Dance with Devils 海外レビュー

あらすじ

四皇學園に通う高校2年生・立華リツカはある日、生徒会執行部以外の出入りを許されていない「第三図書館」に校則違反の疑いで呼び出され、会長の鉤貫レムをはじめとする執行部の面々と初めて対面。潔白を主張し図書館を退出後、帰宅したリツカは家が荒らされ、母のマリアが何者かに連れ去られたことを知る。さらに謎の男たちが彼女を襲い、手にしたものが世界を支配するという謎の魔導書「禁断のグリモワール」の在り処をリツカから聞き出そうとする。そこへ現れたレムにより難を逃れるが、レムの話によれば、「校内で悪魔崇拝をしている生徒がいるらしく、彼らが『禁断のグリモワール』を探している」という。その後再び第三図書館を訪れたリツカはレムからマリアが軽井沢に連れ去られた可能性があることを聞き、同地にあるリツカの亡き祖父の家に向かう二人。しかし家には誰もおらず、再び現れた謎の男たちが家に火を放つ。彼女を逃がした後、レムは男たちと対峙し撤退させることに成功する。軽井沢から戻った二人を待っていたのは留学から緊急帰国したリツカの兄・リンドだった。『禁断のグリモワール』を求めるアクマとヴァンパイア、それを阻止しようとするエクソシストの争いにリツカは巻き込まれていく。
2015年10月 – 12月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“Dance with Devils 海外レビュー” の続きを読む

スタミュ 海外レビュー

あらすじ

音楽芸能分野の名門校・綾薙学園(あやなぎがくえん)に入学した星谷悠太は中学の時、雨が降る無人の野外ステージでただひとりミュージカルを演じたこの学校の生徒に憧れていた。彼が目指すのは入学後に別選考で進む花形コースで、憧れのミュージカルスターも所属していた「ミュージカル学科」。しかしここに入る為には学園のミュージカル学科3年生のうち成績優秀者が所属する「華桜会(かおうかい)」の指導を受けられる「スター枠」に入るのが近道であった。星谷は候補生オーディションで華桜会の異端児・鳳樹に見出され、同じように彼にスター枠として選ばれたメンバー4人とともに「team鳳(チームおおとり)」としてミュージカル学科を目指す。素人同然の星谷以外のメンバーは演劇の才はあるがそれぞれが抱えた問題で候補生に残ることすら覚束ない状況で、加えて華桜会のリーダー・柊翼が彼らとは別に5人のスター枠を選び「team柊(チームひいらぎ)」として立ちはだかる。
第1期:2015年10月 – 12月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“スタミュ 海外レビュー” の続きを読む

温泉幼精ハコネちゃん 海外レビュー

あらすじ

箱根温泉の温泉饅頭屋の息子・冬哉はある日、店の裏山にある源泉に温泉饅頭を落としてしまう。直後、源泉の中から幼女が現れた。彼女は名をハコネちゃんと言い、「源泉の主」を自称する。元の大人の姿に戻りたいハコネちゃんと冬哉、そして彼の幼馴染の榛名・亜季姉妹らが繰り広げるコメディ作品。

なお作品内での箱根の地名は原作では現実の地名を捩ったものを使用している(例:箱根湯本→箱根湯元、宮ノ下→宮ノ上)が、アニメでは実在の地名が使われる。
2015年10月 – 12月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“温泉幼精ハコネちゃん 海外レビュー” の続きを読む

VENUS PROJECT CLIMAX 海外レビュー

概要

現代より少し先の近未来。情報・映像技術の進化でアイドルのステージライブはそれ自体がステータスを持つパフォーマンスと化し、1対1のバトル方式で評価を争うパフォーマンスバトルが主流となっていた。そのバトルの頂点である「FORMULA VENUS」(フォーミュラ ヴィーナス)を目指すアイドルたちを描く「アイドル×熱血ストーリー」が本作の主題である。
2015年7月 – 9月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“VENUS PROJECT CLIMAX 海外レビュー” の続きを読む

小森さんは断れない! 海外レビュー

あらすじ

中学生の小森しゅりは人から何かとものを頼まれる。基本頼まれるとイヤとは云えないしゅりの周りで起きる、ごくありふれた日常。友人で同級生のめぐみとまさ子、そして大谷くんとのごく当たり前の毎日だけど、何故か他人から頼まれ事の嵐のしゅりの普通の日々の物語。
2015年10月4日 – 12月20日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“小森さんは断れない! 海外レビュー” の続きを読む

進撃!巨人中学校 海外レビュー

概要

諫山創による漫画『進撃の巨人』の公式パロディギャグ漫画で、「もし『進撃の巨人』の登場人物(巨人含む)が同じ中学校に通っていたら」という展開を描く。当然ながら本編とはパラレルワールドの関係にあり、ストーリーも無関係。人間と巨人が通う「進撃中学校」の制服は男子は学ラン、女子はブレザー。巨人は原作と同様に裸であるが、体操着やブルマを着用することもある。原作では作中の時間軸以前に死去したことになっているキャラクターも登場している。
2015年10月 – 12月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“進撃!巨人中学校 海外レビュー” の続きを読む

パンチライン 海外レビュー

あらすじ

アパート・古来館に住む少年・伊里達遊太は、同じく古来館に住む秩父ラブラと共にバスハイジャックに巻き込まれる。そこに正義の味方・ストレンジジュース / 成木野みかたんが駆け付け、台初明香の協力もあって犯人グループを撃退するが、そこへストレンジジュースに拳銃を突き付ける男が現れる。だが、下着を目撃したことで覚醒した遊太は、男と共に水面に向かって飛び込む。その後、ストレンジジュースに救出されるも下着を目撃したことにより再び興奮し、意識を失うと共に幽体離脱してしまう。霊体として目覚めた遊太のもとにチラ之助と名乗るネコが現れ、元の体を取り戻すには「ナンダーラガンダーラ」を見つけ出す必要があること、興奮すると人類が滅亡すること、「ナンダーラガンダーラ」を探し出してほしいことを告げられる。
2015年4月10日 – 6月26日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“パンチライン 海外レビュー” の続きを読む

ガンスリンガー ストラトス 海外レビュー

あらすじ

西暦2115年、かつて日本と呼ばれていた国家の未来は2つに砕けていた。

強者のみが生き残る、熱き自由の無法世界「フロンティアS(ストラトス)」。安楽な暮らしと引き換えに、全ての自由を売り払った管理世界「第十七極東帝都管理区」。

100年前に起きた大災害から分岐した2つの平行世界が突如融合を開始。双方は世界の存続を賭けて巨大粒子加速器を使用したタイムリープ作戦「オペレーションストラトス」をもって互いを滅ぼす道を選択する。(初代ストーリー)

