ときめきトゥナイト 海外レビュー

あらすじ

吸血鬼と狼女を両親に持つ魔界の女の子・江藤蘭世は、同級生の真壁俊に片思いをしている。持ち前の変身能力を使って俊に接近しようとするが、俊の幼なじみの神谷曜子に邪魔されたり、両親に「人間なんかに恋するな」と注意を受けたり、蘭世に一目惚れした魔界の王子アロンが居候することになりと、蘭世の恋は前途多難である。蘭世は俊に近づこうと、積極アプローチするも、俊は「今のところ女には興味ねえな」と想いは届かず、ライバルの曜子と張り合う毎日。蘭世に一目惚れして、蘭世を振り向かせたいアロンは、蘭世と俊の仲を、王子探しに呼ばれた魔界人を王子命令で使い走りにしたり、夢魔のサリを呼び、俊に夢で催眠をかけてサリを惚れさせたりと、あの手この手で妨害するなど、蘭世の恋は本当に前途多難である。

恋に浮かれていた蘭世だが、両親は魔界の大王レドルフから「人間界にいるはずの王子を探せ」と命令される。手がかりは、左腕に星型のあざがあることだけだった。
1982年10月7日 – 1983年9月22日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります


総合評価10

ここでは、80年代のアンダーレートされたアニメシリーズがあります。私はそれをオンラインで見た後で自動的に好きです。私はそれが実写のテレビシリーズ「変態」のような超自然的要素を持つコメディであることが分かった。

RanzeEtōは普通の10代の少女のように見えるかもしれません。しかし、彼女は本当にモンスターの家族から来ています:吸血鬼のお父さんと狼男です。そして彼らは、超自然力を発揮するという希望をほとんど諦めていた。ある日、学校では、ヤコザの上司の娘ヨコと男の子との戦いをしながら、彼女は彼女が噛む人や動物に変身できることを発見した。だから私は皆さんに伝えることができます。

私はファンタジー、ユーモア、衝撃的な驚きのためにこのシリーズを本当に愛しています。偉大なアニメーションと非常にキャッチーなテーマ曲も。ご存じのように、私はRanze&Shun(男性のリード)がカップルになることを望んでいました。私がなぜそれを言ったら、それはシリーズを台無しにするでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です