みゆき 海外レビュー

あらすじ

若松真人(16歳高校1年生)は夏休みに友人達とともに海辺の民宿にアルバイトに出かける。真人が憧れを抱く同級生の鹿島みゆきも同じバイトに来ており、彼女が自分に気があることを偶然知り、デートの約束にこぎつける。しかし、その直後ある出来事でフラレてしまう。友人たちは落胆する真人に、海で見かけた美少女を誘うようにそそのかす。いい雰囲気になり、デートの約束もした二人だったが、実は彼女は6年ぶりに海外から日本に帰国した血の繋がらない1つ年下の妹のみゆきだった。

妹のみゆきとの二人きりの生活が始まる。みゆきはあくまで妹であると、真人は惹かれていく心を制しながら、鹿島みゆきとの関係も続けるというどっちつかずな態度を取り続ける。妹みゆきも兄に一途な想いを寄せながらも、真人の幸せを最優先に考え、一人の女性・妹という狭間に心揺れながら自らの想いを留めている。

真人は鹿島との関係を進展させようとするが、みゆきには他の男と付き合うことを許容出来ないでいる為、中々思い通りにならない。しかも二人のみゆきは男性からのアプローチが幾度となくあるので、気が抜けない日々を送る。そんな一進一退を繰り返し、成長し、時は流れていく。
1983年3月31日 – 1984年4月20日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります


総合評価7

これは私の最初のレビューです^ _ ^、ミユキはロマンスのアニメであり、彼自身が一人で生きるマサトと呼ばれる男の話、そしてミユキと呼ばれる彼の妹はカナダに住んでいます。彼は6年間彼の妹に会いませんでした。ある日、彼の父親は日本で彼の世話をするために自宅に帰ることにしました。そして彼の妹は養子になったと分かりました。彼はミユキとも呼ばれる彼のクラスの女の子を愛しています。あなたはメインの主人公と2人のミユキスの間に愛の三角形が見えます。ショーはコメディにもっと焦点を当てています。それはほとんどの時間が面白いと言わなければなりません。そして、2人のミユキスを選ぶ主人公を置くでしょう。

ストーリー7 \ 10
あなたがお互いに近づき、お互いの気持ちを理解していると感じるようにキャラクターが少しずつエピソードを展開したのでストーリーラインはうまくいったが、サイドキャラクターのいくつかはまったく開発されなかったし、そのうちのいくつかは本当に迷惑で、いつもその瞬間を台無しにして、そんな私を怒らせた。一方で、メインの主人公と彼の妹の間には、彼らが強い関係を示している、そして彼のクラスメイトである他のみゆきとの関係にどのような関係があるのか​​、

アニメーション5 \ 10
アニメは本当に古いので、アニメーションはかなり悪いです。しかし、それはあなたがこのアニメを見て多くのトラブルに直面することはありません古いアニメーションのスタイルで大丈夫なら、それは本当に自分自身に依存して、それを見ている間、私の楽しみに影響を与えませんでした。

サウンド7/10
声の演技は驚くほど特別ですlittel妹(imoto)の声は彼女がかなりかわいいです、そして音楽は古いスタイルと同様にかなり良いですが、アニメがかなり古いので私の唯一の苦情は、背景のノイズの種類と効果音のほとんどはかなり悪いです。

キャラクター8/10
それでは、深刻な人の主要3人のキャラクターは本当に良いですし、あなたは本当にそれらに接続して感じるでしょう。しかし、サイドキャラクターは平均的なものですが、それはかなり面白いですし、常にアニメに追加しますが、それらのほとんどはちょうどここにいくつかのコメディを与えるためにここにあるとそこにコメディは本当に早くなるでしょう。

楽しさ7/10
このアニメは、あなたがキャラクターの間に良い三角形を持つ不器用なロマンスのスライスと、良いキャラクターの開発にあなたがいれば、本当に楽しいです。コメディのほとんどは面白いですし、古いアニメーションはあなたのために問題ではない場合は、私は先に進むとそれを見て、あなたは本当に主人公に接続して感じるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です