互いの未来を賭けた戦いによって2015年の防衛に成功したエージェントたちだったが、その戦いに呼応するように第三勢力「アノマリー」が様々な歴史の特異点に侵攻を開始。未来である2115年への逆侵攻も開始され作戦は継続を余儀なくされる。(2ストーリー)

エージェントたちの戦いが激化する中、両勢力はアノマリーの本拠地とも言える侵攻元時空を発見する。両勢力はオードナー姓を持つ3人のエージェントを加えアノマリー侵攻作戦を開始する。
2015年4月 – 6月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ガンスリンガー ストラトス 海外レビュー” の続きを読む

ヘヴィーオブジェクト 海外レビュー

あらすじ

21世紀前半に国際連合が崩壊した近未来。国境の意味が無くなり、割れたステンドグラスのように疎らなった世界は『正統王国』『資本企業』『情報同盟』『信心組織』の四大勢力に別れ争っていた。既存の兵器では歯が立たない超大型兵器『オブジェクト』の台頭により戦死者を出さない『クリーンな戦争』が行われている中、『正統王国』の第37機動整備大隊に派遣されたのは、手っ取り早く金儲けをするためにオブジェクトの設計士を目指す戦地派遣留学生・クウェンサー。クウェンサーは、貴族の嫡男であり、とある目的を持つヘイヴィアと共に日々を過ごしていたが、留学先でオブジェクトのパイロット『エリート』として生きる少女・ミリンダに出会う。そしてある作戦以降、クウェンサーとヘイヴィアは各地を点々とし生身でオブジェクトと戦う羽目になる。
2015年10月2日 – 2016年3月26日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ヘヴィーオブジェクト 海外レビュー” の続きを読む

こわぼん 海外レビュー

概要

暗闇三太に引き続きKBC×ILCAが製作する短編ホラーアニメ。ロトスコープという実写をアニメにする手法を使い、監視カメラやWebカメラ、バックモニター付カーナビ、テレビドアホン等のカメラ視点で物語が進行する。20名以上のキャストは福岡発アイドルグループLinQほか全員福岡で活動をしているアナウンサーやタレントを起用している。
2015年10月 – 12月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“こわぼん 海外レビュー” の続きを読む

ブレイブビーツ 海外レビュー

あらすじ

小学6年生の風車響は、ある日小さなロボット・ブレイキンと出会う。言葉を喋り自分の意思を持つブレイキンは「自分は ダンスワールド から力を奪われ人間界に飛ばされてしまったので何とかしなければいけない」と話す。そのためには力の源であるダンストーンを取り戻さなければいけないそうなのだ。

ダンストーンは、世界中のあちこちに散らばっており、時に人間に取りつき、暴走してしまう。まず最初に響の親友がダンストーンによって暴走をはじめた。鎮める方法はただ1つ「合体だ!」。

響とブレイキンは一つになり、正義のダンスヒーロー・フラッシュビートに変身、暴走するダンストーンを鎮めて全部集めることにした。だがダンストーンを欲しがるのはブレイキンだけではなかった。
2015年10月11日 – 2016年3月27日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ブレイブビーツ 海外レビュー” の続きを読む

不思議なソメラちゃん 海外レビュー

あらすじ

野乃本ソメラは亡き父母より継承された「野乃本魔法拳」の使い手のニートの少女。今日も妹のククルや友人の天童雫らを巻き添えにし、目先の欲望を満たすためのトンデモ行動を巻き起こすのであった。
2015年10月 – 12月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“不思議なソメラちゃん 海外レビュー” の続きを読む

ハッカドール THE あにめ〜しょん 海外レビュー

概要

2XXX年、過度な情報社会において情報に溺れる人間を必要な情報に導くために創造した、マテリアルボディを有した自立思考型ナビゲータープログラムという設定になっており、本作では、世界各地で貢献している前・中期型に比べ、同じ姿の後期版1号 – 3号がコピーによる劣化の末にダメダメでポンコツぶりな設定となっており、上司的な立場の0号と、エキセントリックな4号が登場している。ハッカドールを利用する人々がゲストとして登場する。
2015年10月 – 12月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ハッカドール THE あにめ〜しょん 海外レビュー” の続きを読む

猫なんかよんでもこない。 海外レビュー

概要

クロ號のモデルとなった2匹のネコの実話を元に、原作者・杉作の目線から描いたエッセイ作品。本作を描き始めた時点で、モデルとなったクロとチン子は既に亡くなっている。

2015年10月から12月にかけてBS朝日とテレビ大阪にてテレビアニメが放映され、2016年1月には実写映画が公開された。杉作にとっては初のメディアミックス作品となる。

✳以下myanimelistからのレビューになります

“猫なんかよんでもこない。 海外レビュー” の続きを読む

影鰐 KAGEWANI 海外レビュー

あらすじ

現代日本に突如として姿を現し、人々を襲う謎の生物・奇獣。その存在を、生物学者・番場宗介はかつて自身の両親を殺害した奇獣の手掛かりを得るため、猿楽製薬のエージェント・木村雅貴は会社の利益のため、それぞれ追い続けていた。やがて、奇獣の正体やその出自に深く関与している奇獣・影鰐の存在が明らかとなり、番場は木村が奇獣の細胞を基にクローンの影鰐を開発し、兵器転用を目論んでいることを知る。その直後、番場は奇獣による事故に巻き込まれて重傷を負うが、幼少期の頃に影鰐の襲撃で負った傷痕にわずかに残っていた影鰐の細胞と影鰐のクローンが共鳴し、彼と影鰐のクローンとの利害が一致して共生関係を結んだことにより一命を取り留め、影鰐の能力を得る。奇獣の兵器化を阻止するために木村を襲撃した番場は、謎の老女・シーロン・メイの忠告を背に、夜の都会へ姿を消す。

第1期:2015年10月 – 12月
第2期:2016年4月 -6月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“影鰐 KAGEWANI 海外レビュー” の続きを読む

ビキニ・ウォリアーズ 海外レビュー

世界観

舞台は剣と魔法の世界。冒険者たちがパーティを組んで、魔王に戦いを挑むという王道RPG風の設定ではあるが、その冒険者たちの容姿はすべて美乳、爆乳、ビキニ・アーマー。
2015年7月 – 9月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ビキニ・ウォリアーズ 海外レビュー” の続きを読む

