伊賀のカバ丸 海外レビュー

あらすじ

東京のとある名門高等学校「金玉学院(きんぎょくがくいん)」を経営する院長大久保蘭は、ある日若き日の初恋の人である忍者・伊賀野才蔵からの手紙を受け、才蔵への思慕を抱きつつ、かつて青春時代を過ごした才蔵の故郷の山奥へ赴くが、そこで才蔵がすでに亡くなっていることを知りショックを受ける。しかし、そこには若き頃の才蔵そっくりの孫・伊賀野影丸ことカバ丸がいた。

身寄りのないカバ丸は、蘭が受け取った才蔵からの紹介で都会に行き、蘭の家に世話になることに。だが山奥で来る日も来る日も忍者修業に明け暮れていたカバ丸にとって都会と学園は未知の世界だった。その上、蘭の孫娘の舞に一目惚れするだけではなく、転入した金玉学院内でカバ丸を中心に旋風が吹き荒れ、学院の影の支配者目白沈寝をはじめとした生徒達や、金玉学院のライバル校「王玉学園(おうぎょくがくえん)」をも巻き込んでいくが、その王玉学園には王玉の手脚となって働くかつてカバ丸共に山で育った忍者霧野疾風がいた。
1983年10月20日 – 1984年3月29日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります


総合評価8

私は、このシリーズの大ファンであり、私の人生で会った何千人もの他の人たちです。私はこれを見て育った世代から来ているので少し偏っているかもしれませんが、真実はストーリー、キャラクター、サウンドトラックがまだジャンルの中で最高のものです。

ストーリー:

Kabamaruの物語は、すべてのエピソードで保証された笑いで始めから終わりまでのコメディです。それは多くの方法でランナ1/2を連想させるが、それはそれ自身のユニークな風味を持っている。それはすべての忍者、学校のロマンス、コメディ、印象的な戦いを持っていると私は忍者を言及しました。あまりにも多くを与えることなく、私はその物語が二重であると付け加えたいだけです。 1つの物語は学校の競争のまわりを回転し、他の物語は2人の忍者の友情に焦点を合わせる。

キャラクター:

Kabamaruの問題は、すべての文字が好都合であるということです。邪悪な者でさえ、あまりにも面白くて憎むことはありません。すべてがこの物語の中で彼らの役を演じており、すべてのエピソードは、それらをより緊密につなぎ合わせています。シンプルな気をつけたカバマルと彼の厳しい祖父に縛られた彼の永遠の飢えを笑わせることはできません。あなたが長い一日の後にいくつかの食べ物を飢えているときに、これを見た後、あなたは彼を考えます。舞は、みんなが愛しているかわいい女の子です。 Shizuneは彼の残酷な心を隠す優しい顔を持つことで奇妙です。 2人の祖母は昼も夜も同じように面白くて、自分の話が全体のプロットにうまく貢献しています。

アニメーション:

アニメはかなり古いので、描画のスタイルは80年代を単純な線で、色の変化はそれほどありません。シンプルさは実際にそれを魅力的にし、コメディの顔をはるかに目立たせる。

サウンドトラック:

特別なことは何もないが、とても記憶に残る。 OPの歌がどこかで聞こえたら、私はまだ笑顔を助けません。 「Kabamaru OP」をグーグルで試してみて、音楽があなたの頭に詰まっていないかどうか教えてください。クラシック80年代。私はフィラーの音楽は平凡だと思っていましたが、使用されるさまざまな状況に非常に適していました。あまりにもバラバラはありませんでした。

全体

それは間違いなく見る価値のあるものです。フィラーのエピソードはなく、キャラクターのどれも無駄になりません。あなたがそれを見つけることができるなら、私はそれを強く勧めます。確かにそれのようなものはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です