トンデラハウスの大冒険 海外レビュー

あらすじ

ハカセが作成した家型タイムマシン、「トンデラハウス」に迷い込んだゲンたち。しかし、事故で1世紀の世界にタイムスリップしてしまう。ゲンたちは壊れたトンデラハウスを直しつつ、偶然出逢ったイエス・キリストと彼の弟子たちの生涯を追うこととなる。
1982年4月5日 – 1983年3月28日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります


総合評価7

1980年代、キリスト教放送ネットワークは、日本でキリスト教を広めるキャンペーンの一環として、SUPERBOOKとTHE FLYING HOUSEの2つのアニメ番組を制作しました。ショーは両方ともファンタジーを通して撮影された子供のグループを中心に、聖書の寓話の真っ直ぐに向かうことを意味し、彼ら(そして視聴者)はこれらの物語を直接体験し、道徳を理解するでしょう。

両方のショーは “宗教的SF”の静脈に立っていて楽しいものですが、個人的には、このショーは2人のより良いフォーマットを持っていたと言います:1つのショーは恋人を探して魅了された聖書に吸い込まれていました。このショウは、実際には聖書の時代に時を刻んでいました。したがって、旅行者は物語に少しだけ関与し、影響を与えます(元の聖書の話を実際に変えないように注意深く行われます)。アニメーションとボイスの演技は、1980年代のショーの平均以上のもので、ストーリーをサポートし、価値ある時計にするのに十分なほど素晴らしいものです。

自分自身について言えば、私はすべての宗教を尊敬する家庭で育ったので、私はこのショーを楽しむことができ、それは不快でも、説得力のない、自己賛美もないことがわかりました(確かに多くの宗教がそうです)。このシリーズの物語は、希望、信仰、優しさ、恵み、私たちが世界で果たすことができる資質のかなり単純な物語として提示されています。あなたがキリスト教徒か比較的宗教的な人であれば、否定的な側面では、このようなショーは楽しいかもしれません。

あなたが神と道徳のための機会を与える準備ができているなら、あなたはこのショーを見ることができます。私はあなたが失望しないことを約束することができます、それはとても素敵で楽しいキリスト教のアニメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です