だんちがい 海外レビュー

あらすじ

マンションでも一戸建でもアパートでもない、昭和の香りがする団地に住まう4女1男の仲野きょうだいによるホームコメディー。夢野団地の3LDKに両親を含めた7人家族で住まう仲野一家の日常が、きょうだいの生活中心に描かれる。コミックス第1巻のカバー折り返しに、「プライバシーのない家族関係というのも、幸せだなーと思います。」との作者コメントに、本作のテーマが垣間見える。

基本的には、唯一の男子である仲野晴輝と姉妹との絡みが中心であり、個性的な仲野家の姉妹たちに翻弄される晴輝、という図式のドラマが展開される。両親は「多忙」「長期出張中」「旅行中」等の理由で不在であることが多く、作中で一度も姿を見せていない。

コミックス帯には「複数ヒロインラブコメ」とあるが、仲野きょうだいの間には恋愛や背徳的な感情は一切無く、家族愛のラブであることを特徴とする。
2015年7月 – 9月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“だんちがい 海外レビュー” の続きを読む

WORKING!! 海外レビュー

あらすじ

北海道にあるファミリーレストラン「ワグナリア」。そこで働く種島ぽぷらに誘われて小鳥遊宗太はワグナリアでアルバイトをすることになった。仕事をしない店長白藤杏子、男嫌いの伊波まひる、家出中の山田葵、普通を追い求める松本麻耶、人のことなら何でも知っている相馬博臣、帯刀している轟八千代、そしてヤンキー外見でヘタレな佐藤潤など個性的な同僚たちに囲まれて今日もワグナリアは営業する。
第1期:2010年4月4日 – 6月27日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“WORKING!! 海外レビュー” の続きを読む

青春×機関銃 海外レビュー

あらすじ

少年のように見える女子高生の立花蛍は友人の矢島鼎がホストに騙されたという出来事に怒りを覚え、単身でホストクラブに乗り込む。そこで鼎に応対したというホスト・松岡正宗を断罪しようとするが、松岡の提案によりサバイバルゲームで決着を付けることになる。しかし、その結果蛍は松岡に敗れてしまい、さらには店の用品を壊したことに対する借金の返済を理由に松岡率いるサバゲーのチーム「トイ☆ガンガン」に加入させられてしまう。松岡に連れられた定例会で、蛍はトイ☆ガンガンのチームメイトであるSM専門のエロ漫画家・雪村透と出会い、二回戦で立花は雪村とペアで行動するも、立花を快く思っていない雪村はチームから追い出そうと嫌がらせを行う。
2015年7月 – 9月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“青春×機関銃 海外レビュー” の続きを読む

アクエリオンロゴス 海外レビュー

あらすじ

はるか神話の時代、人が生み出した「文字」と「真理」の間のわずかな乖離から発生した異世界「ロゴスワールド」。それは、現代においてはネット社会の急速な発展により絵文字などの「意味を成さない文字」が増加したことで、その領域を急速に拡大させつつあった。

世界的IT企業・ネスタのCEOである剣嵜 荘厳は、軽薄で無意味な文字が蔓延する現代社会を破壊するため、ロゴスワールドの文字をM.J.B.K.(モジバケ)化させて現実世界の文字を侵食し、それに関連付けられた概念そのものを消滅させる計画を企てる。これに対し、荘厳の元秘書である粗朶 桜子はネスタが開発していたロゴスワールド探索用メカ・ベクターマシンを奪取すると、M.J.B.K.による危機を解決するために設立された機関・ディーバの日本支部総司令となり、「声」が生み出す力「創声力」を持つ若者たちを「創声部」に集めて対抗を試みていた。
2015年7月 – 12月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“アクエリオンロゴス 海外レビュー” の続きを読む

グリザイアの楽園 海外レビュー

あらすじ

強い因縁を持つヒース・オスロの暗殺に失敗した風見雄二は、そのまま会社によって拘束されてしまう。
一方、雄二の過去を知り、それぞれが複雑な思いに揺れる美浜学園の5人の前に信じられないニュースが流れる。それは雄二がテロリストとして在日カザフスタン領事館を襲撃している映像だった。
そんなはずは無いと分かっていても、なかなか行動に移せない学園の面々。事の真相を確かめるべく、松島みちるは思い切って雄二に電話をかける。しかし、通話相手は何故か女性。事態はますます混乱する。
榊由美子は”情報屋”と名乗る人物と接触を試みる。情報屋が密会場所に指定してきたのは、都心から少し外れた場所にある蕎麦屋だった。蕎麦屋の主人・ジミー岡田と名乗る人物は雄二の友人だという。イマイチ信用しきれない由美子に、ジミー岡田は雄二との思い出を語る。
美浜学園廃校の日。女子生徒5人は雄二を救出する決意を胸に、学園を後にする。
いつの間にかみちるのポケットに入れられていた謎の携帯電話から、5人に接触を図る”タナトス”と名乗る人物。5人が雄二を救出する作戦に相応しいかをテストするという。
その頃CIRSではオスロの事件の真相に近づかれないようにと、雄二の上官であったJBを軟禁する。面会に訪れたキアラに謎のメッセージを伝えたJB。予め秘策を用意していたようだが…?
雄二奪還作戦で想定される移動ルートの下見をする天音は、タナトスが一姫である事を確信する。
2015年4月 – 6月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“グリザイアの楽園 海外レビュー” の続きを読む

トリアージX 海外レビュー

あらすじ

法で裁けぬ悪人を断罪する非合法秘密武装暗殺組織「ブラックラベル」。その一員である高校生の三神嵐は、世の中に存在している悪人を悪性腫瘍になぞらえて、街から切除していく。
2015年4月 – 6月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“トリアージX 海外レビュー” の続きを読む

Classroom☆Crisis 海外レビュー

あらすじ

太陽系の各惑星がテラフォーミングされ、そこに地球各国の領土が設定され、多くの人々が定住するようになった時代。火星に建設された日本の新たな都道府県の1つ、第四東京都の霧科市(きりしなし)にある「霧科科学技術学園」には、一風変わったクラスが存在していた。

ここに所属する生徒は、昼は学園で学び、放課後は学園の経営母体である「霧科コーポレーション」の社員として発展型試作ロケットの開発に携わっていた。それが「先行技術開発部 教育開発室」、通称「A-TEC」(エイテック)である。

