は残っているので、おそらくそれは将来のエピソードで彼女にさらに多くの特徴付けを与えるでしょう。

これは私が熱心に毎週待つことになるシリーズです:)

彼らが犬モンスターを倒した時、盾の勇者は340 expしか得られないのに対し、ラフタリアは430 expを得た。それはタイプミスなのか、それとも実際の経験値なのでしょうか?

最終的に倒した者が経験値がたくさん入るみたいだね。

原作組だけどペーシングが早いと思った:(

スタジオは基本的にラフタリアとナオフミの間の絆のために捧げられた全部をスキップしました、それほど大したことではありません!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です