The・かぼちゃワイン 海外レビュー

概要

講談社『週刊少年マガジン』掲載の読切短編『武蔵とエル』を原型としてキャラクターを練り直し、同誌で連載がスタート。1981年4・5合併号から1984年26号まで掲載された。

チビで女嫌いの硬派を自称する青葉春助と、彼に一目ぼれした「エル」こと朝丘夏美のSLコンビが繰り広げるドタバタラブコメディ。漫画とアニメでは途中から別のストーリーになっている。文庫本のあとがきに「宮崎美子さんの出演されていたカメラのCMの中で(いまのキミはピカピカに光って)と言うフレーズと映像に強いインスピレーションを受けてかぼちゃワインと言う作品を執筆するきっかけになりました。つまり当時の宮崎美子さんがLのモデルと言うことになりますかね」と当時CMで流れていた宮崎美子が出演したミノルタ MINOLTA X-7のCMにインスピレーションを受けたことで同作品が誕生したことが語られている。
1982年7月5日 – 1984年8月27日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります


総合評価8

最初の7つ以上のエピソード、RAWのみを視聴しました。しかし、私はこれが多かれ少なかれ平均的なロマンチックなコメディであることを知るために十分な潜伏したアニメを見ました。 Shusukeは、平均よりも背が低い高校生の女の子Eruと出会った、平均よりも若干短い。スパークは最初の会議ですぐには飛ばない。物語にはしばらく時間がかかります。執筆は平均を上回っています、アニメーションの日付は、まだ良いです。音楽は少し一般的で、OPはSteel Angel Kurumi OPのビット(多すぎる)を思い出させるが、おそらくそれは私だ。それは私がこのシリーズで持っている唯一のノックです。ちょっとこのショーのように、そして男だから、私はたいていこのジャンルから遠ざかっていますが、まだまだです。 。 .compelling。私はたぶん戻ってきて、もう一度見ます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です