ある日、A-TECにやってきた1人の転校生がやってくることになり、トラブルに巻き込まれた彼をA-TECのテストパイロットである白崎イリスが迎えに行った。
2015年7月 – 9月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“Classroom☆Crisis 海外レビュー” の続きを読む

電波教師 海外レビュー

あらすじ

ニートとしてオタク三昧な生活を送っていた青年・鑑純一郎は、妹の純音の根回しによって母校の高校で講師をすることになる。学校側の事情により短期間で解雇されてしまう純一郎だったが、彼のユニークな教育指導に目をつけた柊学園の理事長である柊暦からのスカウトを受けて分校の銀杏学園で教鞭を取ることになり、そこでも癖のある生徒たちを相手にして導いていくことになる。

2学期に入ると純一郎とは正反対の思考を持つ本校の校長・柊有栖が彼の前に現れ、彼女の考えに真っ向から対立した純一郎は本校の教育システムを作り直すべく、銀杏学園から選抜された生徒たちを引き連れて本校の班戦争に挑む。純一郎たち銀杏組は本校の様々な班や軍との勝負を勝ち抜き、後輩の時坂朋也との最終決戦の末、班戦争を制した。
2015年4月4日 – 9月26日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“電波教師 海外レビュー” の続きを読む

雨色ココア 海外レビュー

あらすじ

いつも様々な不幸に見舞われる大学生、都倉 碧(トクラ アオイ)。

中でもその日は立て続けの不幸イベントに襲われ、挙句の果てには、電車の中で見知らぬイケメンに「キモい」と言われてしまう、最悪の日の事だった。

雨の中、碧はたまたま通りかかった喫茶店へと足を踏み入れる。

ひっそりと佇むその喫茶店の名は「Rainy color」。

穏やかな空気に満ちた店の中、出された一杯のココアに心が癒されるのを感じた碧は、そのまま「Rainy color」でバイトをすることになる。
第1期:2015年4月 – 6月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“雨色ココア 海外レビュー” の続きを読む

VAMPIRE HOLMES 海外レビュー

概要

とある屋敷に閉じ込められてしまったプレイヤーは探偵のホームズとともにこの屋敷からの脱出を試みるが、部屋は全てカギが掛けられていた。プレイヤーはホームズのあてにならないアドバイスを受けつつ、屋敷に散りばめられた謎を解いていく。
2015年4月4日 – 6月20日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“VAMPIRE HOLMES 海外レビュー” の続きを読む

レーカン! 海外レビュー

あらすじ

県立高校の花塚高等学校に転校してきた女子高生・天海響は霊感の持ち主だが清楚で控えめな性格をしている。そんな彼女は、人間も霊達も分け隔てなく礼儀正しく接するため、響の行く先々で彼女を慕う霊達が現れ、響の友達との間で騒ぎが起こる。そんな個性豊かな霊たちと、それに負けない個性豊かな人間を取り巻く話である。
2015年4月 – 6月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“レーカン! 海外レビュー” の続きを読む

夜ノヤッターマン 海外レビュー

ストーリー

伝説のヒーロー・ヤッターマンが悪のドロンボー一味との戦争に勝利し、デッカイドーに作った国ヤッター・キングダムは、かつてヤッターマンが持っていた正義の心は既に忘れ去られ、人々にとって住みにくい国になっていた。

ヤッター・キングダムの対岸にある辺境の小さな村で生まれ育った少女・レパードは、ヤッターマンは正義の味方であるとともにヤッター・キングダムが天国のような国と信じ、不治の病に侵された母・ドロシーを治すべく助けを求めに向かうが、ヤッターマンに突然発砲されたうえに追撃される。そして治療の手だてがなくなったドロシーは、そのまま帰らぬ人となる。

この出来事から困っている自分達を見捨てたヤッターマンを母の敵として憎み、過去においてヤッターマンに立ち向かっていた先祖のドロンボー一味が正義と考えるようになったレパードは、自身の先祖である女リーダーの名「ドロンジョ」を名乗り、先祖の部下だったボヤッキーの子孫・ヴォルトカッツェや、もう1人の部下だったトンズラーの子孫・エレパントゥスとともに、新生ドロンボー一味を結成し、ヤッター・キングダムへと乗り込む。その後、ヤッター・キングダムで偶然出会ったガリナとアルエットも加わって5人となった一行は、ヤッターマンに仕返しのお仕置き(デコピン)をするため、ヤッター・キングダムの首都・ヤッター・メトロポリスへと向かう。その旅の先々でヤッター・キングダムの人々と出会い、彼らがゴロー将軍率いるヤッター兵たちによって悲しみの淵に追いやられていることを知ったレパードたちは、自分たちがなすべきことはヤッターマンにデコピンをすることではなく、ヤッターマンを倒すことであると思いを新たにする。
2015年1月11日 – 2015年3月29日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“夜ノヤッターマン 海外レビュー” の続きを読む

Go!プリンセスプリキュア 海外レビュー

あらすじ

主人公・春野はるかは、愛読書の絵本『花のプリンセス』がきっかけで「わたしもプリンセスになりたい!」と夢見る少女。幼少期、同じ幼稚園に通う藍原ゆうきに自身の夢をからかわれ落ち込んでいたところカナタと名乗る謎の少年と出会う。はるかはカナタに「夢を信じる大切さ」を教わり、去り際に夢のお守りを受け取る。はるかは自分の夢と貰ったお守りを大切に持つことをカナタと約束する。

時は流れ、中学1年生になったはるかは全寮制の私立ノーブル学園へ入学する。そしてはるかはルームメイトの七瀬ゆいと友達になり将来の夢を語り合っていたが、過去に夢をバカにされたトラウマから自分の夢を言うのを躊躇い森へ逃げてしまう。そして森ではるかはロイヤルフェアリーの兄妹・パフとアロマ、さらに彼らを追っていた闇の勢力ディスダークの三銃士の一人・クローズと出会う。
2015年2月1日 – 2016年1月31日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“Go!プリンセスプリキュア 海外レビュー” の続きを読む

銃皇無尽のファフニール 海外レビュー

概要

本作のタイトルでもある「ファフニール」は、作中では「悪竜」という意味で使用されている。本作について著者のツカサは、企画が始動したのは2013年の2月で、「とりあえず何か、ドラゴンが出てくる物語を書きたい!」という話を担当にしてプロット案を凄まじい勢いでやり取りし、気が付いたら本作ができあがったと語っている。

メディアミックス展開として、漫画版が『good!アフタヌーン』(講談社)にて2014年3月(#41号)よりサブロウタの作画で連載されている。なお、物語のプロローグとなるコミック0話は公式サイトや小説第4巻の終わりに掲載されている。また、2014年7月にアニメ化が発表され、2014年9月にはTBS、BS-TBSにて2015年1月より放送されることが発表された。日本国外においては、東立出版社(台湾)より翻訳版が刊行されている。

2013年4月にティザーサイトが公開され、2013年5月に公式サイトが開設された。公式サイトでは、壁紙やTwitterアイコンの配布、さらに小説各巻の冒頭部分(小説第1巻においては第2章まで)の試し読みができる。
2015年1月 – 3月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“銃皇無尽のファフニール 海外レビュー” の続きを読む

ゾンビランドサガ 海外レビュー

あらすじ

2008年4月、アイドルを夢見る少女・源さくらは、東京のアイドルオーディションを受けようと決意し、郵送する申請書を片手に登校しようと自宅を出た途端、軽トラックに跳ねられて命を落としてしまう。

2018年、とある洋館で記憶を失ったまま目覚めたさくらは突然ゾンビの群れに襲われて洋館から脱出するが、自身もゾンビと化していることに気付く。そこに現れた青年・巽幸太郎から、佐賀県の認知度を上げるための企画「ゾンビランドサガプロジェクト」のご当地アイドルとして、自分を含む7人の少女が幸太郎によって同様に甦ったことを知らされたさくらは、佐賀県の認知度を上げ、生前の記憶を思い出すため、アイドルグループとしての活動を開始する。(ウィキペディアより引用)

フランシュシュ

源 さくら(みなもと さくら)声 – 本渡楓

生年月日不明、没年不明、享年不明、体格不明。死因:交通事故死
本編の主人公。ゾンビ1号。アイドルを夢見ていた平凡な高校2年生(2008年時)で、新学期の朝、東京の新人アイドルオーディションの申請書を片手に家を出た瞬間に猛スピードで走ってきた軽トラックに跳ね飛ばされ即死。その後ゾンビとなり、2018年の佐賀県唐津市内の町田川近辺にある洋館で、メンバーの中で最初に自我に目覚めた。ただし、ほかのメンバーと違い生前の記憶はほとんどない。スリーサイズは未公表だが、胸は大きい。

 

二階堂 サキ(にかいどう さき)声 – 田野アサミ

1979年5月15日生まれ 1997年8月30日没 享年18歳 153cm 48kg スリーサイズ:77(C)/54/82。死因:バイク事故死
ゾンビ2号。巽の説明では「伝説の特攻隊長」で、唯一芸能と明らかに関係のない分野から抜擢されている。生前は1990年代に九州地方を制覇した暴走族集団「怒羅美」の首領。佐賀県出身で佐賀弁で話し、ご当地アイドル特有のローカルネタ満載な営業に一番精通している他、生前はロックミュージック派でもあり、めんたいロックなどのロック関係に精通している。
膝まである金髪をポニーテールにしており、服装は赤のスカジャンにロングスカート。ゾンビになってからは右頬や腕に縫い跡があり、服の下のほぼ全身に包帯が巻かれている。生前は『たまごっち』にハマっていた。

 

水野 愛(みずの あい)声 – 種田梨沙

1992年3月7日生まれ 2008年8月4日没 享年16歳 160cm 42kg スリーサイズ:81(B)/56/80。死因:落雷事故死
ゾンビ3号。巽の説明では「伝説の平成のアイドル」。東京出身。生前はさくらが憧れていた日本一の人気アイドルユニット「アイアンフリル」のセンターヴォーカルで、鳥栖スタジアムでの野外ライブ中に落雷を受けて死亡。さくらも時々フラッシュバックで彼女の姿を観る。
黒髪のショートヘアに花の形をした髪留めを散りばめて付けており、服装はブレザーとミニスカート。前述の雷事故により全身に大火傷を負っているため、ゾンビになってからは目と鼻の周り以外の全身を包帯で巻いている。

 

紺野 純子(こんの じゅんこ)声 – 河瀬茉希

1964年9月2日生まれ 1983年12月9日没 享年19歳 155cm 40kg スリーサイズ:80(B)/55/84。死因:飛行機事故死
ゾンビ4号。巽の説明では「伝説の昭和のアイドル」。東京出身。生前は1980年代のアイドルブームの火付け役となった人気アイドル。初の九州ツアーで最初のコンサート会場である佐賀に向かう際に飛行機事故により死亡

 

ゆうぎり声 – 衣川里佳

1863年11月23日(文久3年10月13日)生まれ 1882年12月28日(明治15年12月28日)没 享年19歳 165cm 48kg スリーサイズ:94(I)/62/89。死因:不明
ゾンビ5号。巽の説明では「伝説の花魁」。生前は幕末から明治にかけての時代を生き抜き、明治維新にも関わっていた模様。三味線など芸事に長けている。嶋原にいたころは、壬生浪士組が得意客であった。
廓詞で会話し、茶髪を赤い髪留め布と串団子型の簪を使って頭頂部でハート形に束ねており、服装はオレンジの菱形模様の振袖と濃緑の膝丈の袴で明治時代の女学生風。グループの中で胸が一番大きい。首に大きな傷跡がある。
肝が据わっており、時代の変化を実感しつつも動じることなくアイドル活動をしている。このことについてゆうぎり本人は「何を考えても仕方ないため、あるがままを受け入れるようにしてる」と語っている。他のメンバーが自分に死臭があるのではないかと動揺した際にも、ひとり笑顔を崩さなかった。使用方法さえわかればカメラなどの現代の文明も扱える。
サキから「ゆうぎり姐(ねえ)さん」と呼ばれるなど、さくら達のお姉さん的存在として慕われている。愛と純子が対立した際も、互いの正論で起きる争いもあると愛を諭している。
手持ち無沙汰なときにはいつも煙管を吸っている。

 

星川 リリィ(ほしかわ リリィ)声 – 田中美海

1999年10月6日生まれ 2011年11月30日没 享年12歳 130cm 31kg スリーサイズ:59/54/56。死因:不明
ゾンビ6号。巽の説明では「伝説の天才子役」。生前は大河ドラマで大ブレイクし、全チャンネルのゴールデンタイム放送番組で主演を経験した子役女優。サキから「ちんちくりん」と呼ばれている。

 

山田 たえ(やまだ たえ)声 – 三石琴乃

誕生日不明、没年不明、享年29歳 170cm 50kg スリーサイズ:91(F)/59/89。死因:不明
ゾンビ0号。巽の説明では「伝説の山田たえ」。巽がさくらに他のメンバーの紹介をする際、彼女だけはなぜか伝説の説明が省かれた。
膝まである黒髪で両側頭部の髪が鳥の翼のように跳ね上がっており、服装は修道院着に似た黒い肩出しのワンピース。ゾンビになってからは愛と同様全身が包帯で巻かれているが、たえの場合は顔の包帯が額の部分のみになっている。

 

フランシュシュマネージャー

巽 幸太郎(たつみ こうたろう)声 – 宮野真守
アイドルプロデューサーを名乗る謎の青年。存在が風前の灯火となっている佐賀県を救うべく、さくら達をゾンビとして復活させ、アイドルとして活動させる。

 

 

✳以下クランチロール、myanimelistからのレビューになります

“ゾンビランドサガ 海外レビュー” の続きを読む

みりたり! 海外レビュー

概要

平凡なオタクの高校生・矢野宗平の元に現れたのは戦車に乗った少女・ルト中尉とハルカ少尉だった。一般常識の大きく欠けた軍人少女達と、それに巻き込まれる一般人の宗平、そして彼らをいじっては楽しむお隣さんのドタバタを描くミリタリー要素を多分に含むストーリー4コマ漫画。
2015年1月7日 – 3月25日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“みりたり! 海外レビュー” の続きを読む

憑物語 海外レビュー

あらすじ

高校三年生の阿良々木暦は、大学受験を控えた受験生である。2月のある日、暦は妹と風呂に入っている時に自分の体に異変が起こっていることに気づく。自分の体が鏡に映らない。また、妹に踏まれ、骨折したはずの足の指も信じられないスピードで回復して行く。まるで、吸血鬼のように。実は暦の影の中には吸血鬼の幼女・忍野忍(おしのしのぶ)が住んでおり、彼女に血を吸わせると、しばらくの間、吸血鬼の力を得ることができるのだが、暦は最近、忍に血を与えてはいなかったにも関わらず、まるで自分が吸血鬼になったような現象が起きていることに気付く。
この謎を解くために、暦は不死身の怪異の専門家である影縫余弦(かげぬいよづる)と斧乃木余接(おののきよつぎ)に助けを求める。余弦の診断によると暦が怪異に対抗するために幾度となく吸血鬼化してきた影響で、忍の眷属としての吸血鬼ではなく、暦自身が「生まれつきの吸血鬼」になってきているらしい。そして、それを元に戻す方法は、無い。これ以上吸血鬼のスキルを使うと二度と人間に戻れなくなる……。暦は二度と吸血鬼の力を使わないと誓うのだが、その矢先にさらなる悪い知らせが入ってくる。友達の神原駿河(かんばるするが)の家に遊びに行っていた妹の火憐(かれん)と月火(つきひ)が何者かに誘拐されてしまったのだ。
放送期間2014年12月31日 – 12月31日(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“憑物語 海外レビュー” の続きを読む

風の中の少女 金髪のジェニー 海外レビュー

あらすじ

アメリカ音楽の父といわれているスティーブン(作中ではスチーブン)・フォスターと、後に彼の妻となる医師フレデリック・マクダウェルの一人娘ジェニー、マクダウェル家に仕える黒人のビッグジョーの倅であるビルの幼馴染み三人が、郷里のペンシルベニア州・ローレンスヴィルで自然に囲まれて成長し、スティーブンは作曲家、ジェニーは女医になることを決心してニューヨークへ遊学する15歳程度までが描かれている。南北戦争前の時代であり、黒人差別についても取り上げられた。原作は石森史郎がフォスターの人物伝などをモチーフに書き下ろしたフィクションである。本作の題名にもなっている「金髪のジェニー」をはじめ「ケンタッキーのわが家」「夢見る人」などフォスターの曲のアレンジが随所でBGMとして使用されている。
1992年10月15日 – 1993年9月30日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“風の中の少女 金髪のジェニー 海外レビュー” の続きを読む

Bonjour♪恋味パティスリー 海外レビュー

あらすじ

名門製菓学校に入学した主人公は、イケメン講師や同級生とともに菓子作りに学ぶ。その中で恋愛に似た感情を得るようになるが、この学校は「講師との恋愛は禁止」というルールがあった。
2014年10月 – 2015年3月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“Bonjour♪恋味パティスリー 海外レビュー” の続きを読む

ときめきトゥナイト 海外レビュー

あらすじ

吸血鬼と狼女を両親に持つ魔界の女の子・江藤蘭世は、同級生の真壁俊に片思いをしている。持ち前の変身能力を使って俊に接近しようとするが、俊の幼なじみの神谷曜子に邪魔されたり、両親に「人間なんかに恋するな」と注意を受けたり、蘭世に一目惚れした魔界の王子アロンが居候することになりと、蘭世の恋は前途多難である。蘭世は俊に近づこうと、積極アプローチするも、俊は「今のところ女には興味ねえな」と想いは届かず、ライバルの曜子と張り合う毎日。蘭世に一目惚れして、蘭世を振り向かせたいアロンは、蘭世と俊の仲を、王子探しに呼ばれた魔界人を王子命令で使い走りにしたり、夢魔のサリを呼び、俊に夢で催眠をかけてサリを惚れさせたりと、あの手この手で妨害するなど、蘭世の恋は本当に前途多難である。

恋に浮かれていた蘭世だが、両親は魔界の大王レドルフから「人間界にいるはずの王子を探せ」と命令される。手がかりは、左腕に星型のあざがあることだけだった。
1982年10月7日 – 1983年9月22日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ときめきトゥナイト 海外レビュー” の続きを読む

機動警察パトレイバー 海外レビュー

あらすじ

ロボットテクノロジーの発達によって登場した汎用多足歩行型作業機械「レイバー(Labor)」は急速に発展・普及し、軍事・民生を問わずあらゆる分野で使用されるようになった。特に東京を含む首都圏には、地球温暖化による海面上昇への備えとして大堤防を東京湾の川崎~木更津の間に築くことと、1995年に発生した東京南沖大地震によるガレキの処分を兼ねて堤防の内側を埋め立てることで首都圏の土地不足を解消するという、一石三鳥を狙った国家事業「バビロンプロジェクト」のため、日本国内のレイバーの大半が集中していた。だがその結果、レイバーによる事故はもちろん、レイバーを使用した様々な犯罪行為(酔っ払いの乱闘騒ぎや窃盗から、バビロンプロジェクトに反対するエコテロリストによるテロ活動まで)が多発して社会問題となった。

この「レイバー犯罪」に対処するため、警視庁は警備部内の特機部隊にレイバーを導入し、その任にあたらせた。しかし発足当初のそれらは旧式の作業用レイバーの装甲を強化しただけのもので、日進月歩でレイバーが性能を向上させている状況にあっては、優秀な人材を集めた特機部隊といえどもレイバー犯罪に対応し切れなかった。そして1998年、警視庁は警備部内に専門部署として新たに「特科車両二課中隊」、通称「特車二課」を設けた。これがパトロールレイバー、通称「パトレイバー」の誕生である。
1989年10月11日 – 1990年9月26日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“機動警察パトレイバー 海外レビュー” の続きを読む

パタリロ! 海外レビュー

概要

1982年にはフジテレビでテレビアニメ化もなされた(後期は『ぼくパタリロ!』と改題。詳細は後述)。製作は東映動画(現 東映アニメーション)。

テレビシリーズ終了後の1983年7月には、劇場用アニメーション作品が製作・公開された(詳細は後述)。

2003年12月、2004年2月にはハピネット・ピクチャーズから、テレビアニメ全49話がDVDソフトとして発売され、また2005年12月には東映ビデオから劇場用作品のDVDソフトが発売された。

アニメ関係のアルバム以外に、さくまあきらや新田一郎が中心となり、原作をなぞって作成したアルバムがある。
1982年4月8日 – 1983年5月13日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“パタリロ! 海外レビュー” の続きを読む

スペースコブラ 海外レビュー

あらすじ

はるか未来、人類が自家用宇宙船で外惑星に行くことが可能となった時代。

貿易会社に勤め、平凡な日々を過ごすサラリーマンのジョンソンは、退屈しのぎにT.M.株式会社のアミューズメントを体験する。脳に信号を与えて夢を見させるトリップ・ムービーの中には左腕にサイコガンを持つ海賊コブラが登場、波乱万丈のストーリーは最後に主人公が海賊ギルドに追われ賞金首となり姿を消したところで終わった。満足したジョンソンはT.M.社の担当に自分の夢の概要を語ると共に礼を言うが、担当は、ジョンソンが見た「夢」はプログラムしたトリップ・ムービーの内容とは異なっていると首をひねる。

帰路についたジョンソンだが偶然の事故で夢の中に登場した海賊バイケンとそっくりな男と出会い、バイケンの名を口にしたため殺されかける。その瞬間、自分の左手が銃に化けて撃ち倒し、危機から逃れた。彼は、自分が本物のコブラであること、血なまぐさい過去から逃れるため記憶を消し顔を整形し、世間にはコブラは死んだことにし、数年前から別の人生を送っていたことを思い出していく。しかしサイコガンを見せたことでギルドには顔が割れてしまった。

記憶と本能を呼び起こされた男は、相棒の女性型アーマロイド「レディ」と共に、スリリングで危険に満ちた人生に戻るため、宇宙へ飛び出していく。
1982年10月7日 – 1983年5月19日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“スペースコブラ 海外レビュー” の続きを読む

超時空要塞マクロス 海外レビュー

あらすじ

西暦1999年、突如宇宙より飛来し太平洋上の南アタリア島に墜落した巨大物体は、全長1,200m超に及ぶ宇宙戦艦だった。これにより異星人の実在と彼らの間の戦争の存在を知った人類社会は、宇宙からの脅威に対処すべく地球統合政府を樹立。世界規模の紛争(統合戦争)を経て、墜落艦を改修し「マクロス」と命名する。

2009年のマクロス進宙式当日、地球付近に異星人の一方の陣営ゼントラーディ軍の艦隊が出現する。その存在を感知したマクロスの主砲システムが勝手に動作し、戦艦群を撃破してしまう。マクロスの正体はゼントラーディと敵対する陣営、監察軍が仕掛けたブービートラップであり、人類は否応なく異星人との戦争に巻き込まれることとなる。ゼントラーディ軍の包囲網から逃れるため、マクロスはフォールド航行により月の裏側への待避を図る。しかし制御に失敗し南アタリア島一帯を巻き込み、冥王星軌道付近に到着する。さらにフォールドシステム自体も消失し、通常のロケット推進のみでの地球への長い帰還の旅を強いられることになる。
1982年10月3日 – 1983年6月26日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“超時空要塞マクロス 海外レビュー” の続きを読む

太陽の子エステバン 海外レビュー

あらすじ

16世紀、マゼラン隊の世界一周から10年後。スペインのバルセロナで育った少年エステバンは、10年前に彼を難破船から救った航海士メンドーサの誘いで、その時行方不明になった父の手掛かりでもある黄金都市を探しに新大陸(現・中南米)へ旅立つ。自分と同じペンダントを持つインカの少女シアやムー大陸文明の英知を受け継ぐ少年タオと出会い、共に旅を続けるが、彼らは黄金を狙って先住民を蹂躙するスペイン人や、黄金都市の真の宝であるムーの「大いなる遺産」を狙うオルメカ人の陰謀と闘うことになる。
1982年6月29日 – 1983年6月7日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“太陽の子エステバン 海外レビュー” の続きを読む

北斗の拳 海外レビュー

あらすじ

西暦199X年、地球は核の炎に包まれた。
だが、人類は死に絶えてはいなかった。国家が機能を失い、暴力がすべてを支配する世界となった核戦争後の大地で、一子相伝の暗殺拳北斗神拳の伝承者ケンシロウはかつての親友で南斗聖拳の継承者シンによって七つの疵を胸に刻まれ、将来を誓い合った許嫁のユリアを奪われる。
元は暴力を嫌う心優しい性格だったケンシロウだが、冷酷な復讐鬼となり悪党たちを容赦なく叩きのめしていく。旅の途中で出会ったリンやバットを連れて、旅を続けるケンシロウは関東一円を支配する「KING」を束ねる因縁のシンと再会し、死闘の末に倒すがユリアは転落死を遂げたと伝えられる。
1984年10月11日 – 1987年3月5日
1987年3月12日 – 1988年2月18日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“北斗の拳 海外レビュー” の続きを読む

Dr.スランプ アラレちゃん 海外レビュー

概要

1981年4月8日に放送開始。同年12月には、テレビアニメ歴代視聴率第3位の視聴率を記録し(#人気と高視聴率を参照)、エンディングテーマ『アラレちゃん音頭』は、全国の盆踊り大会で使われ大ヒットした。1986年2月19日にレギュラー放送は終了したが、その後も劇場版・スペシャルが制作された。放送から35年以上経つ現在でもアニマックスで再放送されており、スズキ・ハスラーやビューカードといったCMキャラクターでの起用も多く行われている。
テレビシリーズ:
1981年4月8日 – 1986年2月19日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“Dr.スランプ アラレちゃん 海外レビュー” の続きを読む

サラリーマン金太郎 海外レビュー

あらすじ

暴走族集団・八州連合の元ヘッド矢島金太郎は、亡き妻・明美の故郷で忘れ形見の竜太とともに漁師をしていた。ある日、事故で漂流中のヤマト建設の会長・大和守之助を救った事がきっかけで、金太郎はヤマト建設に見習い社員として入社する。金太郎が入社したヤマト建設は、官僚から天下りしてきた横暴な大島社長が専横を極めており、守之助会長や創業時からの叩き上げである黒川専務は退陣を迫られていた。サラリーマンとしての枠に捉われない金太郎の大胆な行動に感銘を受けたヤマト建設の社員達は、守之助会長を退陣から救うために活動を開始する。
2001年2月18日–3月18日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

 

“サラリーマン金太郎 海外レビュー” の続きを読む

トンデラハウスの大冒険 海外レビュー

あらすじ

ハカセが作成した家型タイムマシン、「トンデラハウス」に迷い込んだゲンたち。しかし、事故で1世紀の世界にタイムスリップしてしまう。ゲンたちは壊れたトンデラハウスを直しつつ、偶然出逢ったイエス・キリストと彼の弟子たちの生涯を追うこととなる。
1982年4月5日 – 1983年3月28日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“トンデラハウスの大冒険 海外レビュー” の続きを読む

The・かぼちゃワイン 海外レビュー

概要

講談社『週刊少年マガジン』掲載の読切短編『武蔵とエル』を原型としてキャラクターを練り直し、同誌で連載がスタート。1981年4・5合併号から1984年26号まで掲載された。

チビで女嫌いの硬派を自称する青葉春助と、彼に一目ぼれした「エル」こと朝丘夏美のSLコンビが繰り広げるドタバタラブコメディ。漫画とアニメでは途中から別のストーリーになっている。文庫本のあとがきに「宮崎美子さんの出演されていたカメラのCMの中で(いまのキミはピカピカに光って)と言うフレーズと映像に強いインスピレーションを受けてかぼちゃワインと言う作品を執筆するきっかけになりました。つまり当時の宮崎美子さんがLのモデルと言うことになりますかね」と当時CMで流れていた宮崎美子が出演したミノルタ MINOLTA X-7のCMにインスピレーションを受けたことで同作品が誕生したことが語られている。
1982年7月5日 – 1984年8月27日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“The・かぼちゃワイン 海外レビュー” の続きを読む

科学救助隊テクノボイジャー 海外レビュー

あらすじ

西暦2066年、科学文明が高度に発展した地球圏では、その弊害として大事故・凶悪犯罪・自然破壊などが増加していた。世界連邦はこれらに対処すべく科学救助隊テクノボイジャーを設立。世界中から選び抜かれたエキスパート5人が17機のマシンを操り、人類の危機を救うため出動する。
1982年4月17日から同年9月11日まで放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“科学救助隊テクノボイジャー 海外レビュー” の続きを読む

魔法の天使クリィミーマミ 海外レビュー

あらすじ

森沢優はちょっぴりおませで小生意気な年頃の、10歳の女の子。幼馴染の大伴俊夫に密かな想いを寄せているが、肝心の本人にはいつも子ども扱いされてばかり。

ある日、夢嵐によって道に迷っていたフェザースターの箱舟に遭遇し、夢の世界フェザースターの住人である妖精ピノピノと出会った優は、ピノピノから船を助けてくれたお礼として1年間の期限付きで魔法のステッキを授かると共に、猫の姿を借りた使い魔ポジとネガをお目付け役として預かった。調子に乗った優はさっそく魔法の力で16歳の成長した少女の姿に変身し、何も知らない両親や俊夫をからかって他愛もないイタズラを楽しんでいた。ところが、街を歩いているところを芸能プロダクション「パルテノンプロ」の社長・立花慎悟の目に留まり、半ば強引にスカウトされて歌手デビューする羽目になってしまう。たちまち大人気アイドル・クリィミーマミとして活躍することになった優だが、あろうことか俊夫がマミの大ファンになってしまう。自分自身のもう1つの姿であるマミを交えた奇妙な三角関係に悩みながら、優は、昼間は小学生、学校が終われば人気アイドルという二重生活に奔走することになる。

ところが、NPB歌謡祭の本番の日の夜、変身の決定的瞬間を俊夫に見られたために優は魔法の力を失い、元に戻れなくなってしまう。「優の持つ魔法の力を俊夫が吸い取ってしまったからだ」とピノピノに知らされた俊夫は、魔法の力を使って迷うことなく優を元の姿に戻すことを選ぶ。安堵する優であったが、このままマミが姿を消すのはまずいと判断したピノピノに約束の1年が過ぎるまでクリィミーマミとしてアイドル活動を続けていくように諭され、俊夫の中から魔法に関する記憶だけを封印するのと引き換えに新しい魔法道具を授かる。こうして全てが以前と同じに戻り、優は再びマミとして活動していくことになった。
1983年7月1日 – 1984年6月29日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“魔法の天使クリィミーマミ 海外レビュー” の続きを読む

ストップ!! ひばりくん! 海外レビュー

あらすじ

母を亡くし天涯孤独の身となった少年耕作は、遺言に従い、母の古い友人・大空いばりの家に身を寄せる事になる。しかし事もあろうに大空家は「関東極道連盟・関東大空組」、つまり弱小団体とはいえ暴力団であり、いばりはその組長だった。

身の危険を感じて逃げようとする耕作の前に美少女が現れにっこり微笑んだ。一目惚れしてしまった耕作は大空家で生活する決心をしたが、それが運の尽きだった。つばめ・つぐみ・すずめと美人ぞろいの大空家の姉妹の中で、耕作が最初に会った一番の美少女・ひばりは実は男だった。

ひばりは学校では女で通しており、ごく一部の者以外はその秘密を知らない。その上ひばりは耕作を好きになったそぶりを見せ、積極的にアタックしてくる有様。ひばりの引き起こす騒動に巻き込まれて耕作の気の休まる暇もない日々が続く。
1983年5月20日 – 1984年1月27日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ストップ!! ひばりくん! 海外レビュー” の続きを読む